2015年 東京大学文系数学(前期)第4問
↑クリックで拡大↑

問題を読んで、「さて何をしようか?」と着眼点を拾って方針を立て始めるところまでの脳内の動きだけをご披露しました。


今年も出ましたね!【確率の漸化式】

東大では、昨年度も【確率の漸化式】が出題されていましたよ。

昨年度は、見た途端に「いただきまーす」と思ったんだけれど、今年の本問題は本質の炙り出しに少し苦労すると思えました。

僕は、本質を炙り出そうと歩き始め、おぼろげに見えて来たところで、分子と原子をランダムに並べるイメージを連想したんですけれど…。

いずれにしても、旧帝大の近年の入試問題では【確率+漸化式】あるいは単に【数列としての漸化式】にボロボロお目にかかります。

ここまで流行っていると、逆に必須の勉強として皆が意識しちゃいますから、差が付きにくくなるかもしれませんね。

でも、判っちゃいてても本質を炙り出すことが出来なければ【漸化式】を使う所までたどり着きません。

特に確率絡みの問題は、今年の問題のように画像で記した後からが正念場です。
ここをクリアしないと、伝家の宝刀【漸化式】も持ち腐れになってしまいます。

やはり、普段から思考訓練をしっかりと積み重ねていくことが必要ですね。

思考訓練といえば、特に国語(『現代文』のみならず『古典』も含めて)では、言語思考力や論理性・感受性・想像性・表現力を磨くという認識をしっかり持って対象となる文章に向き合って欲しいということもついでに付け加えておきます。

【漸化式】は、20年足らず前にFAX塾に集まった生徒たちには、必ずその仕組みというかカラクリを教えたものです。

何故なら、【漸化式】の仕組みには、別に数学好きでない普通の生徒にでも、数学に興味を持ってもらうきっかけになったり、思いもよらぬ数学センスを開花させ得る大きな力があるからです。

僕たち自身は学校では、そのカラクリを教えられませんでしたが、受験雑誌でこれを学んで、「なるほど!そういうことか?」と感動した覚えがあります。

それからというもの、【漸化式】の問題が出ると嬉しくて嬉しくて涙がチョチョ切れましたよ!

ただ、指導した時の資料は大切にしまっておいたつもりなのですが、いつの間にか紛失してしまっておりました。

それで、【ビジョン】の話が持ち上がって以降に、【フィボなる・リュカる】で、いきなり【漸化式】から入るという形で再現させましたので、宜しければ一読ください。

発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような根拠のない、いい加減な甘言は書いていません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら