次の英文を日本語に訳してみよう!【今日の課題ノート】

The Governments of the States Parties to this Constitution on behalf of their peoples declare:

That since wars begin in the minds of men, it is in the minds of men that the defences of peace must be constructed;

That ignorance of each other’s ways and lives has been a common cause, throughout the history of mankind, of that suspicion and mistrust between the peoples of the world through which their differences have all too often broken into war;

That the great and terrible war which has now ended was a war made possible by the denial of the democratic principles of the dignity, equality and mutual respect of men, and by the propagation, in their place, through ignorance and prejudice, of the doctrine of the inequality of men and races;

That the wide diffusion of culture, and the education of humanity for justice and liberty and peace are indispensable to the dignity of man and constitute a sacred duty which all the nations must fulfil in a spirit of mutual assistance and concern;

That a peace based exclusively upon the political and economic arrangements of governments would not be a peace which could secure the unanimous, lasting and sincere support of the peoples of the world, and that the peace must therefore be founded, if it is not to fail, upon the intellectual and moral solidarity of mankind.

For these reasons, the States Parties to this Constitution, believing in full and equal opportunities for education for all, in the unrestricted pursuit of objective truth, and in the free exchange of ideas and knowledge, are agreed and determined to develop and to increase the means of communication between their peoples and to employ these means for the purposes of mutual understanding and a truer and more perfect knowledge of each other痴 lives;

In consequence whereof they do hereby create the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization for the purpose of advancing, through the educational and scientific and cultural relations of the peoples of the world, the objectives of international peace and of the common welfare of mankind for which the United Nations Organization was established and which its Charter proclaims.

[一言コメント]

受験英語 勉強の仕方例講座

※人それぞれですから自分に合ったボリュームでピックアップください。

たったこれだけの英文ですが、単語だけをピックアップしていくだけでも面白くて止まらなくなります。
あまり欲張ると一番大切な『消化』ができなくなりますのでご注意を!

問題文の単語からどんどん広がる英語への興味【解説】

世界遺産やらどこかの国の官房長官がお気に召さないなどでとかく話題に上ることが多くなったUNESCOの憲章前文を素材にしてみた。

これだけ話題になると、来年あたりどこかの大学で出題されたりするかも・・・。

それにしても、文頭の”that”名詞節(it is … that ~ 構文の形式でthatを文頭にして直接主語とした感じ)が並びますから、これに慣れるにはいいですし、強調構文のthatとの相違をこの際にまとめておくといいですね。

ちなみに、僕なんかは辛気臭い説明はあまり読まずに、使い方の例で相違に慣れることで感覚的に訳していましたよ。

名詞節だの関係代名詞だのの言葉にあまりこだわると反って興味を失くしてしまうこともありますから、そこは自分の流儀を見つけてください。

重要単語

constitution = 組織・体格・気質の他に憲法という意味がある。
 日本国憲法 ⇒ The Constitution of Japan

⇒動詞:constitute = 構成する,制定する


重要イディオム

on behalf of ~ = ~に代って,~を代表して

party = 普通のパーティの意の他に、一団,政党,条約・契約などの当事者の意がある。
 本文では、”Parties to this Constitution” であるから、「この憲章に関わる当事国 」

この憲章の当事国政府は、その国民に代って宣言する。

戦争は人の心の中に始まるものであるから、平和の砦が築かれるべきは人の心の中である。

若い頃から常に身の環境にあった言葉だからでもないけれど、『平和の砦』としか訳しようがない!
少し直訳の形に近く訳してみました。

そうだ!考えることのできる人になろう!今も昔も【Z会】


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような根拠のない、いい加減な甘言は書いていません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら