教科書の文章、理解できる? 中高生の読解力がピンチ

教科書の文章、理解できる? 中高生の読解力がピンチ
クリックで画像拡大

この問題は、昨年2017年11月に「教科書の文章、理解できる? 中高生の読解力がピンチ」と題して、朝日新聞に掲載された記事にあったものの一つです。

国立情報学研究所の新井紀子教授らの研究グループが調査した結果をもとにした記事なのですが、すでにネットでは見ることができませんので、当時に、これを話題にしたサイトをリンクしておきます。

本来は、「読解力とは何じゃいな?」から話を始めないと、論点が噛み合わないことが多々出てきてしまいます。

例えば、上記の問題であれば、問題文の「35%」が何に対しての割合なのか分からないなどという批判が出たりします。

「その出身国を見ると、」という文章の流れから、アメリカ合衆国以外の外国人選手を全体とした35%であることは、ある意味、常識として読み解かれると私などは思うのですが、それは「忖度」まで考慮しろということであるから、この問題自体が悪問であるという意見もあります。

確かに、私のような技術系が問題を作ったとすれば、「アメリカ合衆国以外の外国人選手の35%」と、ダメ押しする表現にするか、この文言を単独で際立たせるように文章を分割するであろうとは思いますが、「アメリカ合衆国以外の選手→その出身国→ドミニカ共和国がもっとも多くおよそ35%」という文脈から、アメリカ合衆国以外の外国人選手を全体とした35%であると読み解くことが常識としての読解力だと思います。

定義の是非から始めますと冗長になってしまいますので、ここでは、読解力を「文章で表現された内容を、文章構造や文脈や常識から論理的に的確な分析をし、理解・解釈する能力」という私自身の考える定義として話を進めます。

中高生の読解力がピンチの現実

問題の答え自体は、この論議がどう転ぼうと明らかですから、それでも、この正答率の低さということには驚きを隠せませんでした。

読解力がないからなのか?いやいや、ひょっとして、円グラフ自体の意味が分からないのか?と…。

そんな折に、普通レベル高校(むしろ全体から見れば上3分の1に入っているレベル)の大学受験コースの教科書掲載題材の感想文を見る機会がありました。

まぁ、その酷さに驚くばかり。
授業で習っているにもかかわらず、書いてあることがチンプンカンプンで文章としてすら成立しないものが多いこと。

大げさと思われるかもしれませんが、本当にそう感じたので書きます。

私の小学校の頃、親父を亡くした時にクラスの皆が綴ってくれた文集にある誰一人よりもマシと思える文章が、4クラス分の中で2~3人ぐらい見かけたぐらいだったのです。

世代の相違にだけ還元することはできない問題であることはもちろんですが、それでもネットが普及してからの、特にスマホが普及してからの「見出し文化」「キャッチコピー文化」の百花繚乱ぶりが、読解力にインパルス的な悪影響を与えたのではないかと思わずにはいられません。

社内メールが伝達の用をなさないといった某会社の事情に関する大手メディアの記事も見受けましたけれど、あながち大げさではないのだろうと推測してしまいます。

ネットで見かけるけったいな「読解力をつける方法」

7回読み勉強法

それはともかくとして、読解力としてではなく勉強法としてなのですが、東大主席弁護士(?)の方が書いた有名な(?)「7回読み」があります。

「法学部から上級官僚になって弁護士をするような方は、マジでこんな勉強法をするんだ!」と驚きました。
私たちとは住む世界が違うんですね。

そもそも、「東大主席って何?」って話になってしまうんですけれど…。

普通の民間人ですから無名ではありますが、同じ東大法学部卒でも知識人でマルチリンガルの松平先生とは、雲泥万里の差があると思いました。

おそらく、一つのテーマで議論を交わせる機会があれば、どんな分野であろうと、この著者などは第1ラウンドでKOされてしまうでしょうし、自然科学の論議ともなれば、数学や自然科学でも私以上の知見を持たれている先生ですから勝負にもならないでしょう。

また、「世界の〇〇」などと自分のことを形容されているのにはびっくりしましたが、京大卒の方が「現代文の勉強のやり方=教科書の本文を10~100回読みなさい」と書かれているのを見たときには、呆れかえるのを通り越してひっくり返りそうになりました。

「7回読み」なら、まだ、そういう社会もあるのかなと思えるのですが、それですら、法曹界以外に進まれる方以外にはお勧めするのは憚られますし、特に理系に進まれる方には100%お勧めできません。

そんな暇があれば、他の勉強に充てた方が賢明であることは明らかです。

しかし、さらにさらに、ネットの某スカイプ指導塾では『同じ文章を10回、20回と読めば読むほどその文の理解度は上がっていき、100回になるとその時点での自分の能力の限界まで理解できるようになります。そして、100回読んだ文章が30文を超えると、普遍的に理解度が上がり、「根本的読解力」も上がります。』ですって!

嘘か本当かは分かりませんけれど、東大教育学部卒だそうですよ。

このスカイプ塾に書かれているポイントはすべてが的外れもいいところです。
「とにかく暗記!そのためには・・」というスタンスですから、とても東大卒とは信じがたいですね。
おそらく記憶術選手権で優勝できるような特殊な方にしか効果がないことは確実と思っただけでした。

3回読んで分からなければ、その時に4回目を読んでも無駄です

私なんかは、3回読んで分からなければ、その段階で4回目を読んでも無駄と確言しますけれどね。

例えば、冒頭の問題に正答できなかった人が、7回読んだら正答できますでしょうか?
ましてや10回や100回読んだら意味が理解できるとでもいうのでしょうか?

ここまで来れば、もう言いたい放題って感じがしてしまいます。

読解力とは、国語的な語彙力や文法理解力をベースとしながら、常識力や暗黙の了解をも含めて、文章を論理をもって分析し、理解していく力です。

すなわち、純粋国語的な知識と論理的な力、考える力の総合力が必要ですから、ただ本を何回も読めば済む問題ではありません。

やはり、「読む → 理解する → 解説を見ながらネックとなっている要素を見直す → 自分で要約文を書いてみる」を往ったり来たりしないことには読解力は養われません。

そういった意味で、7回も10回も読むよりも、はるかに有効なことがあります。
勉強法をやみくもに記事にしている一群のライターさんでは、とても書き得ないことだと思いますが、論理力を鍛えるということです。

同じ文章を、7回も10回も100回も読むくらいなら、論理として何故そうなるのかを勉強する方が、よほど有効です。

それ以前に、生活の中で考えるという営為をする習慣がなく育った子であれば、もう読む回数の問題ではありません。

少なくとも、大学受験生なら、現代文の参考書を勉強するのと同じぐらい、下記の書を1日1題、解いて解説を読まれることの方が、よほど有益だと思いますので、短い例題とともにご紹介しておきましょう。

野矢 茂樹先生の『論理トレーニング101題』【第1章:接続表現に注意する】より
見出しからして、現代文の読解力と関連が深いことを示唆示唆していますよね。

7回読み勉強法

タイトルは堅いですが、中学生でも読めます。
私も予想外に次々と正解できることもあって、はまってしまったほど、分かりやすく面白い内容です。

こういう書を見つけ出すのも自分の人生を好転換させるための一つの大きな力です。

7回読みだとか100回読みだとか、そういう軽薄なことを無責任に堂々とのたまう方の方の書籍に惑わされるより、100倍は効果があるでしょうし効率的です。

地に足をつけて地道に真実を追求する方の書籍にこそ、目を向け参考にすべきことが多く書かれています。

問8:次の空欄にもっとも適切な接続表現を入れよ。

ユーモアは、まじめなことを単に不まじめに扱うことではなく、\(\fbox{$\hskip2em\Rule{0pt}{0.8em}{0em}$}\) 不まじめであるかのごとくとり扱うことによって、まじめさにつきまとう暴力的、強制的な色合いをとり除くのである。

精神の汗をかく | 論理力・読解力・表現力の前進のために

もう20年余り前ですが、FAX塾を企画して集まった生徒を指導した際に初めて分かったことがあります。

それまでは、学生時代に塾の講師や家庭教師をしていましたが、その時にはあまり感じることがなかったことです。

何故なら、対面で付きながらの指導だけでは見えないことだったからです。

それは、答案用紙を見ただけで、その生徒の思考過程、もっと言えば、汗の掻き具合がある程度見えるということです。

指導は数学がメインでしたが、結局は塾のように通ってくるようになってからは、他教科でも同じことが言えることが分かりました。

数学は数式だけですが、それでもその子の論理に関する脳細胞の動きは見えてきます。

しかし、国語の場合にはそれ以上に、論理に加え感性をも含めた一人の主体ある人間としての精神の汗の掻き具合が鮮明に見えてきます。

そういう経験をしていますから、今、高校で国語教師をしている娘に相談を受けて、ザっと目を通した200余りのテスト答案に、汗をかいた跡が見える答案すら、大いにおまけしても片手もないということに驚愕としてしまいました。

偏差値で3/10程度に位置する高校の普通科クラスですが、粗雑というより、「何をどのように読んでいるのかな?」と思ってしまう以上に、のんべんだらりと投げやり調や中にはおふざけ調で書かれたもの(昔は頭の良い生徒が反抗の意味でわざとすることはありましたが)が大多数を占めます。

精神の汗水を流して書かれた答案の中には、数学にしろ国語にしろ、それなりの手応えというか、骨というものがはっきりと汲み取れるものです。

汗を流して人のために働く人が発散する誠実さ、鋭さ、たくましさ、のようなものは、たとえペーパーテストの紙面であっても、その片鱗ははっきりと読み取れるものです。

そして、その片鱗こそ君が成長した内実そのものなのですよ。

単なる義務感や奴隷のような従順さで、受験体制に歩調を合わせているだけでしたら、いたずらに馬齢を踏むだけであり、そういった姿勢では、読解力にしろ百万遍くり返しても回を重ねるだけで何らの進歩向上は望めません。

「文は人なり」で、数学の答案だけでは見えない、人間としての基本的な姿勢は、国語の答案によって晒されると言っても過言ではないでしょう。

問題は、人間としての精神の根底に伏流する地下水の如き能力を、諸君の内部に埋もれ眠っている思考力や創造性の可能性を、如何に引き出し、その働きを無自覚の領域から自覚的な領域に移していくか、ということです。

このような作業を精神の中で進めていくとき、正確には、決意したとき、人は急速に成長します。

そして、自覚的な領域が習慣化されたとき、目に見える形で大きく1歩前進することになります。

ダラダラとした日常から漸次成長するなどということは考えにくく、本当に成長するとすれば、それは量子飛躍的なものです。

諸君が、国語における読解、表現について自信を持ち始めるのは、このような自らの内部にある精神の可能性を思いがけず何かの拍子にふと発見して、自分でも清々しい爽快感を覚えたり、目の前が何か開けた感じがしたときでありましょう。

「帝都大学へのビジョン」は、そういった意味で「何かの拍子にふと発見した儲けもの」を意図しています。

仕方がないからという義務感、言われた通りに操作する奴隷の如き従順さ、丸暗記すれば勝ちといった非合理な禁欲主義、これらを一擲して、諸君の地下水を無我夢中の努力の中で汲み出してください。

どの教科でも、たくさんの問題をそこそこにこなすだけに終始するのではなく、あくまでも1つ1つに自己の心血を注ぐ魂を持たない限り、自分でも自信となる成長は望めません。

以上のことを静かに考えていただくと、勉強する意味というのも自ずと分かっていただけるのではないでしょうか?

発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような根拠のない、いい加減な甘言は書いていません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら