中学受験を目指すための算数の勉強を有効にするためのコンテンツ及び資料をまとめておきます。

最初に、結論を申し上げておきますと、子どもが親に説明する勉強で、勉強全般に関して結論付けましたように、算数の勉強においても、

沢山の光を当てても電子は飛び出してきません。
たった一つの鋭い光だけが電子を飛び出させるのです。

ということになります。

すなわち、「ふーん!」「なるほど!」でたくさんの問題を処理している程度では、ごく普通の子である限り、なかなか実力には結びつきません。

最近、新聞広告でITを活用した予備校か塾の授業で、生徒の「なるほど!」という反応がPCの画面にポコポコ出ているような写真を見かけ、何だか気持ち悪かったのですが、この「なるほど!」で終わっているようでは授業から何のご利益を授かるわけでもないんですね。

お父さんやお母さんも、かつてどれだけの数の「なるほど!」を呟きましたか?
そして、呟いた結果は如何でしたでしょうか?

さて、一般的な中学入試の合格最低ラインは、もちろん学校によって年度によって違うのですが、統計的には合計得点の50%~70%(難関校ほど高い傾向)であり、大きく一括りして指標とするのは60%といったところでしょう。

入試問題を見ても、一般的には、60%と言えば、標準的な問題を取りこぼさなければ確実に得点できる範囲だと判断されます。

その意味でも、少しハードルが高い程度の問題を通して基本を心に刻み込み、目の付けどころ(着眼点)を見つける力を鍛えることが最適の勉強であると考えることが合理的です。

【帝都大学へのビジョン】では、かつて甲陽学院合格者(その後、東大理科Ⅰ類)を指導した際の指導内容から、該当する良質問題を精選し、再現する形で資料とコンテンツを構成しております。

立体図関係は、まだ不足しておりますので今後アップしていきたいと考えておりますが、資料化しているものからは「問題を紐解いていく脳細胞の動き」を、コンテンツからは「目の付けどころ」を体で会得していただき、基本を心に刻みながら自分で再現できるまでにもっていけるような訓練を怠らなければ、、知らず知らずに考える力も身に着いてきます。

考える力は、程よいハードルの問題で基本を検証しながら実用を経験する作業の延長線上に出来上がっていくものです。

そういった意味で、ここでピックアップされている問題だけでも、一つ一つ丁寧に納得する勉強をすれば、お子さんの目指す中学に応じて7割は得点できる本物の力が身に着くでしょう。

「なんとなく分かる」で中学は突破できても、そのままでは最終の大学受験では負けます。

一流校に合格しながらも、落ちこぼれていった生徒もたくさん見聞きしてきました。

落ちこぼれるだけなら全然問題ないのですが、生きることへの荒れに転嫁されると大きな問題です。

コンテンツは「目の付けどころ」のヒントのみで解答までは記していないものもございますが、会員様にはお申し出いただければ、ご提示させていただきます。

多点カメラで数を見るセンスを鍛える

下記の資料とコンテンツの素材となっている問題の、1題1枚の問題・解答用紙としたPDFファイルはどなたにもダウンロードいただけます。(公開は終了いたしました)

もちろん、印刷できますので、1日1題でもお子さんの力試しにご利用ください。

説明したら分かるレベルのハードルですが(最近接領域)、そこで終わらせてしまうと全く力は付きません。

最後には、自力で再現し切るところまでもっていった子だけが確実に合格切符を手にしていきます。

算数・数学でしか育めない思考力の最も根幹をなす部分ですから、この23題を自力で再現し切る勉強をした子は、中学や高校で数学はもとより、どんな勉強にも困ることはありません。
目先の勉強程度なら、適当に流せるから、部活も大いにできることでしょう。

会員の方は、下記より「問題・解答用紙(中学受験生向け)01:数を見るセンスを鍛える23題」がダウンロードいただけます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さいログイン
会員登録(購入者登録)はこちら

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と、学部は同じも学科は違う我がかなり後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。(私たちの時代には理工学部の方が理系最高得点の年は当たり前でした。)

さらに、脳科学やAI(人工知能)がカッコいいなんて思っていたら大きな間違いです。
8割がたは商売人や似非科学者(特に文系出身)の漁夫の利狙いの口車ですから…。
ちなみに、私たちの専門では、「俗流電気工学」も「俗流機械工学」もありません。
詐欺師が口を挟む余地など微塵もないからです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

我が家は、端からダメそうな医者には行きませんが、幸いにも耳鼻咽喉科と歯科、眼科、内科、整形外科では素晴らしい医師を探し当てましたが、皮膚科だけは見つかりませんでした。
しかし、眼科と整形外科では、先生が倒れられて後に引き継いだ後は全くダメという現実です。

やぶでも「係っているいることへの安心感」が大きいですし、大したこともないのに診療を受ける方も多いですから、多くの場合、特に問題はないことでしょう。

「そんな程度で来るのかよ!」と言いたくなるような初診もよく目にし、耳にしますけど、これだから医者や医薬会社は儲かるんですね!(町医者やそれなりに定評のある公立病院の医師でも、まともなプロと言える医者は、やっぱり2割程度でしょう。)

それはそれで仕方ないとしても、医者の診断は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは火を見るよりも明らかですね。

だって、先生はもちろん、塾講師だって日和見してても何の食いっぱぐれもないのですから…。

あなた(お子さん)の成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いて、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになるんだぞ!」というスタンスが大多数です。
単にパターンを覚えているだけの指導者には、こういう本音の言葉が見え見えです。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

2019年11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者やパッチワーク著者とは良心も実用性もレベルが違います。

保護者目線で見ると、ある意味、反抗期に入るまでの子育てへの思いと計画性とその質が子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

当人の目線で見ると、勉強法の違いでこれだけ差がつくということを分からないまま一生を過ごすか、どこかで気がついて、自分の人生の軌道を修正するかの違いであって、それをまさに旬である中高生時代にできてしまえば、下世話な現実話ですが、学歴もそこそこ備わるだけでなく、それなりに充実した職業にも就ける可能性を大きくするというだけの話です。