質問があった実際の数学入試問題を素材にして提供した資料を、高校受験をターゲットとした数学の作法としてご紹介しておきます。

この質問は【帝都大学へのビジョン】開設後のものですが、1995年から3年間開設したFAX塾の生徒の質問資料も一部出てきましたので、順次ご紹介して後世に残しておくことにします。

とにもかくにも、字が汚いことはお許し願いたい。
もともと字が下手くそな上に、多くのご質問やご相談に答えねばならないので、どうしても字にしわ寄せが行ってしまう。

数字を見たら何から成り立っているのかをまず見る作法


これは、探偵ガリレオになり切って回答していますね。

こちらの作法は、常に口を酸っぱくしてどこででも語っていますから、今さら解説する必要もないでしょう。

だから、

悪いが、この問題は僕には興味がない。

そして、僕は論文で式や計算を間違えることが多いから、人さまに教えるような資格はない。

のである。

栗林君が適任か推薦してみたが、どうしてもお前が書けというのだ。

要は、簡単なことだ。

数字を見たときに、その数字の姿のまま見つめてただ茫然としている子が如何に多いかということだ。

即ち、数字を分解して見るということを知らないか訓練が出来ていないというだけのこと。

一番単純なこの部分を押さえておかないから、学年が進むにしたがってどんどん数学嫌いになっていくのだ。

√ab=√a×√b なんて公式ばかり見て、数学が嫌になっているのは何とももったいない。
そりゃ、嫌にもなるだろうよ。

√6=√2×√3 なんて、宿題の中でいくらでも出て来るんだから、それを2,3回こなすだけで、勝手に覚えていることではないのかな?

まずは使ってみりゃ、勝手に覚えてるってことを体験しようよ!
それが出来ないなんて言うなら、バイトの仕事だってこなせないはずだわさ。

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。