真面目なのに成績が伸びない

「真面目なのに成績が伸びない」という悩みに関して、ブログにご質問いただきました。

踏み込んだ内容はメールにて回答させていただいたのですが、ここでは、学習方法論以外からの一般的な懸念点について、同じようなお悩みを持つ保護者さんの為にまとめておきたいと思います。

実は、結果としての学習方法論的な答えは明確です。

その答えは、【「何度も繰り返して勉強しなさい!」の落とし穴」】に記載したことそのものであり、【帝都大学へのビジョン】を実践していただければ解決する程度のことです。

しかし、現実には、お母さんが「真面目に勉強している」と思い込んでいるだけだったり、そうでなくともお子さんのこだわりや頑固さが障害になっていることも多々あるのが実際です。

ですから、以下をともかくも冷静にご一読いただければ、やるべきことも少しは分かってくるのではないかと思っています。

意外に難しい【真面目に勉強しているのに・・・】タイプ

このご質問の場合は、小学校5年生で2時間勉強しているというということですから、やる気が湧かないので勉強しないとか端から勉強する気がないという場合とは、横たわっている問題は明確に区別されなければなりません。

「やる気がない」とか「心、そこに在らず」であれば、成績が上がらないのは当たり前のことですから、勉強の仕方が分からないからやる気が出ないというケースとは違って、勉強の仕方以前の問題です。

「凄く真面目に勉強しているのに成績が伴わない」という子は、必ずクラスに何人かは居るという程度に、ちらほら見かけます。

「凄く真面目に」という修飾語をつけなければ、もっと人数は増えてくるでしょうが、これらを合わせても全体の2~3割ではないでしょうか?

各種統計を見てみましても、先ず、中学生以上になると「やる気が出ない」層が約60%を占めること、及び、勉強をしたことにより成績も付随して付いてくる層が約1割程度ではないかとの感触から考えれば妥当な線であろうかと思います。

「やる気が出ない」と成績の良し悪しとは必ずしも対応するわけではありませんが、少なくとも、報われない繰り返しが「やる気」を喪失させない内に、出来る限り成績に反映する手立てをフォローして上げることはとても重要なことだと考えます。

さて、「凄く真面目に勉強している」という点から、勉強の仕方だけを教えてあげれば、自然に成績に反映するだろうと思われがちですが、それほど簡単なものではありません。

特に、「凄く」という形容詞がつくほど生真面目な場合は、意外と難しいことも気に留めておかれていただきたいと思うわけです。

その辺りは、一般的な話としてコメントの返信に記しておりますのでご参考ください。

要旨を簡単に申し上げておくと、

  • 正しい勉強法をアドバイスすることは一貫して行っていく
  • 但し、根深い性格的な要因が正しい勉強法に抵抗する場合がある
  • 特に、あまりに生真面目な子は、「形や形式にこだわり過ぎる」性格が強い傾向があり、手段を目的化させてしまって、目的を見失わせることが懸念される
    • ノートをきれいに書かないと気が済まない
    • マインドマップなどの方法が気に入っている場合など、きれいに仕上げないと気が済まない
  • 形の綺麗さは、きめ細かい勉強ではないことを伝えていかねばならない。

などといった点もパラに観察・対処していくことが求められるというものです。

※「正しい勉強法とは何ぞや?」という声が聞こえてきそうですが、真っ当な方の書かれた勉強法であるとしか言えません。

※「真っ当な方とは誰ぞや?」という声が聞こえてきそうですが、それはあなたの見極める目に依るとしか言えません。m(__)m

このタイプはこだわりが強いが故に、意外に難しいのですね。

別の言い方をしますと、生活全体の行動様式の中で、「機転」ということや、「手段よりも目的が大切なんだよ」ということを少しずつ学ばせてあげる必要があります。

勉強の方法で言えば、『ある発問を常に行う』クセをつけることで、徒労に帰する無駄な勉強時間を縮小していくことしかありません。(この点が、実際のお返事のキモになります。)

【スマホに対する関わり方】は避けては通れない重要な要因

さらに、実際のアドバイスでは【スマホに対する関わり方】は避けては通れない重要な要因です。

真面目過ぎるタイプには、2時間以上勉強していても、4時間以上スマホをしている場合などはあまり考えにくいこととはいえ、やはり要因としては考えの中に入れておかねばならないでしょう。

2時間以上勉強していても、4時間以上スマホをしているようでは、全然「2時間以上勉強している」の情報の意味合いが変わって来ますからね。

これは、皆さんの方がよくご存知のことと思いますが、東北大学の川島隆太教授と横田晋務助教の「2時間の学習効果が消える! やってはいけない脳の習慣」で示されたデータによります。

この研究データについての評論は差し控えますが、「2時間の学習効果が消える!」という点については、少なくとも「スマホを気にしながら勉強する」と解釈する限りは、大いに理に適ったことであると判断できます。

2時間以上勉強していても、4時間以上スマホをしている場合などは、おそらく保護者さんも「真面目に勉強している」とは認識しておられないでしょうが、「4時間勉強しているけれども、その4時間にチョコチョコとスマホに反応している」場合には、「真面目に勉強している」と映ることは大いに考えられることです。

こういった見せかけの真面目さの場合には、いくら勉強の仕方で対処しても「ヌカにクギ」のようなものですから、スマホに対する向き合い方を毅然とルール付けなければ、「勉強」に関する課題では、その土俵にも上がれないことは言うまでもありません。

そこをクリアして初めて、正しい勉強の仕方を伝えながらも、それにどう反応するのかを詳しく観察しながら、生活全般での関りを通して、性格全体のバランスを取ってあげることも付加しなければならないのが、このタイプの特徴だと私は認識しています。

真面目はとても良いことですから、真面目さを捨てさせるようなことは全く必要なく、ただ、「機転」だとか「木目細かさ」だとかの視点を教えてあげて、選択の幅を拡げてあげることで、手段にこだわる喜びよりも目的を達成することの喜びの大きさを経験させてあげるための介助が、私の経験上から最も大切なことなのではないかと考えています。

やはり、『ある発問を常に行う』クセをつけさせることが最良の方法です。

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら