Khan Academy(カーンアカデミー)

クリックで画像拡大

今日はFace Bookのお友だちからの教えていただいた情報をご紹介しておきます。

バングラデシュの貧しい家庭で生まれ、後に米国移民となった後、数学の才能を開花させてマサチューセッツ工科大学(MIT)で2つの学位を取得したのち、ハーバード大学で修士課程を取得したサルマン・カーン氏が、無料の教育サイトを起ち上げたというお話です。

「お金を取ったら、多くの発展途上国の子どもたちは学習できなくなってしまう」との理由から、1兆ドルのビジネスチャンスがあるから有料化して巨大ビジネスにしようとの誘いを頑なに断り続けたと言われているサイトです。

↓記事はこちら↓

Khan Academy(カーンアカデミー)という名称で学習ビデオとして提供されているわけですが、英語での解説だろうから関係ないわと早合点されると損をするかもしれませんよ。

実は、すでにこの無料学習ビデオでは日本語版でもかなり作り込まれており、しかも本家のようにログインせずとも閲覧できるようになっています。

現状(2016年4月現在)では、やはり算数と数学が圧倒的に多いのですが、経済や芸術史なども少し作り込まれ始めています。

最終的には、物理や化学、生物、天文などに加え、医学や看護学、政治経済、音楽、プログラミングなど幅広い分野で充実したビデオが閲覧できるようになるようです。

私も、早速といくつか見させていただきました。

小学校の算数から大学生の数学まで大量に揃っており、ともかくも一つの概念をしっかりと掴んでもらうための内容になっていますから、小学校から高校生の諸君は、習ったことの概念を見直すためにも、あるいは実際の問題でつまづいたときの見直しのためにも、都度開いて見ること自体が有益さをもたらしてくれると思われます。

内容自体は、概念を分かりやすく説明するにはスタンダードであろうという感じがしましたし、『子どもに教えるならこの程度には教えないとね!』という印象もあります。

カーン氏の従姉妹がこのビデオによって成績がグングン伸びたのだとすれば、それは、逆に、この程度の説明すらしない先生が居ることも事実なんだろうなということの裏返しかもしれないと感じてしまいました。

小学生なら保護者の導きによって、直接的にしろ間接的にしろ、これを上手く活用されると有効でしょう。

その導きは、ここでは『親の腕の見せ所』としておきましょう。

中高生では、自分が分からないところ、チンプンカンプンなところを一度見てみられることをお勧めします。

それで、少しでも霧が晴れたのであれば、どんどん図に乗って、当分はこのビデオで基本と徹底的に向き合ってみることで一躍視界が拡がることもあり得るのではないでしょうか?

それ以上に、全人的な教育という足枷が取れ、専門の知識周辺の知識習得と思考の練磨をしていくべき大学生には最も適しているかもしれません。

大学での数学となると、高校生までのように親切に教えてくれるものではありませんし、教科書もそんなに分かりやすく書かれているものはありませんから、自主的に概念を系統的に理解しようと努力しないことには、なかなか手に負えるものではありません。

見てみますと、解析学の金字塔とも言えるCauchyの【ε-δ理論】も非常に上手く説明されていましたし、テイラー展開・マクロ―リン展開など大学数学では必須の概念のビデオも見受けられましたから、利用価値は大いにあるでしょう。

残念ながら、我が愛犬の名前の由来である『ラプラシアン』や『ラプラス変換』はまだ見受けられませんでしたが…。

今でもそうかもしれませんが、私たちの時代の理工系では勉強についていけずに転学部する人も多く、医学部が合わずに再受験で理工系に入ってきたものの、勉強の難しさに着いていけず後悔しているというエピソードさえ聞かれました。

さて、もう一つ感じたのは、ナレーターの声のトーンというか明暗というか、そういう属性によっても生徒のノリが大いに左右されるのではないかということです。

これは、お子さんが学習塾に通われるにしても、先生との相性は付き物であることと対応しているかのようです。

私自身もFAX塾を起ち上げたときの経験から、結局は誰もが私の下にやって来るようになったこともあり、eラーニングで成功した事例はほとんど無いことは頷けるのですが、少なくとも概念把握・概念理解の段階においては、利用の仕方によって有効ではあると考えています。

利用の仕方は、ズバリ、習った時・行き詰まった時、その時に『just in time』でこの学習ビデオを見てみるということがベストですね。

学習意識の高い諸君は、予習として活用すると、学校や塾での講義が逆に『思い直し』としての時間となり、余裕のある効率的な勉強のサイクルが作れることでしょう。

ただ、それ以上の『考えること』の領域に入ってきますと、これはもう本当に調べたり盗んだりしながらの独力か師匠と弟子の関係性の中でしか鍛えていかれるものではないと考えます。


とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最初に、とある臨床医さんと学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • お子さんが、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • お子さんが、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら