受験数学 勉強の仕方例講座

数学は百問の解説に頷くよりも十問を思考すること

もし、数学が苦手だったり、全くチンプンカンプンだったりするのであれば、高校生といえども、一流中学受験をする子が使っているような参考書を、「何故そんな考えが僕には思いつかないのか?」と自問しながら納得するまで考えてみるような勉強をした方が確実に苦手意識を克服させてくれます。

あるいは、私たちが執筆した【数学脳への導火線】をじっくり味わってもらう方がはるかに良い結果を導くことでしょう。

宿題や塾の課題を流れ作業で沢山こなしても、苦しさがつのるばかりで根本は何も変わりません。

全ての教科、多少なりとも「面白いじゃん」という気持ちがエネルギー源にならない限り、本当の力にはならないいものです。

下記の『受験数学 勉強の仕方例講座』において、たとえ一つでも理解しようとしたとき、初めてセンスに繋がる道が開けてくる筈です。

「日本語で考える」「算数の何故を追求する」ことの積み重ねを大切にしてください!

ある朝起きたら突然数学のセンスが宿っていたなんてことは100%ありません。
思いを強くするだけで数学のセンスが宿るなんてことも100%ありません。

受験数学 勉強の仕方例講座

数学できる?数学できない?の攻防ライン

二次式・二次方程式・二次関数さえ攻略すれば…

ページの先頭へ