アインシュタイン

先日記事にした脳細胞を働かせてちょう題第4問:バルマー系列の規則性を発見せよ!(1)「ボーアの原子模型に寄与したバルマー系列の発見は高校生の君にも辿れる!」は、もちろん高校生だけではないと思うのですが、予想以上にアクセスが多く『学力低下』などと叫ばれる状況の中での対照的な現象として何だか安堵した気持ちになりました。

『学力低下』というネガティブなテーマに関しては様々な議論があります。
僕自身はと言えば、主に高校生を指導していた90年代半ばにはそれほど感じることはなかったのですが、やはり昨今は『学力低下』を厳然たる事実として感じざるを得ないところはあります。

僕が、そう判断するのは次の根拠に依ります。

  1. 大学院での一つの研究に過ぎないとは言え、愕然とするような小学生の学力の実態に関するフィールドデータを目にしたこと
  2. 他のサイトを介してZ会のスタッフから目に見えて数学の学力は落ちてきていることを聞いたこと
  3. 共著の現職教師2名ともが、明らかに『学力低下』を感じて補強に苦労していること
  4. 我が下の子どもが中学1年から完全実施となった『ゆとり教育』での教科書を見て、「これはないよな!」と感じたこと

これらの実感に加え、『学力低下』を否定する説得力のある材料は見つからなかったこともあり、『学力低下』は確実であるというスタンスで語らざるを得ません。

但し、『学力低下』という現象そのものではなく、これをもたらしてきた原因の中に、君たちにも見つめ直せること、見つめ直してほしいこととして語るのが本筋ではないかと考えて書いています。

一度、アインシュタインの次の言葉に耳を傾けてみませんか?

『私の学習を妨げた唯一のものは、私の受けた教育である』

アインシュタインだからこそ言える言葉ではないかとの感じ方もあるとは思うのですが、僕は、これは誰にも当てはまる言葉だと思うのです。

確かにアインシュタインだけではなく、ノーベル賞クラスの方の言説からは共通して汲み取れる勉強に関する捉え方ですが、逆に言えば、それが分かっていたからこそ論功のある仕事が出来たと考えることができるのではないでしょうか?

即ち、君は制度から受ける教育というものに一方的に、過度に期待するところで自ら制動をかけているのかもしれまないよということです。

別な言葉で言い換えれば、「学習とは制度から受けるものだ」「知識は人から教えてもらうものだ」と思い込んでいるだけの受身が脚を引っ張っていることもあるのだということを今考えてみて欲しいということです。

僕たちが「帝都大学へのビジョン」で書いている「自分だけの独自の勉強タイムという軸」は、要するにこのことを言っているわけです。

僕たちは、如何に常識的な考えが人を縛り意欲を減退させるかを知っていますから、少し表現としては過激なところがあるかもしれませんけれど、極端な話、授業など聞かなくとも、いや聞かない方がずっと勉強が好きになるということは大いにあることなんですね。

僕たちのような凡庸な人間ですら、つくづくそう思うのですから、君たちが「勉強は人から教えられるもの」という常識に縛られていることはあるにしても、「授業が面白くないから勉強しない」というのは言い訳に過ぎないということを静かに考えてみて欲しいんです。


『学力低下』は、要するにこの言い訳度が広い中間層に拡散してきているということなんだと僕たちは分析するわけですが、何もなしにそうなるわけではなく、背景には、これを助長する社会的な要因がますます追い風として強くなってきているという社会状況があり、これと対応していることが大いに類推されます。

ですから、その背景をクリアーにしていかないと根本的な解決にはならないわけですが、その背景とは、

  1. より主語的な要因として、「勉強して世の中の役に立つより、儲けて豊かな生活を手に入れる方が楽で賢い」という価値観、もっと現実的な物言いでは、「勉強して良い会社に入っても、勉強せずにダラダラ生きても大差は無い」という価値観が定着していること
  2. ここに、ゆとり教育と携帯文化が共振を起こしてしまい、述語的な要因が完成してしまったこと

の2点に尽きるかと思うのです。

ここで少し考えておいて欲しいのは、今は過去の遺産によって残り少なそうな安穏さに甘えていられますが、この安穏さが長く続く保証はどこにも無いということです。
そして、過去の遺産は君たちが作ったものではないということです。

少し話は変わりますが、本来のマーフィーの法則は『失敗する可能性のあるものは、いずれ必ず失敗する。』というもので、世に有名なジョセフ・マーフィーの成功法則とはある意味表裏関係にある言葉なんですね。

製造業に携わっている方なら、これほど骨身にしみて分かる言葉はないだろうと思うのですね。
どこかに不安を抱えながら作ったものは必ず壊れますわ!(笑)
徹頭徹尾、自然の摂理には逆らえないということです。

考えてみれば、私たちが作り出した社会も例外ではありませんよね。
不安要素が噴出してきた現代社会こそ、ある意味この法則にある「いずれ必ず失敗する」時を待っていると考えておいた方が無難だということも忘れないで欲しいのです。

同じく、アインシュタインの言葉に次のような言葉があります。

『教育とは、学校で習ったすべてのことを忘れてしまった後に自分の中に残るものをいう。』

『自分の中に残ったもの』で自分の生活を、自分の人生を、日本の社会を作っていかなければならないということに他なりません。

『自分の中に残ったもの』とは何でしょうか?

それこそが、『叡知』という一言で表せるのではないでしょうか?

君のゆとりの時間を占有したであろう携帯やゲームが君の叡知を育んでくれたでしょうか?
それは、遺産として君にも社会にも残るものだったでしょうか?
その辺りを静かに見直して欲しいと願うばかりです。

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら