ICL技術事務所名刺
営業電話防止のため一部塗り潰しております。m(__)m

当事務所は世界に冠たる日本の生産設備・生産技術・品質管理に貢献して参りました歴史を基盤に、妥協を許さない「ものづくり」のスピリッツで、商売人の気質とは全く違ったEC通販事業の運営をさせていただいております。

このEC通販事業でもインターネット黎明期の1998年から2店を年商2億レベルのショップに導いた実績を有します。

同時に、中高生と保護者さんに向けて人格を伴った創造性豊かな人になっていただきたいという願いを込めて、基礎学力向上及び人間力向上のための情報発信を行っております。

技術部門では国内の自動化設備・産業用ロボットの開発・設計・コンサルティングはもとより1995年からは中国への生産技術支援にも貢献して参りましたが、この時期に開設した3年間のFAX塾では高校生をことごとく第一志望の大学に導きました。

社名 ICL技術事務所
本社 〒659-0013
兵庫県芦屋市岩園町26-25
TEL:0797-31-3082
設立 1986年1月1日
資本金 300万円
代表者 奥村 栄弘
事業内容 自動機開発・設計・コンサルタント
学習・自己啓発アドバイザー
EC事業
代表者経歴

●昭和53年京都大学工学部機械系精密工学科卒業

AE(アコースティック・エミッション)による工具損傷のインプロセス検出に関する研究

●東レ・エンジニアリング株式会社 FA機器事業部 / メカトロ技術分野出身

アクセスマップ

緑化保全地域に指定された緑多く閑静な環境の中で無から数々の有を創造し、また中高校生たちをも指導して参りました。

  • JR 芦屋駅から徒歩20分
  • JR 芦屋駅から阪急バス 苦楽園行 岩ケ平停留所下車、徒歩1分


大きな地図で見る

ICL技術事務所 事業内容

プリント基板セミオート実装機

FAメカトロニクス

工場自動化生産設備の最前線で社会に貢献する創造・開発型機械系技術事務所

”無”から数々の”有”を産み出してきたNC自動機のプロフェッショナル

■名前の由来■

より Imaginative に

より Creative に

より Logical に

I型鋼・C型鋼・L型鋼ではありません!(この方が安泰ですが・・・笑)


■歴史■

テレビジョンやパソコンのCRT主要部品であるFBT(フライバックトランス)やDY(偏向ヨーク)の巻線・ハンダ工程の NC自動化技術を中心に電気・電子部品の組立工程自動化技術で実績を積み重ね、プリント基板のセミオート実装装置の 開発~製作までを手掛ける創造型メカトロ技術事務所です。

偏向ヨーク組立自動機

単なるモディファイ設計のような下請け的展開ではなく、全くの”無”から”有”を数々産み出して来た実績を豊富に持つと同時に、小さいながらもグループ力で中国最大手カラーTVメーカ:四川長虹電子集団公司への生産技術支援等のグローバルな展開をも積み上げて深く社会に貢献致しております。

四川長虹電子集団公司純銀メダル

右上写真:当事務所開発の電気部品生産自動機の心臓部

左写真:中国最大手カラーTVメーカ 四川長虹電子集団公司 技術支援記念純銀メダル


■その他概要■

加入団体:芦屋市商工会

取引銀行:ジャパンネット銀行、尼崎信用金庫、三井住友銀行

信用調査データ:帝国データバンク・東京商工リサーチ

業務内容:

  1. 自動機・省力機を中心とする生産設備機械の計画~製作(主に電機業界・電子部品業界)
  2. 生産合理化システム・メカトロ技術のコンサルタント
  3. 各種産業機械の開発設計支援・エンジニアリング
  4. 環境機器の設計支援
  5. インターネット通販運営
    • 2000~2006年 総合家電「家電改の鷹」を起ち上げ全国据付家電工事網を確立:年商2億弱
    • 2006年8月 オーバーフローのため「総合家電販売」を法人に一式営業譲渡
    • ベルマン化粧品・美容健康器具オンライン通販のみ継続
    • 2008年『帝都大学へのビジョン』執筆・出版

使用・経験CAD:

  1. AUTOCAD
  2. CADSUPER SX (下位機種 EASY DRAW)
  3. MICRO CADAM・・・設備無し
  4. CADRA・・・設備無し

■特許■

  • 在籍した会社2社で各有力特許1件(ともにプロジェクトとして社長賞)
  • 個人として1件
    審査請求はしませんでしたが、驚いたことにネットで公開されています。
    粘着テープの自動巻き付け装置
  • アンバランス動力学エンジンの構想:結果的に科学的に成立不可と判断に至る。
    理論的に反作用の予測はしながら、納得がいかずミニチュア実験モデルまで試作するも、ローレンツ力の反作用のイメージが掴めず、また、その壁を崩せず。
    その後、理論説明をネットで見つけ納得。(反証の余地があるとは書いておられましたが)

■主要業務経歴■

  1. プリント基板セミオート実装装置開発(Win98対応):インターネプコン等出展
  2. 自動ボンダー装置設計支援
      CNC自動巻線機・その周辺装置、及び生産ラインの計画設計
  3. 偏向ヨーク生産設備全般のコンサルタント・改善設計
  4. 中国最大手カラーTVメーカ 四川長虹電子集団公司への生産技術支援
  5. ロボットシステム全般の設計支援
  6. コンポスト開発設計支援
  7. 大手鉄鋼向け各種産業機械、超音波探傷装置等の設計支援
  8. 大手ガラス向け生産設備・ラインの生産設計支援
  9. ソーセージ不良選別ライン構想のコンサルティング
  10. その他
    • 浄化槽生産搬送設備トラブルのコンサルト:浄化槽メーカ
    • ワインダー/オートドッファーの開発支援:大手繊維メーカ
    • ベアリング製造ラインの改善設計支援:大手ベアリングメーカ

■過去の主要納入先■

  • 村田製作所(株)
  • 東レエンジニアリング(株)
  • (株)神戸製鋼所
  • (株)タクマ
  • 東京アセンブリングシステム(株)
  • 帝人製機(株)
  • ダイキン工業(株)
  • 日本スピンドル製造(株)
  • 神戸発動機(株)
  • (株)尼崎工作所


とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら