幼児的な国と評価される所以

下のグラフは、オックスフォード大学ロイタージャーナリズム研究所が公表した2016年レポートで、ハード・ニュースとソフト・ニュースの何れにより興味があるかを調査した結果のグラフです。

ここで、

  • ハード・ニュースとは通常、政治、国際問題、ビジネスニュースなど、時宜にかなった重要かつ必然的なトピック
  • ソフト・ニュースとは、エンターテインメント・著名人ネタ(日本では主に芸能人ネタになるでしょう)・ライフスタイル(スポーツ・文化)のトピック

なる定義となります。

※画像クリックで拡大

このグラフを見てどう思われたでしょうか?

調査対象者は26か国のオンライン・ニュース・ユーザー5万人で、各国から少なくとも2000人がアンケート回答者として参加。日本人回答者は2011人。

正確なテスト条件などは私もまだ見ておりませんので正式な分析は差し控えますが、同じ土俵での国際比較という点と実感という点だけに依拠して見て見ると、なるほどと頷けてしまうのは私だけでしょうか?

ハード・ニュースの方に「より興味がある」と答えたのは、日本が調査26か国中最下位の49%。
韓国も似たり寄ったりの傾向を示しており、どっこいどっこいというところですね。
この点で、韓国と日本は非常に似たもの同士と言えるでしょうね。

驚くべきは、ソフト・ニュースに「より興味がある」と答えた割合の高さが全ての年齢層で他国に比し突出していることですね。

確かに、18歳~24歳の層が他の年齢層よりもひときわ突出していることが特徴的ではありますが、全ての年齢層で突出しているのが何と言っても最大の特徴だと言えるでしょう。

日本が全体として幼児的な国であると見られる所以がこのグラフに如実に現れています。

ある程度予想されるのは、子どもたちは、やはり親の幼児度にある程度引きずられることに加え、ここ数年に極値に達しつつあるスマホの誘惑がさらに相乗効果を与えているであろうことです。

下記の記事とも併せてご一読いただければ、さらに参考にしていただけるかと考えます。

親の幼児度が子どもに引き継がれる

さて、【勉強しない子どもへの親の関わり】でご紹介した統計データから、

保護者の普段の行動で、学力差が特に顕著に現れるマイナス行動をピックアップしてみましょう。

  1. スポーツ新聞や女性週刊誌を読む
  2. テレビのワイドショーやバラエティ番組を見る
  3. カラオケに行く
  4. パチンコ・競馬・競輪に行く
  5. 携帯電話でゲームをする

を、更に自ら戒めて子どもと向き合ってあげないことには、日本という国自体が安寧で安心できる生活をとても保証できない国に成り下がっていくかもしれません。

エンタメや芸能人ネタやスポーツの方にこれほどまで興味が向いてしまっているということは、学生にとっては勉強への意欲の喪失となって現れてくることは言うまでもありません。

巷の知識人の間では、これほど勉強しなくなった国が先進国でいられるはずがないだろうという悲しい予測論議が多く見聞きされる時代になって来ました。

文科省:高校生の現状(2014年公表)

勉強しなくなったのは、偏差値50~55の最も人数の多いボリュームゾーンの層であり、かつては偏差値55以上の層と変わらぬ勉強をしていた多くの高校2年生たちが2006年ではその半分の1時間しか勉強していないという現実があります。

そういった意味で、今後、一般社会において企業や各種組織を支えていくべきBクラスの人材(社長も管理職も従業員も含め企業・組織を支える実質的な戦力部隊)が危ぶまれます。

少子化でも安泰なのは、極めて少数居れば十分なAクラスの人材だけかもしれません。
彼らは、世の中が堕落しようが共産主義であろうが、そんなことには我関せず、一途に研鑽し、その成果を確実に出していく人々です。

スマホが普及したのはさらにこの後ですから、この後のデータは今や見るのも恐ろしい無残なものではないかと、最寄りの公立高校の姿を見るにつけて思ってしまいます。

私の妻は短大の教育学科卒ですが、それでも高校時代に最低2時間は勉強していた(70年代後半)し、物理や数学も分からないなりに一生懸命勉強したものだと最近の勉強時間のグラフの数値を見て目を点にしていました。

「物理は分かる分からないは別にして、男女問わず物理を勉強しなかった人なんて私たちの時代はいなかったでしょ。」「物理だけは勉強しておかなくちゃ生活する上でも不便でしょ。今、結婚するとしても、物理を勉強しなかった男や「てこの原理」も思いつかないような男なんて結婚相手としても問題外やわ。」とすら仰います。

本記事の後続記事も併せてご一読いただければ、さらに参考にしていただけるかと考えます。

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら