そして、その文句の言葉通りの意味なら、コペル君も、とうに知っていました。

もし、この文句を記して「右ノ句ノ意味ヲ説明セヨ」なんて問題が国語の試験で出たら、今までだって、立派に満点を取って見せることが出来たでしょう。

しかし、言葉だけの意味を知ることと、その言葉によって表されている真理をつかむこととは、別なことでした。

コペル君は、やっと最近になって、自分を振り返って見るということがどんなことか、それを少しずつ知り始めたのです。

君たちはどう生きるか

中高生へのおすすめ100冊にも必ず入る著作であり、中学生のコペル君が経験する出来事を日記風に綴った実に平易な文章で綴られています。

ここまで平易な文章で、これほどの含蓄の深さを持した著作を私は見たことがないような気がします。

私の下の子どもが中学に入って以降のある日、家内から、「子どもたちにこの本を読ませようと思うのだけれども、どうかな?」と1冊の本を手渡されました。

それが、吉野源三郎氏の「君たちはどう生きるか」との出会いでした。

私も、中高生から大学時代にかけて、人生を考えるための書籍は、それなりに読んだつもりでしたし、たとえ読んでいなくとも大概の名前は知っているはずだと思っていたのですが、このタイトルも吉野源三郎氏の名前も初めて耳にしたんですね。

きっと、最近の作家に違いないと思っていたら、何と巻末には、丸山真男氏の著者への回想録が記されていたのです。

丸山真男氏の著作は何冊か読んだこともあるのに、40歳を超えた歳になって、吉野源三郎なる名前は記憶にもないとはどういうことだろうと訝しく思ったものです。

人間生まれてきて知らない事の方がはるかに多くして死んでいくのかもしれません。

ある意味、ありふれて且つ直截的と思えるタイトル名と中学生に読ませられる本という予備認識から、「まぁ、子どもたちのためにはいいんじゃないのかな」といった程度の気持ちでした。

出だしは、最初の章タイトルの「変な経験」という言葉通り、少々風変わりな印象を受けつつ、「なーんだ小説なのか~」と思いながら読み始めたのです。
難しい言葉もなく読みやすい文章で、まさに中学生向けとしてちょうどいいのかなと感じていました。

しかし、さらに章を進めていくと、ジワジワと深みが増して来ます。
内容が難しくなったのかと言えば、決してそういうことではなく、文章は淡々と同じように読みやすい調子で続いていくんですが、気持ちがどんどんとのめり込んでいくのですね。

日々の出来事やそこでコペル君が考えたことが日記のように綴られる中に、実に深い命題が埋め込まれていることを感じ始めます。

これを感じ、どんどんのめり込んでいくのは、私のような大人の場合は、既に過去に接した書籍や社会科学理論と関連付けることができるからかもしれません。

すなわち、実は、学者や知識人が専門書で紐解いている命題そのものが核にあるということです。

言わば、子どもにとっては、大人が方程式で解く問題を、子どもが××算として教えられるようなものだと言えばいいでしょうか。
大人になって読み返すと、「このときは、このことを読んでいたのか」と感慨深く思い返すといった代物になるのだと思います。

そう言った意味で、読み返す度に新しい味わいが出て来る書籍です。

勇気、友情、貧乏、誇り、裏切り・・・。
そういった「にんげん」に通じる深い深い命題を、どこにでもある日常の出来事を通して、中学生が理解できるレベルの至って平易な文章に還元して、しかも全く説教臭くなく、ここまで表現した著作は今までに例を見ない思いがします。

「目からウロコ」とは、本書を一読する中で感じることを表現するためにあるのかもしれないと思うほどでしたね。
そして、そのことはアマゾンのレビューを確認されてもお分かりいただけると思います。
70件以上あるレビューのほとんどが★★★★★という驚異的な感銘を与えているのですね。

一人の人間が育つにあたって最低限認識しておかねばならないことを、主義・主張・イデオロギーを超克して、実にフランクに語りかけているのが本書の特徴です。

我が子を育てるにあたって、例えば、人を傷つけてはならないとか人のものを盗んではならないとか、そういう当然のモラルを教えることですら押し付けであると考えるような認識の持ち主には、本書のような極めてフランクなメッセージにさえ不満を覚えるのかもしれませんが・・・。

さて、私は、「ルイ・アラゴンの言葉に寄せて」 において、現代社会の病巣の本質を突いているある部分について別ページで書きたいと記していました。

その「ある部分」とは、本著作では、おじさんがコペル君に教える「生産関係」という言葉で表現されている言葉なんですね。
この「生産関係」に関する認識や課題が、本書では一貫した軸として流れています。

生み出してゆく人は、それを受け取る人々より、はるかに肝心な人なんだ。



君たちは目下消費専門家なんだから、その分際だけは守らなくてはならない。

この引用文は、多分ほとんど引用される部分ではないかもしれませんが、この「生産関係」に関連しての認識の核となる言葉だと私は考えています。

「生産関係」と言うと、それだけで反発を感じる人も居られるのかもしれません。
しかし、中学生コペル君自身が「人間分子の関係 網目の法則」を発見したように、現実に自分自身が存在し得ている根拠に思いを馳せるだけで、この関係性が私たちの命綱であることは自明の理として認識されるのではないでしょうか?

素直に見つめれば分別できるはずのことが、日常生活では意識されない。
その関連性で繋がっているはずの個々の人間分子が、あたかも独立に自身だけの力で動けているかのように勘違いし、トマス・ホッブズの「万人の万人に対する闘争」が如き動きをしてしまう。

そして、「人間分子の関係 網目の法則」の中でより良い関係性を築くために、どのように分子運動を統一していくのかという、まさに、時代を超えて多くの知性が悩んできた課題が、この著作に流れるモチーフと私は捉えています。

現代社会において、私たちの未来のありよう、いや未来の存在自体の有無を左右する大きな問題点が、この二つの言葉にみごとに網羅されていると感じているわけです。


ここまでは大人が読んだ目でご紹介しましたが、中学生や高校生から見た本書の位置づけを考えてみたいと思います。

よく、中学生や高校生が、「何のために勉強なんてするの?」とか「勉強って社会に出て役に立つの?」なんて質問や愚痴を目にし耳にします。

でも、その多くは、勉強が嫌だったり成績が上がらなかったりする現実の現象そのものを合理化するための質問や愚痴であって、実際は質問する割には何も考えていないというケースが多いと感じるのです。

何も行動しなければ、何も考えなければ、その答えなど出せるはずもありません。
中学生や高校生だから考えなくてもいい問題ではなく、むしろ、この時期に勉強をすることの意味や生きることの意味を考えずして、何をすることがあるでしょうか?

もし、「何のために勉強なんてするの?」というような問いを発すれば、多くは「答えはないんです。君自身が考えなさい!」というありきたりな回答を貰うことになるでしょう。

しかし、この書には、はっきりと「何のために勉強なんてするの?」に対する答えが、おじさんによって明確に提示されるのですね。
私は、この明確な答えをすることこそが重要だと考えています。

何故なら、そこには「何故、人を傷つけてはいけないのか?」に対する答えと同じ重みのある、人間の人間たることの基本原理の認識が含まれているからです。

その認識を提示することもなく、いきなり、「あなたの自由でしょ!」と曖昧にして来たところに、現代の主たる悩ましき問題の元凶があることは間違いがないと思うわけです。

曖昧に、君自身の個性に属することだからと任せきりにするだけでは不十分なんですね。
これは、一生に渡って、冒頭の引用における「分際を守る」という部分と関わってくることは想像するにやぶさかではありません。

また、観点がコロっと変わりますが、数学や物理が苦手な人には、やはり「目からウロコ」の説明だと感じるであろう著述部分があります。

理系の私などは日常的な考えるプロセスでもあり、ましてや教え子たちを指導する時にはよく使う表現ですから、当たり前に感じてしまうのですが、そうでない方には、科学的、論理的に考えるということのプロセスが、意外に誰でも着眼するようなところにあるんだなということに感動していただくことが出来る部分かもしれません。

丸山真男氏も最後に付された回想で、このことを次のように語っています。

つぎつぎと想像をすすめていくというように「お話」をいいかえてみると、「天才」のアイディアは、にわかに私たち凡人にとっても身近な思考の仕方の問題へと相貌を変じます。

要するに、吉野源三郎氏には自然科学を子どもを指導する骨法も分かっておられたということであり、ダジャレ頼みの指導しかできない現代の指導者へのアンチテーゼとしての価値もあるかと思われます。

つまらないと思っている勉強も、こういう風に考えると、実に面白く身近に感じることができるよということを感じるだけでも、勉強に対する姿勢や取り組み方を変えてくれる契機になるかもしれません。

最後に付されている丸山真男氏の『本書をめぐる回想』がまた素晴らしい。

人生如何に生くべきか、という倫理だけでなくて、社会科学的認識とは何かという問題であり、むしろそうした社会科学的な認識の問題とは切り離せないかたちで、人間のモラルが問われている点に、そのユニークさがあるように思われます。


時代を反映しながら時代を超えた意味を持つところに、総じて「古典」と呼ばれるものの共通した性格があるとすれば、この作品を少年用図書の「古典」と呼んでもすこしも言い過ぎではないように思われます。

ともかくも、名著中の名著として、是非、お子さんはもとより大人の皆さんも一読されんことをお勧めしたいと思います。


これだけ言えば、もう君には、勉強の必要はお説教せずとも想像してもらえるのではないだろうか。

-答えは、実際にこの本を読めば分かります。是非、その意味を噛み締められてください。-

君たちはどう生きるか

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら