2015年 東京大学文系数学(前期)第4問
↑クリックで拡大↑

問題を読んで、「さて何をしようか?」と着眼点を拾って方針を立て始めるところまでの脳内の動きだけをご披露しました。


今年も出ましたね!【確率の漸化式】

東大では、昨年度も【確率の漸化式】が出題されていましたよ。

昨年度は、見た途端に「いただきまーす」と思ったんだけれど、今年の本問題は本質の炙り出しに少し苦労すると思えました。

僕は、本質を炙り出そうと歩き始め、おぼろげに見えて来たところで、分子と原子をランダムに並べるイメージを連想したんですけれど…。

いずれにしても、旧帝大の近年の入試問題では【確率+漸化式】あるいは単に【数列としての漸化式】にボロボロお目にかかります。

ここまで流行っていると、逆に必須の勉強として皆が意識しちゃいますから、差が付きにくくなるかもしれませんね。

でも、判っちゃいてても本質を炙り出すことが出来なければ【漸化式】を使う所までたどり着きません。

特に確率絡みの問題は、今年の問題のように画像で記した後からが正念場です。
ここをクリアしないと、伝家の宝刀【漸化式】も持ち腐れになってしまいます。

やはり、普段から思考訓練をしっかりと積み重ねていくことが必要ですね。

思考訓練といえば、特に国語(『現代文』のみならず『古典』も含めて)では、言語思考力や論理性・感受性・想像性・表現力を磨くという認識をしっかり持って対象となる文章に向き合って欲しいということもついでに付け加えておきます。

【漸化式】は、20年足らず前にFAX塾に集まった生徒たちには、必ずその仕組みというかカラクリを教えたものです。

何故なら、【漸化式】の仕組みには、別に数学好きでない普通の生徒にでも、数学に興味を持ってもらうきっかけになったり、思いもよらぬ数学センスを開花させ得る大きな力があるからです。

僕たち自身は学校では、そのカラクリを教えられませんでしたが、受験雑誌でこれを学んで、「なるほど!そういうことか?」と感動した覚えがあります。

それからというもの、【漸化式】の問題が出ると嬉しくて嬉しくて涙がチョチョ切れましたよ!

ただ、指導した時の資料は大切にしまっておいたつもりなのですが、いつの間にか紛失してしまっておりました。

それで、【ビジョン】の話が持ち上がって以降に、【フィボなる・リュカる】で、いきなり【漸化式】から入るという形で再現させましたので、宜しければ一読ください。

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。