ここまでに、『比喩からお呼びのかかったanimal(1)と(2)』で動物を対照にした比喩に少し慣れ親しんでもらいました。

世界で、動物がどのような比喩として使われているのかを日本と比較して見ることで、英語や日本語や生物に少しでも興味が湧いたという諸君が現れたらそれだけで嬉しいのですが…。

今日の問題は、英語の知識だけじゃなく推論する論理力を育みます

受験英語 勉強の仕方例

さて、今回は「比喩」から「諺」にシフトして楽しんでみましょう。

基本的には、英語の諺などは、教科書で出て来たとか参考書で見かけたぐらいでしかお目にかかることはないですから、知らないのが当たり前です。

「一寸の虫にも五分の魂」を英語で表現しなさいなどという問題が出れば、センスのある人なら考えて英文にすることはできるでしょうが、それがイディオムとして慣習的に言われているフレーズと一致することはまずありませんよね。

ですから、ここでは通常使われているフレーズに対して動物名の部分を穴抜けとした問題としました。

対応する日本語の諺や言い回しも不明ですから、諸君は純粋に文章の流れ、文脈及び動物の特質から論理的に推論して答えを出さなければなりません。

諺自体が気に入ればフレーズごと覚えておけば、今後の教養に役立つでしょうし、会話に使えば一目置かれるかもしれませんので大いに覚えればいいのですが、それだけでは単なる知識に過ぎません。

この問題は、単に英語の知識を学ぶだけの問題ではありません。

論理的に考えればこれしかないという答えを導き出す過程を身に着けることができますから、まさに頭脳にとっては一石二鳥の優れものなんです。

動物が使われる諺たち!【今日の問題】

【問題】

下記のそれぞれのフレーズは、動物が登場する英語のことわざです。

(   ) の中に動物名を入れフレーズを完成するとともに、日本語で相当する諺があればその諺を、無ければ、その意味するところを簡潔に説明して下さい。

  1. When the cat is away, the (   ) will play.
  2. An ass is but an (   ), though laden with gold.
  3. ※lade = load(積み込む)

  4. Cast not your pearls before (   ).
  5. The early (   ) catches the worm.
  6. The (   ) thinks her own bird fairest.
  7. All his geese are (   ).
  8. Money makes the (   ) to go.
  9. What is sauce for (   ) is sauce for gander.
  10. ※sauce = ソース(調味料)

    ※gander = 雄のガチョウ

  11. A living dog is better than a dead (   ).
  12. The Blacksmith’s (   ) and the Shoemaker’s wife go barefoot.
  13. As a wolf is like a (   ), so is flatterer like a friends.
  14. ※flatterer = flatterする人 = へつらい人、おべっか遣い

  15. (   ) of a feather flock together.
  16. Wake not a sleeping (   ).
  17. He who runs after two (   ) will catch neither.

ことわざからお呼びのかかったanimal!【解答と解説】

When the cat is away, the ( mice ) will play.

鬼の居ぬ間に心の洗濯

「猫がawayである時に、(   )が遊ぶ」ということですから、自ずと「鼠」が思い浮かびますね。
そうなると、耳にしたことがない限り、”mouse”なのか”rat”なのかが迷うところになります。

今、大雑把に、”mouse”は可愛くて小さいハツカネズミ、”rat”は薄汚くてでっかいドブネズミというイメージで分類しておきましょう。

でも、分類したとしても、この場合どちらが適しているかは判断がつきませんから、これは実際に慣用句としてどちらが使われているかしか判断基準がありません。

論理を見るテストであれば、私なら”rat”でも正解にするのですが、慣用句としては”mouse”が正解になります。

あとは、”mouse”なのか”mice”なのか?ですが、続く助動詞が”will”ですから、これも判断がつきません。
しかし、普通に考えると猫がawayになって遊び回るのは1匹ではありませんよね。

An ass is but an ( ass ), though laden with gold.

金を積んでもロバはロバ

“is but”できょとんとするかもしれないですが、後続の文章を考えると、「金を背負わせても、ロバは(   )」という流れになりますから、論理的には「ロバ」以外の動物が入ってきたら奇妙ですね。

“An ass is but an ass.”という場合の”but”のように、”but”が”only”とか”just”のような意味合いで使われることもあるんですね。

「もっといいものであってもいいのに、(しかし)やっぱりロバだよ」っていうニュアンスとして理解すれば、結構使いどころってあるかもしれませんよ。

あまりいい使い方ではありませんが、「やっぱりバカはバカだな!」なんて日本語で何気なく使ってるのではないでしょうかね。

Powered by amaprop.net

そうだ!考えることのできる人になろう!今も昔も【Z会】


Cast not your pearls before ( swine ).

豚に真珠 or 猫に小判

「賽は投げられた」=”The die is cast”が何となくでも頭や耳に残っている諸君は”cast”で??になることはないですね。

普通は”Cast not”とは言わず、”Don’t cast”ですけれど、古くはこのように動詞の後に直接”not”で否定できたのでしょうね。

「豚」と来ればたいていは”pig”としてしまいますが、一般的な「豚」を指す場合は”swine”であることを覚えておきましょう。

The early ( bird ) catches the worm.

早起きは三文の得

“worm”はあまり出てこない単語ですが知っておきたい単語です。

所謂、「ウジ虫」ってやつですが、鳥がついばむ餌としての小さな虫のイメージです。

釣りをする諸君は、釣り用のエサを”worm”って呼んでるかもしれませんし、コンピュータウィルスで「***ワーム」なんて言葉もよく耳にしているのではないかな?

まぁ、「季節がwarmになるとwormが蠢き出すぜ!」なんて韻で覚えると覚えやすいかも…。

「早い(   )は虫を捕まえる」の意になりますから、朝早くに虫を捕まえるとなれば「鳥」しかありませんね。

続く動詞が”catches”と三人称単数型になっていますから単数形が答えになります。

The ( crow ) thinks her own bird fairest.

親の欲目・親に目なし・豚児も麒麟児

“fairest”はその形を見れば、”fair”の最上級ではないかということは予測がつくよね。

では、”fair”とは何かということになりますが、これは至ってメジャーな形容詞ですよ。
「フェアー」と聞けば、「フェアーにいこうぜ」なんて言葉からもイメージが分かりますし、「マイフェアレディ」の「フェア」を思い出すかもしれません。

言葉としては、淀みのない澄み切ったという綺麗な意味が込められていますが、中でも、後者の言葉には「色白で髪はブロンド」といった意味もかけられていると思われますよ。

さて、”her own bird”とありますから、「自分の子どもである鳥を最高にフェアーだと思っている」と読み取れますね。

そうなると(   )の中には鳥の名前が入るであろうことは推測できて、「自分の子どもはとっても澄み切って綺麗」と考えつつ、一方で「マイフェアバード」と考えてみるとどうでしょう。

「醜いアヒルの子」も想像されますが、実際には色白でない鳥が推測されますから、「烏(カラス)」が最適候補として浮かび上がります。

All his geese are ( swans ).

手前味噌・我が家楽の釜盥(かまだらい)

“geese”は”goose”の複数形だね、”mouse”や”goose”に限らず、単数形と複数形の変化は重ね塗るようにしっかり覚えておいてよ。

それとともに、”goose”が「ガチョウ」であることは誰もが知っているところだけれど、実は「雌のガチョウ」であることは認識していなかったのではないかな?

さて、上記の”her own bird”とは違って、”All his geese”は、”his”であることからも、自分の子どもを意味しているとは考えにくく、誰かが所有している全てのガチョウと考えるのが妥当。

となると、「彼が飼っているガチョウは全て(   )」という意味合いになって来るけれど、一般的にはガチョウはあまり良いもののイメージとしては引き合いに出されませんね。

どちらかというと、酷いものとして引き合いに出されることが多いですから、逆に美しいものの引き合いとして使われる鳥を入れてみるとどうでしょうか?

対称的な鳥は「白鳥」ですから、”swan”を入れると、「彼のガチョウは皆白鳥」という意味合いになります。

そうなると、「自分のものは、良くないものでも良く見える」という意味合いとリンクして来ますね。
この上の諺から「親の欲目」という条件を外した感じですね。

Money makes the ( mare ) to go.

地獄の沙汰も金次第

古い諺には韻を踏んでいるものが少なくありません。

このフレーズも”Money””makes”と来ていますから(   )の中には”m”で始まる動物が入るかもという発想も出来るんですね。

意味は「お金は(   )をも動かす」と考えるのが自然ですから、なかなかお金でも動かないほどの性格を持った動物ということになるでしょう。

ここまで来ても、なかなか論理では答えが出ませんので、ヒント”m”で始まるだけを手掛かりにせねばなりません。

“mare”を思いつけば、なるほどピッタリかもと思えますが、知らないとなかなか難しい問題ですね。

雌馬が扱いにくいというのは、厩舎でも共通認識のようですよ。

What is sauce for ( goose ) is sauce for gander.

甲(女)に言えることは乙(男)にも言える・おあいこ

“gander”は、まずお目にかかることはない単語なので、注釈で意味を明確にしておきました。

2つ前の諺で”goose”が出て来た際に、「雌のガチョウ」であることを述べましたが、これに対する「雄のガチョウ」が”gander”なんですね。

さて、意味合いは「(   )にとってののソースはganderにとってのソースである」ということになりますから、論理的に雄雌の反対語が入ることが妥当と考えられますね。

A living dog is better than a dead ( lion ).

死虎は鼠生に如かず

文章の流れから「生きている犬は死んだ(   )よりマシだ」という意味合いになりそうですね。

ということは、生きている価値の小さいものvs死んだ価値の高いものの比較対照と見なすことができますから、(   )には常に賞賛される動物が入ることが推察されますね。

それにしても、”dog”は何かにつけ価値の低いものの比喩に使われることは、少し憤慨ものですね。

The Blacksmith’s ( horse ) and the Shoemaker’s wife go barefoot.

医者の不養生

“blacksmith”は面白くて奇妙な単語ですが、これは知っておかねばなりませんよ。

“Smith”は英語の名前に非常に多いようですが、元々は「職人」の意味だったようですよ。

さて、文章の流れから、「鍛冶屋さんの(   )と靴屋さんの奥さんは 素足でgoする」となります。
「靴を作る職人の奥さんが靴を持っていない」ということは、お客さんの靴は作っても我が家の靴には気が回っていないということを表しているとしか考えられませんね。

ということは、鍛冶屋さんが作る靴と言えば、昔から決まっていますね。
“blacksmith”には「鍛冶屋」の一つの部門である「蹄鉄工」という意味も含まれます。

As a wolf is like a ( dog ), so is flatterer like a friends.

狼の犬似はへつらい者の友似

“flatterer”なる単語もなかなか出会うことはありませんが、”flatter” + “er” と考えられます。

ここで、”flatter”という動詞をしっかり覚えておくようにメモしておきましょう。
大学入試レベルでは知っておきたい単語ですからね…。

さて、文章の流れは”AS ~,so ~”構文ですから、「狼が(   )に似ているように、おべっか使いは友に似ているんだよ」となります。

答は「狼に似ている動物」ということになりますから簡単ですね。

ただ、後半から意味合いとして「類は友を呼ぶ」が連想されるかもしれませんが、狼と犬は群れているわけではありませんから、ちょっと違います。

「狼と犬は似ているから見分けがつきにくいように、おべっか使いも周囲にいる友達に似ているから見分けがつきにくいよ」ということで、まぁ言えば、よく似たものが集まっているところでは見分けがつきにくいという意味を含んでいるのですね。

( Birds ) of a feather flock together.

類は友を呼ぶ

(   )に入る動物は、”of a feather”で修飾されますから、ほぼ「鳥」であることは予想がつくのではないでしょうか?

次に、”flock”という単語は何となく想像は出来るのですが、「群」という名詞と「群れる」という動詞の意味があることは今覚えておきましょう。

すると、”a feather”は、一つの羽根を持っている=同じ羽根を持っていると解釈すれば自然に文章が繋がりそうです。

さて、実際には、”Birds of a feather”で「同類」とか「同じ穴の貉」の意味で慣用的に使われますので、慣用句としてインプットしておいてください。

Wake not a sleeping ( lion ).

寝た子を起こすな、やぶへび

ここでも、動詞の後に直接”not”で否定する文が出てきましたね。

フレーズとしては非常にシンプルで、「寝ている(   )を起こしてはいけない」ということですから、(   )には起こすとヤバイ動物が入るということになります。

そうなると、やっぱり素直に”lion”ということになるでしょう。

でも、片や”Let sleeping dogs lie.”という言い方もあるようですから、論理的には”dog”でも間違いとは言えないでしょうね。

犬を起こすと別の意味でヤバイということですかね?

He who runs after two ( hares ) will catch neither.

二兎を追うものは一兎をも得ず.

いきなり文章の流れを追ってみましょう。
「2つの(   )を追いかける彼は、どちらもchtchできないよ」

すぐに、日本語の諺が思い浮かびますね。

そして、当然の如く”rabbits”と複数形で答えを書くことでしょう。

しかし、英語の諺として問題になっている限りは、残念ながら不正解になってしまいます。

実際の諺としては”hares”が正解となるんですね。

雄と雌で名前が違うのも沢山ありましたし、動物の名前は、英語では意外に難しいものなんですね。

正確には、”rabbit”は穴ウサギ、”hare”が野ウサギという分類になるのですが、学校やお家で飼ってるウサギが”rabbit”で、野生のウサギが”hare”という括りで頭に入れておかれるといいと思います。

ウサギを捕まえるというアクションから考えれば野ウサギが妥当だということなんですね。