において、

  1. を因数分解せよ。
  2. , のとき、 の値を求めよ。

数学のセンスを引き出すのは難問でもややこしい問題でもなく、基本としっかりキャッチボールできるような本問のような問題です。

出来る子も存外ここが理解できたということで一挙に突き進んでいけるのはこういった基本レベルでありながら体系的に理解を促す良問です。

の式の形は非常によく見かける形ですね。

見たことがないという諸君は、多分全然勉強していないか、出会っていても一つ一つの経験を丁寧に取り扱おうという気持ちがなく盲滅法に消化していただけなのだと思います。

そこそこ数学で点を取れる諸君は、問題見ただけで方針が立っているでしょうけれど、「自分の頭の動きを抽象化するとこういうことなんだなぁ!」とか「いや俺のとは違うなぁ!」とか批評しながら客観的に眺めてみるのもいい勉強になるでしょう。

だったらよかったのに!』って思いませんでしたか?

もし思わなかったというのであれば、基本中の基本公式 をこれだけではなく次のように並べてみてください。

ここでは厳密に数学用語では説明しませんが、右辺のダラダラした(この程度じゃ別にダラダラとは言えませんが)式は左辺の簡潔で綺麗な式にまとめることができる(因数分解ができる)ということとして、感覚的に今刻み込んで下さい。

一番上の式しか公式には載っていないから、問題に当たったことがなければ2番目や3番目の等式などを利用するとなると「ずるいヤ!」と思うかもしれませんが、 には何が入ろうと構わないのですから、今、この感覚を丁寧に経験しておいてください。

の替わりに を入れてやると、また違った式が出来上がります
ついでに、 も入れてみてください。

この時に出来る右辺の形も式の変形としての象徴的な式になりますから、これもセットで感覚的に刻み込む作業をすれば、数学センスが突如花開くきっかけになるかもしれません。

ここの感覚を掴んでおくと、本問題の式を見た途端に、頭に刻み込んだ右辺の式が想起されることでしょう。

だったら利用できる式があるのに・・・』となります。

ここからは、ちょっと違うから「残念」と諦めるのではなく、「こうだったらいいのにな」の形を採用してみて、ちょっと違う分(ここでは差分)は、その後で辻褄の合うように付け足してやるってことを体で覚えてください。

そうすると、この問題の場合は、もう一つの代表的な公式によって見事に解決に向かうことが分かります。

※ALLコース購入者の方で添削希望の方は画像かPDFファイルでお送りいただければ添削させていただきます。

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。