下のグラフは、オックスフォード大学ロイタージャーナリズム研究所が公表した2016年レポートで、ハード・ニュースとソフト・ニュースの何れにより興味があるかを調査した結果のグラフです。

ここで、

  • ハード・ニュースとは通常、政治、国際問題、ビジネスニュースなど、時宜にかなった重要かつ必然的なトピック
  • ソフト・ニュースとは、エンターテインメント・著名人ネタ(日本では主に芸能人ネタになるでしょう)・ライフスタイル(スポーツ・文化)のトピック

なる定義となります。

※画像クリックで拡大

このグラフを見てどう思われたでしょうか?

調査対象者は26か国のオンライン・ニュース・ユーザー5万人で、各国から少なくとも2000人がアンケート回答者として参加。日本人回答者は2011人。

正確なテスト条件などは私もまだ見ておりませんので正式な分析は差し控えますが、同じ土俵での国際比較という点と実感という点だけに依拠して見て見ると、なるほどと頷けてしまうのは私だけでしょうか?

ハード・ニュースの方に「より興味がある」と答えたのは、日本が調査26か国中最下位の49%。
韓国も似たり寄ったりの傾向を示しており、どっこいどっこいというところですね。

驚くべきは、ソフト・ニュースに「より興味がある」と答えた割合の高さが全ての年齢層で他国に比し突出していることですね。

確かに、18歳~24歳の層が他の年齢層よりもひときわ突出していることが特徴的ではありますが、全ての年齢層で突出しているのが何と言っても最大の特徴だと言えるでしょう。

日本が全体として幼児的な国であると見られる所以がこのグラフに如実に現れています。

ある程度予想されるのは、子どもたちは、やはり親の年齢層の幼児度にある程度引きずられることに加え、ここ数年に極値に達しつつあるスマホの誘惑がさらに相乗効果を与えているであろうことです。

【勉強しない子どもへの親の関わり】でご紹介した統計データ

保護者の普段の行動で、学力差が特に顕著に現れるマイナス行動

  1. スポーツ新聞や女性週刊誌を読む
  2. テレビのワイドショーやバラエティ番組を見る
  3. カラオケに行く
  4. パチンコ・競馬・競輪に行く
  5. 携帯電話でゲームをする

を、更に自ら戒めて子どもと向き合ってあげないことには、日本という国自体が安寧で安心できる生活をとても保証できない国に成り下がっていくかもしれません。

エンタメや芸能人ネタやスポーツの方にこれほどまで興味がいっているということは、学生にとっては勉強への意欲の喪失となって現れてくることは言うまでもありません。

巷の知識人の間では、これほど勉強しなくなった国が先進国でいられるはずがないだろうという悲しい予想が多く見聞きされる時代になって来ました。

勉強しなくなったのは、偏差値50~55の最も人数の多いボリュームゾーンの層であり、かつては偏差値55以上の層と変わらぬ勉強をしていた多くの高校2年生たちが2006年ではその半分の1時間しか勉強していないという現実があります。

スマホが普及したのはさらにこの後ですから、この後のデータは今や見るのも恐ろしい無残なものではないかと、最寄りの公立高校の姿を見るにつけて思ってしまいます。

私の妻は短大の教育学科卒ですが、それでも高校時代に最低2時間は勉強していた(70年代後半)し、物理や数学も分からないなりに一生懸命勉強したものだと最近の勉強時間のグラフの数値を見て目を点にしていました。

「物理は分かる分からないは別にして、男女問わず物理を勉強しなかった人なんて私たちの時代はいなかったでしょ。今結婚するとしても、物理を勉強しなかった男なんて結婚相手としても問題外やわ。」とすら仰います。