算数や数学のセンスは先天的とか後天的とか、おらしらねぇ

算数・数学センスへの扉

算数や数学のセンスが先天的か後天的かという論議は、古くから尽きることなく続いているのですが、

  • 数学が出来ない人は「先天的だ!」と吐き捨て、
  • 数学が出来る人は「後天的だ!」と仰る

これが、たいていの構図だと思いますが、如何でしょうか?

要は、興味が持てれば手が動きますから、どんどんセンスが磨かれて来ますし、興味を持てなければ手を動かそうとしませんから、耐えがたい時間を凌ぐだけでセンスなどは生まれようもないということです。

よく、「何故だろう?」という子どもの疑問に上手く答えられないことが子どもの興味を潰すという論が語られます。

もちろん、大局的にはそうなんだろうと思いますが、疑問すら持たなかった子が、何かの拍子に突然興味を抱いたりすることもあります。

どこまでが先天的でどこからが後天的などとの線引きなど出来るものではありません。

ただ、言えることは、前者は「先天的だ!」という言い訳をすることによって、数学のセンスがあることによるメリットを自ら放棄してしまっているということだけは確かだということですね。

その言い訳体質こそが「先天的なのでは?」と切り返してはダメですか?

ここでは、不毛の論議は控えて、算数や数学のセンスの扉を開けるためのいくつかのヒントを時とともに重ねていこうと思います。

センスとは「連想力」であり、真剣に刻んだ経験と比較対照しながら整理していく経験の場数を積み重ねることで生まれてくるものです。

音楽のセンスも同じじゃないですか?

その結果、音楽の音色も数学の数式も美しくなっていくのです。

数学の場合、その出力は積み重ねをしない人には「ズルい」と映ります。

算数・数学センスへの扉

  • 169や196という数字を見れば、瞬間的に何かを想起しますか?(小学生以上)
  • ガリレオ先生

    もし、瞬間的に想起するのだとすれば、君は問題の場数をある程度踏んだことで、その結びつきをはっきりと意識する時を刻んだということ。

    君が不動産会社に就職すれば、「180㎡でほぼ正方形ですから、縦横の長さは約13mと14mの真ん中ぐらいですかね!」と即答できることになる。

    次の項目のように13×13、14×14は暗算でもできるけれど、これぐらいの数なら計算すらせずに対応しておかなくちゃあまり意味がないかも。

  • 17×18や19×16という計算を見て、暗算で答が出せますか?(小学生以上)
  • ガリレオ先生

    前の例の逆算になる13×13、14×14は、頭の中で暗算で出る訓練はしておきたいもの。

    本例の前者だと、17が10個の170に、17が8個の136を足して306と答えを出す子が多いのじゃないかと思うけれど、結構時間がかかるんじゃない?

    それに、なんだか間違える確率も高くなりそうだから、間違えるぐらいなら筆算をした方がまし。

    でも、もっと瞬間的に答えを出す方法がある。

    片方の17に他方の一の位8を足して25。(片方の18に他方の一の位7を足しても同じ)
    これは百の位と十の位と考えて250。次に、7×8=56。この2つを足して306が答。
    筆算の形をイメージすれば、もっと即座に出来る。

    知ってる子は知ってるだろうけれど、理由を必ず考えてみて。そのことがセンスに繋がる!

  • 与えられた式の中にという並びを見れば、瞬間的に想起することがありますか?(高校生以上)
  • ガリレオ先生

    おそらく、相加・相乗の不等式は、そのままの形が出てくるから気が付くでしょうが、もう一つの基本的な式を連想してほしいね。

    という式なんだけれど、√が入ると気が付かないのではないかな?

漸次、追加して参ります。

発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような根拠のない、いい加減な甘言は書いていません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら