勉強も人生も戦略ありきの上に構築するもの!

※それぞれのご意見は、【****】にて若干編集しています。

M→松平先生 G→ガリレオ先生 B→運営者****

B

松平先生、ガリレオ先生、明けましておめでとうございます。

昨年は、いろいろと有益なお話をありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、早速ですが、2011年年頭にあたって、【****】をご覧いただく学生さんやその保護者さんに何かメッセージのようなものをいただければ幸いです。

G

明けましておめでとうございます。

実は、お正月に、松平先生の「試験合格プロジェクト」を読ませていただきました。

プロジェクトマネージメントの手法を採り入れたユニークな切り口であるとともに、読者の立場に立って非常に分かりやすく諭すように執筆されているなと感じました。
いつものことではありますが、指導者としてのやさしさ・心配りを感じましたね。

M

新年明けましておめでとう御座います。

「試験合格プロジェクト」をお読み頂きありがとう御座いました。
また、お褒めいただきありがとうございます。

世に言う受験本には「美しい思い出話」が書かれていますが、経験論を超えて、真に客観的に述べなければ、再現性のある方法論として人に問うことは出来ないのではないかという気持ちを込めて、出来うる限り経験を排除した書き方をしたつもりです。

ただし客観を余りに徹底しすぎると、なれない読者には読みづらくなるということもあり、そのジレンマに苦しみましたね。

G

なるほど、道理で僕にも平易に読めたわけですね。(笑)

普段、僕が先生にお聞きするお話は、相当に系統だった知識がないと理解できないですし、僕はその系統だった回路網が出来ていないので、先生の話をお聞きしながら回路を繋げていっているところなんですが、こういったことが実に面白いですね。

学生さんはもとより資格試験にトライする受験生さんにも、そういった面白さを感じることが出来るようになればしめたものですよね。

M

「試験合格プロジェクト」の隠れた意図の一つもそこに繋がっているんです。

苦労して勉強すること、それ自体が後の人生にとって役立つ

ということを述べたいという思いですね。

何事かを計画し、それを達成するという営みは勉強だけに限られるわけではありません。

当然仕事にも、家庭を守るにもプロジェクトマネジメントの考え方が必要だと考えるのです。

G

言われてみれば実になるほどと思うわけですが、プロジェクトマネジメントの実経験がないことには、なかなか結び付けられないですね。

マネジメントの切り口で書かれた学習法本はあまり見たことがありません。

僕も、真似して、自分の範囲で何か結びつくものはないかと考えてはみたのですが、

JIT(ジャストインタイム)生産方式に流れている「今すぐ」の思想が、時間管理の要素として学びに関しても大切なものだ

ということを再認識しました。

某超優良一流企業(人型ロボットで少し有名になりましたが一般の方はあまり馴染みがないかもしれません)なんかは、工場での生産効率を上げるための改善事項を現場で話し合い、皆が有効だと判断すれば、すぐに段ボールでまず試作してやってみるんですね。

そういったことが日本の生産技術を世界一にして来たんだと思います。
ノーベル賞だとか賢そうに見える科学の世界とは全く次元の違った営みも同じように尊いということも知ってもらいたいんです。

B

ところで、お二人の学びに対するスタンスは、かなり似通っていると思うのですが・・・。

G

メールなどを見ていても、「人生戦略」や「己が人生」というものを全く考えず、目先のことばかりを行き当たりばったりに追っている様を強く感じることも多く、まさに小手先だけで一定のステータスを手に入れたいという身勝手な欲望ばかりが目に付くと感じることも多いですね。

やはり受身的な文化、それも刺激的で享楽的な文化、何か生きる力を吸い取ってしまうかのような文化に対抗しなければ、こういった勢力によって骨抜きの社会にされてしまうのではないかという危惧がどうしても拭えません。

まさに、狂気の沙汰から正気を取り戻したいという気持ちを強く持っています。

M

「戦略」がないままに「戦術」として小手先の業だけを「ウラワザ」として覚えたい人たちへの警鐘の気持ちはあります。

甘い夢を抱く自分を自己否定して、本当に自分がなすべきことに戻って欲しいという願いは全ての本に共通しているんですね。

「記憶術」の達人になろうと『速読術」の達人になろうと、「人生戦略」を過つと、曲芸が出来るだけの変わり者になってしまうのではないでしょうか?

必要な人が必要なタイミングで使ってこそ、戦術は生きるのです。

「試験を受ける」ということでさえ、「数ある戦術の一つ」に過ぎないのです。

もっといい方法があれば、それをとればいい。
「いい」「悪い」の判断の基準は、もちろん「戦略との適合性」でしょう。
じっくり「人生戦略」を若い人たちには立ててほしいと思っています。

究極的には「あなたにとって何が幸せですか」ということに他ならないと思うのですが、人間は一生考え続けなければならないのでしょうね。

そして戦略、戦術の微修正を常にしていかなければならないのでしょう。

抽象的な方法論(例えば記憶術、速読術、一般的な学習法)は、ある意味一つのイズムです。
武術の流派といってもよいかも知れませんね。
様々な流派を中途半端に学んでも達人にはなりません。

それは、一つの流派を極めた上で、他流を学ぶこととは似て非なるものです。
そういうことも考えていただければと思っています。

B

少し話は変わりますが、松平先生には、先に東大で行われたサンデル教授の授業に関して、どのようにお考えなのかお聞きしてもよろしいでしょうか?

M

実は、先に東大で行なわれた講義は友人の某准教授が画策したものですが、「コミュニタリアニズム」と「リバタリアニズム」「リベラリズム」のそれぞれの立場の対立に議論の中で気づいてもらうために行なっているという話は耳にしています。

この話をすると、2000年の初めあたりにハーバードで行なわれたセミナーでのサンデル教授と井上達夫教授の間で行なわれた議論などにも言及せねばならず、話が長くなってしまいますので、かいつまんで述べさせていただきます。

サンデル教授の講義には、新聞をはじめとするメディアは飛びつきましたね。

一般に不況になると「ロールズ流」の「厚生的正義」が流行しますし、景気がいいと何でも自己責任とする「ノージック流」の「正義」が流行します。

真実はこの二つの両極端な理論の中間地点を揺れ動くのでしょうね。

サンデル教授がしておられるのと同じく、「経済的自由と弱者保護原理が矛盾するような極限状況を想定した議論をすることで、互いの中に存在する無意識の道徳的、民族的、歴史的その他共同体的価値観に気づかせることで、再度「正義論」を述べる原点に帰る」という葛藤に意味があると思いますし、様々な問題解決の道はここにしかないのではないでしょうか?

サンデル教授が言っているから正しいという考え方では、サンデル教授もきっとがっかりされることでしょう。
彼は結論ではなく、常に問いかける方のようですから。

日本人には何故か「論理的」と「理論的」を混同しがちなような気がします。

「理論的」とは何らかの「理論」に基づく考え方です。

客観的で抽象的なものではなく、そこにはイズムが関わります。

イズムを否定するのではなく、イズムの存在を理解したうえで、語り合ってほしいと思うのです。

G

その語らう上でも、相互理解に必要なのは論理的に語らうということですね。

また、松平先生が仰っていた、論理的に読むということこそが記憶術であり速読術なんだということや「魔法の技、理想郷ガンダーラを求めるよりも、学ぶことの根本に帰る。」には、僕も全く同感でして、学びというものの柱はそれしかないと思っています。

商業主義にとっては不利だということもあるのでしょうが、今、それを語る人があまりにも少ない。

日本は、どんどん知力後進国に地位を落としていく予感すらします。

僕はハードの技術屋でしたから、科学に比べればレベルが低いとはいえ、日常業務全てが論理性だけで進められるわけですね。

逆に言えばそれしかないわけですから、論理的であることは我々にとっては簡単と言えば簡単なことなんですね。

ところが、文系諸学になると、論理性というものが極めて捉えにくいものになる。

松平先生は、次回は「論理の整合性」について、まとめられようとされているとお聞きしております。

僕も論理数学の分野ぐらい寄稿できればなどと思っていたのですが、残念ながらそこまでの環境を整えられない事情もありまして、ただただ楽しみにしているばかりです。

精神の汗をかく | 論理力・読解力・表現力の前進のために

もう20年余り前ですが、FAX塾を企画して集まった生徒を指導した際に初めて分かったことがあります。

それまでは、学生時代に塾の講師や家庭教師をしていましたが、その時にはあまり感じることがなかったことです。

何故なら、対面で付きながらの指導だけでは見えないことだったからです。

それは、答案用紙を見ただけで、その生徒の思考過程、もっと言えば、汗の掻き具合がある程度見えるということです。

指導は数学がメインでしたが、結局は塾のように通ってくるようになってからは、他教科でも同じことが言えることが分かりました。

数学は数式だけですが、それでもその子の論理に関する脳細胞の動きは見えてきます。

しかし、国語の場合にはそれ以上に、論理に加え感性をも含めた一人の主体ある人間としての精神の汗の掻き具合が鮮明に見えてきます。

そういう経験をしていますから、今、高校で国語教師をしている娘に相談を受けて、ザっと目を通した200余りのテスト答案に、汗をかいた跡が見える答案すら、大いにおまけしても片手もないということに驚愕としてしまいました。

偏差値で3/10程度に位置する高校の普通科クラスですが、粗雑というより、「何をどのように読んでいるのかな?」と思ってしまう以上に、のんべんだらりと投げやり調や中にはおふざけ調で書かれたもの(昔は頭の良い生徒が反抗の意味でわざとすることはありましたが)が大多数を占めます。

精神の汗水を流して書かれた答案の中には、数学にしろ国語にしろ、それなりの手応えというか、骨というものがはっきりと汲み取れるものです。

汗を流して人のために働く人が発散する誠実さ、鋭さ、たくましさ、のようなものは、たとえペーパーテストの紙面であっても、その片鱗ははっきりと読み取れるものです。

そして、その片鱗こそ君が成長した内実そのものなのですよ。

単なる義務感や奴隷のような従順さで、受験体制に歩調を合わせているだけでしたら、いたずらに馬齢を踏むだけであり、そういった姿勢では、読解力にしろ百万遍くり返しても回を重ねるだけで何らの進歩向上は望めません。

「文は人なり」で、数学の答案だけでは見えない、人間としての基本的な姿勢は、国語の答案によって晒されると言っても過言ではないでしょう。

問題は、人間としての精神の根底に伏流する地下水の如き能力を、諸君の内部に埋もれ眠っている思考力や創造性の可能性を、如何に引き出し、その働きを無自覚の領域から自覚的な領域に移していくか、ということです。

このような作業を精神の中で進めていくとき、正確には、決意したとき、人は急速に成長します。

そして、自覚的な領域が習慣化されたとき、目に見える形で大きく1歩前進することになります。

ダラダラとした日常から漸次成長するなどということは考えにくく、本当に成長するとすれば、それは量子飛躍的なものです。

諸君が、国語における読解、表現について自信を持ち始めるのは、このような自らの内部にある精神の可能性を思いがけず何かの拍子にふと発見して、自分でも清々しい爽快感を覚えたり、目の前が何か開けた感じがしたときでありましょう。

「帝都大学へのビジョン」は、そういった意味で「何かの拍子にふと発見した儲けもの」を意図しています。

仕方がないからという義務感、言われた通りに操作する奴隷の如き従順さ、丸暗記すれば勝ちといった非合理な禁欲主義、これらを一擲して、諸君の地下水を無我夢中の努力の中で汲み出してください。

どの教科でも、たくさんの問題をそこそこにこなすだけに終始するのではなく、あくまでも1つ1つに自己の心血を注ぐ魂を持たない限り、自分でも自信となる成長は望めません。

以上のことを静かに考えていただくと、勉強する意味というのも自ずと分かっていただけるのではないでしょうか?

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最初に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら