世界は、あなたの前に、重くて冷たい扉をぴったりと閉めている。

それを開けるには、自分の手で、爪に血をしたたらせて、こじあけるより仕方がないのである。

花森安治『一戔五厘の旗』~世界はあなたのためにはない~

花森安治『一戔五厘の旗』

NHKの連続朝ドラの『ととねえちゃん』で一躍知られることになったであろう花森安治氏の言葉ですが、かつて高校になった私の元にも早速と届けられた言葉です。

その当時から、暮らしの手帖の編集長だったことすら知らず、ただただこの言葉を赤いボールペンで囲った雑誌が今も残っていたことで、思わずアップして残しておこうと思った次第です。

それは、次の3つほどの動機に集約される思いと重なったからでもあります。

  1. 現代社会は、こういった能動的な態度が著しく死に体状態になっていること
  2. 現代社会は、あたかも「世界はあなたのためにある」ように思わせていること
  3. 現代社会は、言葉を表層的な道具としてしか取り扱っていないこと

世界はあなたのためにはない!

「この春、学校を卒業する若い女のひとのために」とサブタイトルが付いているようですが、「世界はあなたのためにはない」というフレーズは70年らしいと言えばそうなのですが、それでも、これから社会に出ようとする若者にとってはあまりにも衝撃的な冷徹さの響きがありますよね。

私などは、実に清々しい思いでこの言葉を噛みしめましたけれど、昨今は「世界はあなたを待っています!」かのようなキャッチコピーが溢れていますから、今こそ誰もが言わない本音を言わなければならない時ではないかと切に感じてしまいました。

少なくとも、花森氏の言葉は人間の現実生活において深く厳しく築かれてきた人間精神そのものを発現しているのであって、言葉遊びではないことを感じ取るだけでも意義があるのではないかと思います。

そして何より、受験生には、楽して良いものを手に入れようとする邪心、こじ開けれないことを「こじ開ける必要などないんだ」と慰めてくれたりする共感を追いかける邪心をバッサリと斬ってくれる言葉になることを願います。

今も爪に血をしたたらせてこじ開けようとしている人々は沢山!

つい最近終えた平昌冬期オリンピックでのメダリスト、羽生結弦選手や小平奈緒選手、髙木菜那・美帆選手などはもちろん、爪に血をしたたらせてこじあけたことは当然ですが、メダルを取れなかったその他の選手も爪に血をしたたらせてこじあけたことに変わりはありません。

オリンピックに出場できなかったアスリートたちの方が圧倒的に多いわけですが、その誰もが、日々、自分でこじあけようと爪に血をしたたらせて頑張っていることは同じです。

スポーツ論は別として、トップに行かなければ惨めで意味がないことだなどと本気では思っている人も少ないのではないでしょうか?

どんな分野に進むにしろ、普通の一般社会に出るにしろ、自分たちが羽生選手になれるはずもないからといって、何もこじ開けようとしないのであれば、それは正しいことでしょうか?

そして何より自分の人生にとって何らかのメリットがあるでしょうか?

これに関連しては、フランス文学者であった故河盛好蔵氏の「Bクラスの弁」というエッセイを後日に紹介させていただきたいと思います。

世の中は、稀有なAクラスと頑張る数多くのBクラスとこれも数多くの何も頑張らないクラスの3つしかないと私は考えています。

もちろん私などは数多くのBクラスに過ぎませんし、最近政治の場で矢面に立たされている佐川元理財局長ですら、ご本人はAクラスと思っていらっしゃるでしょうが、はっきり申し上げて所詮最初からBクラスに過ぎない(間違った頑張り方をしたこととは関係なく)と私は思っています。

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。