時々、

どのぐらいの時間勉強すればいいんですか?

というご質問を頂きます。

まず、結論から申し上げておきましょう。
学校から帰宅して自宅でできるであろう時間からのメドとお考えください。

  • 大学受験を目指しての日々の勉強の場合、1日4時間勉強してください。
    難関大学・医学部を目指す場合は4~5時間、中堅大学を目指す場合は3~4時間。
  • 高校受験を目指しての日々の勉強の場合、1日2時間勉強してください。
  • もちろん、日・祝日はこの1.5倍ぐらい取ってください。

成績は勉強時間に比例しない

医学部や難関国公立を目指す場合は5時間ほど勉強した方が安心できるでしょう。

但し、5時間以上勉強することは、負担も大きくなりますし、むしろ効率が落ちて来ますので、おすすめはしません。

されるとしても、時々に止めておかれるのが賢明です。

「えぇーっ!そんなにしなきゃならないの?」と思われるかもしれませんね。

でも、少しでも上のランクの大学を目指したいのであれば、そのぐらいの心構えは必要ですよ。

というか、合格する人は、このぐらいをメドにしながら、気が付いたら予定時間オーバーしちゃってたというケースが多いと思いますよ。

また、受験勉強が必要ない場合でも、高校生の学習をある程度の教養として身につけたり、将来、仕事でも集中してこなす力をつけるためにも、最低限2時間は勉強してほしいと思います。

大人の説教だと思うかもしれませんが、「勉強しててよかったなぁ」と思うことはあっても、「勉強なんかして損したなぁ」って思うことは、絶対にないと思いますよ。

但し、

  1. 自学学習といっても、勉強の仕方によって、対時間の実効は全く違ってきます。
  2. 塾に行ってる時間は基本的に除外します。
    そうなるとこの時間数は難しいですから無理はしないでください。
    その場合は、塾での勉強が的を射た自学学習に負けないぐらい実効的であるか、そうでなければ、帰宅後に教わったことををものにしてしまう勉強を忘れないことでカバーできます。

Inputは勉強時間に入らない

2.に関しては、特に、講師の授業を受身に聞いている方式の塾であれば、塾の時間を勉強時間に充当することはほとんど意味がないからです。

となると、塾に行っている諸君にとっては、4時間の勉強時間を取るのはなかなか厳しいかもしれませんね。

かと言って、全くの0時間にしてしまうと、塾でその時は覚えたつもりのことでも、すぐに無に帰してしまいますから、まるで栓をしないで水を注ぎ続けているようなことを続けていることになります。

脳は、1回だけinputを感知しても、それ以降に働きかけがないと、「別にどうでもいいことだったんだ!」と不要物として処理しちゃいます。

別に、勉強のことだけではなく他のいろんなことがinputとして次々と入ってくるわけですから、選別しないとパンクしちゃうということなんでしょうね。

ですから、怖いのは、それで「勉強しているのに・・・」と思ってしまって、結果が伴わないからと意欲や関心を喪失してしまうことです。

実際は、「勉強しているのに・・・」ではなくて、「勉強していないから当然の結果」なんですが、誤解しちゃってるから、そうは思えないんですね。

成績は勉強時間に比例しない

1.に関しては、成績は勉強時間に比例しないと一般的に言われることの理由です。

理に適った勉強をしていると4時間は1時間×4になりますが、そうでない場合は、極端には4時間は1時間×1でしかない場合すらあります。

それ以前に、理に適った勉強をしていないと4時間も勉強ができるものではありません。

もし、指導者が勉強の様子を観察できるとすれば、その何れかを判断するのは全く難しいことではありません。

その指標になるのは「集中力」だからです。

だいたい人間は、1時間から2時間の間であれば集中が持続できるようにできています。

高校の授業は50分、大学の授業は90分が多いのも、この辺りが考慮されてのことですね。
まぁ、実際は、授業中に集中している子はほとんど居ないのですが…笑。

ですから、4時間あれば、1.2時間集中して3教科程度を少し休憩を挟んで出来るということになります。

塾があるから無理というなら、早朝に1時間や2時間を振り分けることもできますよ。

別の機会にお話しますが、実は早朝の勉強は多くの一流人がおすすめされています。

しかし、集中できていないで勉強しているようであれば、勉強時間の長短など全く意味がありません。

というのは、集中できないということは、勉強の進め方が分からないということに他ならないからです。

勉強の仕方さえ分かっていれば、周りで火事があろうとも気付かないほど集中してしまうものです。

頭が良い悪いの問題ではなく、理解が出来る出来ないの問題ではなく、理解が出来なかったときに、分かろうとするために何をやればいいのかが分からないか、やろうとしないかの何れかになっているのです。

これが、一生に渡って付きまとう一番の困りものなんですね。

ですから、このような状態でライバルの勉強時間を聞き出して、同じ時間だけ机に座っていても何の意味もなさないのです。

少なくとも、勉強時間で勝負が分かれるとすれば、適正な勉強をしているという同じ土俵に立っている者同士の間でしか成り立たないことなんです。

「勉強ができる」ことの正体は、勉強の仕方を心得ている力以外の何物でもありません。

あなたの身近で尋ね歩いてみられれば、結局はそういうことだとお分かりになることでしょう!

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最初に、とある臨床医さんと学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • お子さんが、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • お子さんが、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら