大谷翔平選手の81マス曼荼羅チャートを真似する前に知っておくべきこと

智恵の金剛曼荼羅

合格マップ

メジャーリーグで衝撃デビューを果たした大谷翔平選手が大成した秘密として81マス(9×9マス)のテーブルがテレビで紹介されていましたが、本【帝都大学へのビジョン】本編に付属されている合格マップもまさにこのチャート『智恵の金剛曼荼羅』です。

曼荼羅チャートは、目標達成やアイデア発想などのシートとしてよく利用されるようですが、他には、例えば記憶するためのイメージや思考の整理としても使うことができるのではないかと思います。

他にはマインドマップが有名ですが、こちらは予想通り、如何にアーティスティックなマップにするかに神経が行っちゃってる人も多いようです。

一時期、某塾のマインドマップを利用するやり方がその中身だったという高校受験の勉強法がよく売れていたようですが、教育産業にして、こんな程度かという思いがしますね。

大谷翔平選手が高校1年生で埋め込んだ曼荼羅チャート

大谷選手は右図のように81マス埋め切って、これを毎日道標とし実践されたのでしょうね。

だからこそ、それは人生が一流に仕上がりつつあるのでしょうが、私たち凡人にはなかなかできることではありません。

花巻東高校で与えられたとはいえ、そもそも81マスを埋め尽くすことは16歳の少年にはなかなか出来ないものです。

その上、マスを見て頂ければ分かるのですが、「運」「人間性」も左右するからと、これらを大きな1マスに充てるという発想がスゴイじゃありませんか!

さらに、それを実現する課題として「ゴミ拾い」「部屋掃除」「思いやり」「感謝」等の言葉を埋めていくところに、彼自身の非凡さを感じずにはいられませんが、同時に親御さんの育て方が見て取れるのではないでしょうか?

子ども全員を東大理Ⅲにやったと自慢のどこかのお母さんが、子どもに手伝いなどさせてはならないと仰ってるのとは対照的ですね。
まぁ、家庭の手伝いしたことがないなんて、双方の神経を疑うような異常さだと思いますけど…。

東大理Ⅲを出たからといって一流とは限りませんし、下手をすれば四流と言われても仕方がない例だってあるかもしれませんよ。

形式や手法だけに目を奪われてはいけない

いずれにしても、曼荼羅チャートだとかマインドマップだとか、そういった形式や手法だけに目を奪われないことが最も大切なことです。

一流と呼ばれる人や二流の人がみんなそういったものを作って来たわけではありません。

ただ、一流であろうが二流であろうが三流であろうが、「明日は今日より向上しよう!」と頑張ってる人は、何らかの形でマスを作り、マスを埋めることに相当する作業を行い、何よりもそれを日々意識しながら頑張って来たことだけは間違いない筈です。

形式は違えど、どこかでは必ず目標に達する戦略を練り、計画的に日々を過ごしてきたことだけは確か。

そして、そういう人は日本のどこかにはたくさん存在するということに思いを馳せてみてください。

ですから、曼荼羅チャートだとかマインドマップだとかの形式が本質なのではないのですよ。

それを、巷で話題になっているからやってみようとかといった次元では、そのこと自体が本末転倒だということを忘れないで下さい。

本末転倒の最も適した例は、マインドマップに見られるように、マップの綺麗さや斬新さや芸術性を競い合ったり褒め合ったりすることです。

何のためにそれをやるのかの目的だけは、決して、常に忘れないで欲しいのです。

『見える化』の意味と効用

とは言っても、目標設定やアイデア創出のために『見える化』をしておくことは、常に課題を意識化させてくれたり、ついつい忘れがちな実践要素を意識化させてくれ、漏れを無くするためにはとてもナイスなアイディアであることは否定のしようがありません。

『見える化』というのはジャストインタイム(JIT)生産方式を組み込んだトヨタ生産方式の屋台骨の思想であり、総じて日本を技術立国にした立役者です。

だからこそ、その中には一つのことを達成するための深遠な経験値としての概念が含まれており、学ぶということに関しても、そこから得ることは多いわけです。

『見える化』やジャストインタイム生産方式の思想は、本【帝都大学へのビジョン】の方法論自体の中にも当然流れているというか、流さないことには学習方法論などは成り立たないと言っても過言ではありませんから、軽い説明とともに本質として採り入れております。

ですから、『見える化』という目的を果たすものであれば、別に曼荼羅チャートでなくてもマインドマップでなくても構わないのですね。

自分で分かりやすい表現であれば、マンガでもブロック図でもツリーでも構わないんですよ。
現に、今までの人はみんなそうやって課題を達成しようとして工夫をしてきたわけですから…。

ネット時代ですから、あなたが、このようになりたいと目標にしている人に一度質問されてみては如何ですか?
「マインドマップを作って暗記しましたか?」「曼荼羅チャートを作って自分の心を鼓舞されましたか?」と…。

ほとんどの人が「否」と答えるでしょう。
しかし、それぞれのやり方で暗記をし、習慣に定着するまでは何らかの形で自分を管理することはされていたはずです。

ただ、この金剛界曼荼羅形式のチャートは要点だけをしっくりとまとめることに適しており、しかも私たち凡人への 『見える化』には非常に適していると考えています。

素直に表現すれば、よほどの変わり者でない限り、自然とこういったテーブル形式やツリー形式にまとめようとするのではないでしょうか?

やはり、人の心の中ではシンプルな形式が一番分かりやすいですし、始動時に見える化しておくことは長続きすることに繋がることは、全てのことに共通しているように思います。

大谷翔平選手の81マス曼荼羅チャートだけでは不備な理由

大谷翔平選手の場合は、プロ野球8球団から1位指名を受けることを目標として、これを中央大マスの中心に設定し、その周囲8つの小マスに目標を達成するための課題要素を散りばめています。

さらに、その中央大マス中の周囲の8マスの要素は、全体の周囲の大マスの中心に入りますから、実質上は目標を含め課題要素とその実践方法を81-8=73個を決定するということになりますね。

全体の目標設定シートとしては申し分ないところですが、君が野球に秀でていたとして、且つ、自分自身で埋め込んだとして、大谷翔平選手とまではいかなくてもこのチャートだけでそれなりの成功を収められるでしょうか?

なかなかそうは問屋が卸さないのが世の常です。

例えば、「160Km/h」を達成するために「ピッチングを増やす」という実践要素が挙げられていますね。

これは、勉強法においては「覚えるべきことを全て記憶する」を達成するために「反復回数を増やす」を挙げることと似ています。

しかし、この言葉で達成できるでしょうか?そもそも、正しいことなのでしょうか?
正しい方法なのでしょうか?具体的には何回すればいいのでしょうか?
誰かさんが仰っているように7回読めば勝手に覚えているものでしょうか?

そうですね!実際にはチャートに明示されていない具体的な方法論こそが成否を左右します。

厳密に言えば、小マスである「160Km/h」を達成するための具体的な方法論、それも正しい方法論を挙げる個別の81(9×9)マスチャートこそが本当に必要なものなのですよ。

大谷翔平選手の場合は、最初から才能を見込まれていたこともあるでしょうが、やはり指導者や周囲が的確なアドバイスをしていたから、大枠の目標達成チャートだけで十分だったと言えなくもありません。

そうでなくとも、その方法論で給料を取っているコーチやトレーナーさんの情報はある程度共有されているでしょうし、この分野では誰彼なく無責任な情報を発信する人も少ないでしょうから情報に惑わされることも少なく、大きく間違えることもなかったと言えましょう。

しかし、勉強法の場合は勉強法で給料を取っているプロはいない(自称は除きます)上に、誰彼なくからの膨大な発信がありますから、このレベルのチャートだけでは「家に帰ったら復習しなさい」ぐらいのことしか表現できないのが現実です。

さらに、そもそも勉強の成績を上げるために同じように9×9マスの曼荼羅チャートを作ろうとしたときに、君は全てを埋めることができるでしょうか?

まず、埋めることが出来ないのではないでしょうか?

たとえ埋めることが出来たとしても、その実践方法までを表現することは出来ないのではないでしょうか?

それが出来ないから情報を捜し求めておられる筈ですよね。

本当のことを言えば、大谷選手のように自分でマスを作り自分で埋めることが本当のスタートラインに立つことなのですが、それは、今までやる気がなかった人が意を決して全体のプラン設計図を立案するステップなのです。

要するに、目指す目標を持って初めて意味ある全体の目標設定チャートが作れるということです。

その上で、厳密には、目標達成のための各課題要素を達成するための現実的方法論の個別チャートこそが最も重要な部分になるということなのですよ。

しかし、ここまでやることは大変な労力を要しますし、その割には、例えば1時間ごとの計画を練るのと同じぐらい非効率的なことになってしまいます。

大谷翔平選手のチャートで言えば、「160Km/h」を達成するために「ピッチングを増やす」なのですが、「ピッチングを増やす」というワードの背景には、彼自身の専門知識や何より指導者のアドバイスや管理が付随しているという前提があるから、これだけで十分なのですね。

ところが、「覚えるべきことを全て記憶する」を達成するために「反復回数を増やす」の場合は、「反復回数を増やす」というワードの背景には、あなた自身の知識が確固たるものでもないことに加え、指導者のアドバイスや管理もないという事情があるだけです。

ネットの情報を見渡すと、「何十回も繰り返せ」だの「7回読め」だの挙句の果ては「10回以上繰り返せ」だの「100回読め」だのとそれぞれの発信者の数だけの情報を目にすることになり、しかも「何をどのようにどれほど繰り返すのか」ということや繰り返しの本質がないがしろにされたまま、混沌の中に放り出されたままです。

大谷選手のように、周囲の優秀な指導者から適切なアドバイスを貰える環境ではなく、全然プロではない人々の無責任な発言や思い付きといった雑音の方が大きい環境だという認識だけは持っておかないとエライ目に遭います。

大谷翔平選手の曼陀羅チャートと同じように作っても、一つ一つの言葉の裏付けが全く相違するのです。

さらに、勉強法に限らず世の中のノウハウ書は、たかだか偏った一つのマスだけをあてがって、「これをすれば目的が達成できる!」と大げさに叫んでいるものがほとんどです。

いかさま師ばかりが跋扈する世の中だからこそ、自分自身で勉強法が確立できない人には、やはり導火線となるような初期値を与えてくれる真の良き指導が必要です。

志望校合格ぐらいなら、大げさに考えることはありません。

各大マスに3つの根幹だけをピックアップしたチャートを毎日道標とすることで十分に成就できます。

付属した合格マップが、私たちの考える勉強法の最大公約数の表現であり、出来ない子にもできる子にも、万人がその器に応じて容量を増やしていけるための道標です。

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら