受験生の悩みから見えてくることとは?(1)

■失敗することを恐れていませんか?

同志社大学チャペル

僕が見てきた限り、「成績が伸びない」原因の最大且つ根源の原因はここにあります。

失敗への恐怖という気持ちが潜在的に染み付いていることが、次にお話しする「脳細胞をなぞる」作業の障害になっているからです

おそらく、小学校時代から、親や先生に怒られることが怖くて、誰にも見られない自分の頭の中だけで、こっそりと処理して「適当にごまかしておいてやれ」、「お茶を濁しておいてやろう」という気持ちが染み付いているのでしょう。

勉強の成績が伸びるという現象は、君が自発的に勉強しようとする姿勢の中にしか現れることはありません。
が、この姿勢を最も阻害している要因こそが、潜在化された【失敗を恐れる気持ち】なのです。
このことだけは頭に叩き込んでおいてください。

失敗への恐怖が潜在意識として染み付いている環境から離脱しないことには、勉強している多くの時間はムダの集積でしかありません。
これが、「勉強ができない」背景に横たわる現実の偽らざる姿です。

身に染み付いた失敗を恐れる心やそこから派生する消極性を取り除くための指導・誘導こそが、子どもが自力で伸びるフィールドに引っ張り出す前提条件となります。

「この講義出なくても構いません。この時間、他に自分にとって有意義な何かをしているなら、それをレポートにして提出してください。単位はあなたのものです。」
教養部時代に、森毅教授(現在は名誉教授)にありがたく頂いた言葉です。

きっちり、欠席させていただきましたよ。(決して褒められたことではありません)
でも、言われた通り、自分にとって有意義な時間に充てていました。
数学とは全然関係のないことでしたが、教授からは約束通り単位をいただきました。

ですから、それが勉強でなくとも、何がしか自分の向上ために一生懸命に時間を使って欲しい。
何をするでもなく何もせずにダラダラと時間を浪費して、充実感や単位をくれるほど「自由」は自堕落なものではありません。

弁明だけしておきますが、僕は授業にもあまり出ない不良学生ではありましたが、教科書は真っ黒になっていましたよ。

思い返せば、卒論のために自分で探してきたテーマを、こともなげに「面白いかもしれない。やってみるか!」と担当教授は承認してくれました。
海のものとも山のものとも分からぬ、研究室でも初めてのテーマ・・・。

学ぶ場で萎縮していたのでは、100%成果など出ません。
学ぶ場に自由が無ければ、100%成果など出ません。

小さいときに親御さんから「こんなことも分らないの?」などと言われた後遺症かもしれませんが、どうか克服してくださいね。
意を決して体さえ動かせば、容易に克服できるものですから・・。

何も言わない親の方が、反って子どもが伸びるケースがよく目に付くのも失敗を恐れる心を植えつけないことが大きな要素でしょうね。

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。