立ち読みをお楽しみください

「高校数学『偏差値』発 賢者の統計・愚者の統計」の立ち読みができます。

「確率・統計」なんて面白くも何ともないという子がいます。
反対に、「確率・統計」だけは面白いという子がいます。
私自身はというと、どちらかと言うと前者。

世の中様々で面白いですね。

しかし、「確率・統計」は大学入試でも必ず出題されることが確定している単元です。

「確率」に比すと「統計」単体としての出題は極めて少ないと言えますが、今や「ビッグデータ」などが注目される時代ですし、普通の会社にとっても、文系諸氏にとっても、数学の中で共通して必要とされるのは、唯一「統計処理」です。

よって、今後は大学入試でも「統計」としての出題が増えてくるかもしれません。

目先の大学入試よりも、むしろ会社に入って重要な仕事をしたいと思えば、良い意味・悪い意味の両面で、統計処理の素養は必須になってきたとも言えます。

身近な「偏差値」からスタートしますので、将来の教養やスキルアップに備えるという意味も含めてご一読ください。

下記PDF画面の右上のポップアップボタンを押すとPDFが単独で表示され、その下部のズームボタン(「幅を合わせる」)をクリックしていただくと、最も見やすいかと思います。

ダウンロードは、この下部からできます。


発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

  • 受付時間:24時間年中無休

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら