ジャン=ジャック・ルソー

子どもの語彙はできるだけ少なくするがいい。

観念よりも多くのことばを知っているというのは、考えられることよりも多くのことがしゃべれるというのは、ひじょうに大きな不都合である。

都会の人にくらべて一般に農民がいっそう正しい精神の持ち主である理由の一つは、かれらの語彙がかぎられていることにあると思う。

かれらはそれほど多くの観念をもってはいないが、それらの観念をひじょうによく比較することができる。

ルソー『エミール』

昔から、この界隈ではある意味で有名だった森友学園が経営する塚本幼稚園の園児が、運動会で「大人は尖閣諸島や竹島を守り、日本を悪者として扱う中国、韓国は心を改めて」「安保法制国会通過良かったです」「安倍首相頑張れ」と手を上げて宣誓する映像を見た方も多かったのではないでしょうか?

大人顔負けの『多弁能なし』を大量排出しそうな時代

エミール by ルソー

自民党の小泉進次郎氏ですら「異様」と感想を述べたこの光景を見て、普通の一般人で異様だと思わない人はほんの一握りでしょう。

しかし、今まで公におかしいと問題にされることすらなかったのもおかしな話です。

外山滋比古先生でもありませんが、αの言葉を離れβの言葉を習得していく過程においては、自分の行動で経験し、裏打ちしながら、その言葉の観念を伴って習得していかなければなりません。

さもなくば、自分の頭で考えることが出来ないまま成長してしまいます。

結果、ルソーの言う『考えられることよりも多くのことがしゃべれる』大人、所謂『多弁能なし』に繋がってきます。

即ち、学ぶにもTPOが必要であり、発酵食品のように、それなりの時間を掛けることが必要であることは明白ではないでしょうか?

『熟成』という言葉が好まれる割には、人間に関しては『早熟』を要求してしまうのはどうしてなのでしょうか?

そもそも、これらの言葉は幼稚園の時に習得しなければいけない言葉でしょうか?
それも一方的に叩き込まれるという様式をもって…。

政治的な言葉は非常に曖昧さと虚飾の伴う言葉であり、大人の各人が自分に都合よく定義しているような言葉だからこそ、自分の頭で考え判断できる力を養うプロセスの中で多面的に命題や仮説として提示してやらねばならない言葉の代表格です。

確かに、人間には向上することは必要なことですから、「子どもさんの語彙力アップを!」などと叫ばれると「そうなんだ」と焦る気持ちは分からないでもないですが、言葉の性質も学ぶ時期も何も考えずに何でもかんでも「アップ」というのは非常に危険なことではないでしょうか?

何故なら、経済は成長しなければならないという強迫観念の中、誰ものお金儲けがしたいという欲望と相まって、その結果、「0歳児から語彙力アップ!」「0歳から早期英語教育を!」をなどという「高速」を商売の為に美化するだけのたわけたスローガンが飛び交うことになってしまうからです。

私の周囲でも早期教育に躍起になられていた家庭も何件かありましたが、親の希望通りのコースを辿った少年は誰一人見たことがありません。

また、【高速記憶術】など、普通の人には何の利用価値もありません。

何でも圧力鍋で調理していると反って栄養をロスしていることにすらなります。

もちろん、玄米などを炊くときにはメリットがあるというデータも出ていますが、他の食材では栄養素をかなり損失してしまっているデータも同時に出ています。

私の知り合いの一流シェフは、基本的には圧力鍋を使いません。
ましてや、たかが家庭での料理で圧力鍋を使う意味が分からないそうです。

まぁ、ある意味、塚本幼稚園の園児にしても早期英才教育などを謳った幼稚園にしても、子どもの持つ大切な栄養素を壊しているようなものに思えてなりません。

それに加え、近年では、ITがサクサクと表面だけをなぞれば知った気になってしまうことに拍車を掛けてくれますから、精神を熟成させていくという人生の大仕事にとっては大いなる受難の時代になっています。

教育にも子育てにも正解はないと思いますが、そういった意味で、私としては、こういった類の教育機関は不正解なる教育の極みだと思ずにはいられません。

正解なる教育などは無いと考えますが、不正解なる教育は確実にあるのではないでしょうか?

誰かさんは「素晴らしい教育だ」などと賞賛して名誉校長になっていましたが、これを見たら、ルソーや幼児教育の礎を築いたペスタロッチ・フレーベル・モンテッソーリ等の面々はどんな顔をするのでしょうね?

それで思い出した小学校5年生頃の娘の質問があるので記しておきます。

Oさんは、娘の同級生ですから、やはり小学5年生ぐらいの女の子です。

Oさん:「オクのお父さんは何大学出てるの?」
娘:「???・・・分かんない。」
Oさん:「うちは、F大学で全くダメだから、あんたは東大か京大に行くのよってお母さんが言ってる。」
娘:「???」

というわけで、母親に尋ねたそうですが、「そんなこと、今知る必要ないでしょ!」
言葉通り、そんな言葉を知らなくても、人からもいろんな学校からも(教師です)引っ張りだこの大人になりましたけど…!

モンテッソーリ教育の思い出

2018年3月3日追記

今、モンテッソーリ教育が再び脚光を浴び始めているという話しを耳にするのですが、そうなるとモンテッソーリ教育もどきが増えてくることも必定であることに一抹の不安を感じたりしています。

実は、私たちは二人の子どもを普通の公立幼稚園にはやらずに、モンテッソーリ教育を実践する民間のキッズクラブに2年間週3回で預けました。

もちろんモンテッソーリ教育を標榜する名門幼稚園もあり、実は合格しちゃってたのですが、名もない民間のキッズクラブの方が、園長のポリシーの下、それは見事なモンテッソーリ教育の実践をされていると夫婦とも判断したことでこちらに決めたのです。

そして私たちは、今しみじみ思っています。
子どもたちのこの時期にこの経験をさせたことが、「どう生きるのか」の姿勢を決定づけたことは確かであろうことを…。

そして面白いことに、子どもたち自身が大人になって、「キッズクラブに通ったことが自分にとって大きかったと思うわ!」などという気持ちを持っていることです。

但し、真のモンテッソーリを実践されているのであれば、「右へ倣え」とは最も疎遠な教育ですから、日本の社会では「けったいな人」に分類される大人に成長しちゃいますよ!(笑)

その代り、決して人と群れたり人を苛めたりする人間、人の真似をして満足している人間に成長する可能性は極めて少ないと思います。

バカはバカなりに自分の頭で考えるクセが付いているようで、学生時代にバイトをしていた時も、「一流大学の学生って、自分で考えろよと言いたくなるほどまるで役に立たない人ばっかりやん」という話しを何度となく聞く羽目になったものです。

モンテッソーリ教育に関しては、【帝都大学へのビジョン】別冊2「子育て18切符」でも記しておりますので、子育て予備軍の方は是非ご一読ください。

「こうしなければいけない」のような愚かな子育て論ではなく、耳元で軽くアドバイスを囁くつもりの執筆であると同時に、知っておいた方がプラスに働いて良いだろうなというスタンスで執筆しています。

ですから、モンテッソーリを「英才教育」として捉えられたい方には、お気に召さない子育て論かもしれませんことだけを、あらかじめお断りしておきます。(実際、昭恵夫人とも英才教育とも縁遠い崇高な理念を持った幼児教育法であり、正規認定の保育所や幼稚園は少ないと思います)

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら