「努力する能力」も学生が身に着けるべき大切な資質

松平先生

正しい勉強方法は無駄の多い方法よりも合理的ではあるけれども、「サボっていても効果が上がるような方法」であるワケがありません。

仮にそのような魔法があったとしても、かつて指導していたものとして決して教えてはならない方法なのではないかと感じています
「努力する能力」も学生が身に着けるべき大切な資質なのですから。

大学受験本は一冊だけ書いていますが副題に「不器用だからできる」とあったはずです。
「不器用を克服する本」ではありません。

「不器用」と敢えて書いたのは、「サボってもできるような方法を求める人」ではなく、「不器用に」「真面目に」「こつこつ」勉強しているけれども結果が出ずに悩んでいる人、「何故そうなのか?」を徹底的に追求する性格のために先に進めない「頑固者」、そんな人たちのお役に立ちたいと考えたからです。

「不器用さ」をなくせとは一言もいってはおらず、寧ろ現代という時代にこそ、「不器用で」「無骨な」「勤勉な日本人」が復活するべきだと考えています。

「サボり癖」がついている人はちょっと苦労してもらって、真面目に勉強する気になった時に勉強すればいいというくらいに私は考えています。

ガリレオ先生

まさしく僕もそう考えています。
松平先生は、執筆者でありながら、一部マニュアルを除いては、販売ページには一切タッチできないという立場で、さぞ無念な思いや心外の思いをされたことと思います。

僕は先生の真意をよく理解していますが、一般の閲覧者の皆さんには、そんな事情もあって、真意を勘違いしておられる方も多いかもしれませんね。

僕は先日、教え子(購入者という言い方はしたくないので)から自分と同じ年代の子たちに「意を決して一歩を踏み出してもらいたい」という願いを広く発信して欲しい旨でメールを貰いました。

僕はこの教え子が、「1)努力を開始してくれたこと」とともに、「2)他の人も一緒にやろうよ」という「共生」意識なる予想外の反応をしていただいたことに驚き、感動すらしました。

努力をすることが充実をもたらしてくれることを彼は知り、それを素直に呼びかけたかったのでしょうね。
すごく自然なこの気持ちを、いつまでも大切にして欲しいと願っています。

「学ぶ」ことの本質や面白さを最初から放棄しない

ガリレオ

ここからは、僕が感じた松平勝男先生を、僕との共通点を絡めながら綴っていきたいと思います。

【****】サイトをよくご覧になっている方には、すでにご存知のことと思いますが、【****】代表者が松平勝男先生をご存知です。

そして逆に、松平勝男先生は【****】の存在意義を非常に高く評価していただいているとのことです。

その代表を通して、僕も松平勝男先生とお近づきになれ、時々、書簡の遣り取りもさせていただいております。

やはり、語学・勉強法と多くの著作を出されているのも頷けるほど、極めて知見の広い、「さすが東大法学部」と唸らせる方です。

そう感じることができるのも、そう違わない時代に青春を生きた者として共有できる精神的土壌があるからかもしれません。(どんな時代にも偉くなりたいだけの人はいますけれど…)

そんなこともあって、僕とは文理の違いこそあれ、非常に近い共通認識を持っておられる方と感じました。

偉そうぶるために勉強する人たち

同じ東大法学部を出ても、政治家や官僚や評論家等有名な人たちを見ると、その名を貶めているような人しか目につきませんから、世間では「東大出ても糞の役にも立たない」「結局、自分らが偉そうぶりたいから東大に行ったんじゃないの?」と思わせてしまっているのかもしれませんね。

僕たち理系の人間から見れば、「事務処理能力さえあれば誰でもできる仕事でしょ。大したこともしてないのに何を偉そうぶってるのよ!」ってところです。

仮にも東大を受験し合格してきたわけですから、人間として全面的な成長を伴っている筈なんですが、やはりそうでもなく合格できる人もいて、そういう人に限って権力志向が強いということなのか、あるいは、合格した途端に全面的な成長を放棄して、権力奪取だけのためのガリ勉君になってしまうということなのか、権力組織に帰属した途端に偉そうぶる方向に走り出してしまうようですね。

さて、松平先生に対し、僕が感心し、僕とは全く出来が違うことが明白になる点は、文系にもかかわらず、【実用数学技能検定準1級】・【TOMAC数学能力検定最高Dグレード】をお持ちだというところで充分でしょう。

さらに、ゲーデルの「不完全性定理」についても造詣の深いお話をしていただくことがありました。
僕もイメージでは分っているつもりなんですが、厳密に数学的に理解しようとまでしたことがないんです。

僕はというと、自分の専門に関する実務資格ですら取っていません。

別に資格が無いと仕事が出来ないというものでもなく、取ろうという気にすらなったことがないのです。

仕事が激務だったということもありますが、そもそも業務が事務的なものではなく「考え倒す」ことでしたから、「必要な資格」なんてもの自体がありません。

CADの時代になってからはCADに関する資格も出来ていましたが、それこそ操作の達人になる暇があれば考えろよ的な仕事でしたから、結局、一生資格とは無縁のようです。

まぁ、元来からなまくらですから、そういう仕事しか選ばなかったということかもしれません。

この点は、僕は松平勝男先生の足元にも及ばないことは自認しており、せめて英語ぐらいは英検でもTOEICでも受けておけばよかったかなという思いはあります。

ただ、僕は理系ですが、昔から哲学や仏教などは好きで、純文学はほとんど読みませんけれども評論や社会科学系の書物はよく読みます。(ビジネス書やノウハウ本も一切読まないですが・・・)

松平勝男先生との遣り取りでは、哲学や社会科学の知見からお話される場合が多いのですが、僕がある程度の枠組みを理解できるのも、そういった背景があるからだと思っています。

専門バカにならない勉強をしてください

理系となると、やはり昔から理系バカも多く見られたのですが、昔の偉人を眺めてみると、デカルト然り、ガリレオ然り、名を残している科学者や数学者の多くが、同時に哲学や社会科学にも秀でていますね。

松平勝男先生は語学の達人・語学のオタクの要素が強く前面に出ていますが、総合的に眺めるとこれら昔の偉人の範疇に属する方なのですね。

専門の法律だけではなく、あらゆる人文諸学から自然科学・数学にまで相当なハイレベルで精通しておられます。

こういう風に整理していると、現代が如何に専門分化され過ぎて、それしか知らないという狭量な専門バカの時代になってしまったとつくづく思われます。

NHKでは「ドクターG」なる番組をやっていますが、医者の世界にしても全体を見て判断できる方が少ないのだろうなという気がしますし、製造の世界でも全体が分かる管理者が本当に少なくなったと耳にしたこともあります。

松平先生となまくらな僕との接点は、「学ぶ」ということの本質や面白さを誰にも放棄して欲しくないという願いが深くあるというところだと思うのですが、そこには、重箱の隅のことには詳しいが重箱の全体のことは何も知らないというような人にはならないでねという願いも込められています。

松平先生は「革命か反抗か」と問われれば「反抗」だと仰っていましたが、僕も実に同じ気持ちです。

軽薄なコマーシャリズムに踊らされて大切な時間を浪費させる企みに対する「反抗」の思いが非常に強いという点で共鳴しあっていると感じています。

誰をも思考停止させて自堕落にしてしまうことでリピートの利益を上げようとする商業主義の企みに乗らず、たとえ牛歩でも自分の喜びとなるような確かな知性を磨いていくことに頑張っていただきたいですし、自分自身もそうありたいと心を引き締めています。

松平勝男先生の著作

松平勝男先生の著作

最初に申し上げておきますが、松平先生はネットビジネスで儲けようとしている方でも実際に儲けておられる方でもありません。

先生は、純粋に世に溢れる摩訶不思議な俗本に対して反抗し、警鐘を鳴らす意味で、社会に向けてのメッセージを執筆せずにはいられなかった良識派の民間知識人以上でも以下でもありません。

民間知識人といっても、立派な地位にあられ、名だたる著名な知識人とも親交の多い、私たちには足元にも及ばない御仁です。

2010年に行われたマイケル・サンデル教授の「正義とは何か?」の講義も、松平先生の親しい当時の准教授が画策して実現したとのことです。

松平先生はマルチリンガルでもあられ、語学関連の執筆も各国語を執筆されていますが、ここでは、一般受験生と一般社会人に是非ともおすすめしておきたい電子書籍だけをご紹介しておきます。

但し、先生自身が自分の執筆が情報商材という括りにおいて出版されるとは思っておられなかったこともあり、「ユダヤ式記憶術」(本当は「記憶術」なんて言葉は使いたくなかったと想像しています)からは出版元を人間性として信頼できる出版元に変えられましたが、いずれにせよ、情報商材と呼ばれる業界からの販売になりますので、価格は少々お高いことは頭に入れておかれてください。

また、先生が変えられた出版元の代表も、非常に先生と似た人格の持ち主だとお見受けされましたことを付け加えておきます。

普通の本屋さんに並ぶ書籍も、特に2000年以降は、ネットの影響もありロクでなし著者で溢れていることも念頭に入れておかれてくださいませ。(800円でも1円の価値もない本もいっぱい!)

精神の汗をかく | 論理力・読解力・表現力の前進のために

もう20年余り前ですが、FAX塾を企画して集まった生徒を指導した際に初めて分かったことがあります。

それまでは、学生時代に塾の講師や家庭教師をしていましたが、その時にはあまり感じることがなかったことです。

何故なら、対面で付きながらの指導だけでは見えないことだったからです。

それは、答案用紙を見ただけで、その生徒の思考過程、もっと言えば、汗の掻き具合がある程度見えるということです。

指導は数学がメインでしたが、結局は塾のように通ってくるようになってからは、他教科でも同じことが言えることが分かりました。

数学は数式だけですが、それでもその子の論理に関する脳細胞の動きは見えてきます。

しかし、国語の場合にはそれ以上に、論理に加え感性をも含めた一人の主体ある人間としての精神の汗の掻き具合が鮮明に見えてきます。

そういう経験をしていますから、今、高校で国語教師をしている娘に相談を受けて、ザっと目を通した200余りのテスト答案に、汗をかいた跡が見える答案すら、大いにおまけしても片手もないということに驚愕としてしまいました。

偏差値で3/10程度に位置する高校の普通科クラスですが、粗雑というより、「何をどのように読んでいるのかな?」と思ってしまう以上に、のんべんだらりと投げやり調や中にはおふざけ調で書かれたもの(昔は頭の良い生徒が反抗の意味でわざとすることはありましたが)が大多数を占めます。

精神の汗水を流して書かれた答案の中には、数学にしろ国語にしろ、それなりの手応えというか、骨というものがはっきりと汲み取れるものです。

汗を流して人のために働く人が発散する誠実さ、鋭さ、たくましさ、のようなものは、たとえペーパーテストの紙面であっても、その片鱗ははっきりと読み取れるものです。

そして、その片鱗こそ君が成長した内実そのものなのですよ。

単なる義務感や奴隷のような従順さで、受験体制に歩調を合わせているだけでしたら、いたずらに馬齢を踏むだけであり、そういった姿勢では、読解力にしろ百万遍くり返しても回を重ねるだけで何らの進歩向上は望めません。

「文は人なり」で、数学の答案だけでは見えない、人間としての基本的な姿勢は、国語の答案によって晒されると言っても過言ではないでしょう。

問題は、人間としての精神の根底に伏流する地下水の如き能力を、諸君の内部に埋もれ眠っている思考力や創造性の可能性を、如何に引き出し、その働きを無自覚の領域から自覚的な領域に移していくか、ということです。

このような作業を精神の中で進めていくとき、正確には、決意したとき、人は急速に成長します。

そして、自覚的な領域が習慣化されたとき、目に見える形で大きく1歩前進することになります。

ダラダラとした日常から漸次成長するなどということは考えにくく、本当に成長するとすれば、それは量子飛躍的なものです。

諸君が、国語における読解、表現について自信を持ち始めるのは、このような自らの内部にある精神の可能性を思いがけず何かの拍子にふと発見して、自分でも清々しい爽快感を覚えたり、目の前が何か開けた感じがしたときでありましょう。

「帝都大学へのビジョン」は、そういった意味で「何かの拍子にふと発見した儲けもの」を意図しています。

仕方がないからという義務感、言われた通りに操作する奴隷の如き従順さ、丸暗記すれば勝ちといった非合理な禁欲主義、これらを一擲して、諸君の地下水を無我夢中の努力の中で汲み出してください。

どの教科でも、たくさんの問題をそこそこにこなすだけに終始するのではなく、あくまでも1つ1つに自己の心血を注ぐ魂を持たない限り、自分でも自信となる成長は望めません。

以上のことを静かに考えていただくと、勉強する意味というのも自ずと分かっていただけるのではないでしょうか?

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。