【帝都大学へのビジョン】は、『誕生秘話』で申し上げた通り、私の友人が運営している情報の真実を見極める某サイトから産声をあげたのですが、これはあくまで広く社会に発信するという意味からであって、その手法自体の産声は私の高校生時代に遡ります。

そして、大学生時代に行った数多の指導経験を経て、最終的に1995年(阪神淡路大震災のあった年)に企画したFAX塾としての【ICL数学クリニック】で最高度に熟成したものを、さらに他の二人の執筆者の指導経験と知見を付加して【帝都大学へのビジョン】として仕上げたものです。

当時の神戸は、まだまだ目も当てられないような光景があちこちに残っているのが現実でしたが、女子高校生が5名と小学5年生の男の子が1名集まってくれました。

ただ、FAXだけではまどろっこしいと結局は当方に入り浸りになったという現実から、いくら将来の布石として企画したとはいえ、将来に至るまでの技術者としての業務に差し障りが出ますので、募集はその1年だけに止め、ともかくも6名を合格させるまでは面倒を見るという形をとったわけです。

また、【ICL数学クリニック】とはしたものの、数学だけに限らず英語もかなりのウェイトで指導することになっていましたし、経営的には全くのボランティアの様相を呈していました。

その当時に、新聞の折り込みとして2回だけ撒いたチラシは下記のようなもので、その当時にしても何ともダサイものでした。

しかし、こういうダサいチラシで資料請求していただいた親御さんは、やはり、ちょっと変わっているというか、あまり周りに流されない方であることが共通しているのだなぁという印象は何気なく感じたものでした。

そういった親御さんの下でだからこそという側面は非常に大きなものがあるのでしょうね、全員がきちんと希望通りの大学と中学に合格していきました。

看護学校を目指していた女子高生は専門学校でしたから、これを除いては、全てが誰もが知っている名だたる大学と中学に合格してくれました。

微力ながら力になれたとすれば、「エッ!そんな簡単なことやったんや!」と新たな発見の如く驚く顔を経験させてあげれたことと勉強の仕方を叩き込んであげれたことだと今さらながら感じるのです。

ICL学習クリニックのチラシ

ICL学習クリニックの添削総評

発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

  • 受付時間:24時間年中無休

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら