大人のお仕事確保のとばっちりでコロコロ変わる受験制度を逆手にとって、1ランク上に行くのもいいかも!

センター試験が2021年度から新しくなり、全面的に切り替わるのが2024年とか。

センター試験が変わる!

といっても、大して変わるものでもないでしょうね。

名称も変わるのでしょうけれど、文科省の謳い文句だけ変える言葉遊びの仕事作りのためでしょうか?

まぁ、英語力に英検やtoeicが加わるのが大きな変化と言えば変化。

日本語も確立できていない段階の小学校から英語を学びましょうなどと声高に方針打ち出す短絡ぶりもさることながら、「ゆとり教育」と同じく、結局は現場の先生任せにして、後は知らん顔がオチでしょうから、先生の資質がそこまであるのかを含めて、教師の負担を増やすばかり。

それに伴って、「基本知識力」に加え「思考力」が必要になる!?

そんなものは、昔から問われ、求められ続けていることであって、今に始まったことではないでしょうに、教育産業では「これからは思考力が問われる時代!」などとこれ見よがしの記事が百花繚乱。

そんなものは、戦前・戦後を通じて問われ、求められ続けていること。

まるで、保護者に何か対策せねばと思わせることで、教育産業を後押しすることが狙いかのようです。

どちらにしても、記述式が導入されても、どうせごく一部でしょうし、それとて本番試験の簡易版というだけのお話で、受験生にとってはやるべきことは何も変わりません。

センター試験だけで合格しようって考えの人なら焦るのも頷けますが、そんな力があるなら、普通に本番試験受けて1ランク上を目指すでのではないでしょうか?

過去に、思考力の要らない暗記だけで処理できる問題ばかり出す大学ってありましたっけ?

私なんか、「各大学の入学試験だけで何がいけないの?」って思ってしまいますが…。

今さら「思考力」「思考力」などと叫ぶのは、どんな有名大学でも昔から、ただ暗記だけで処理できる問題さえできれば合格できちゃうのが合格ラインですから、考えることをしない学生の割合が増えるのを問題視してのことでしょうが、そりゃぁ少子化で受験生の絶対数が減っている一方で大学側の定員はそれほど減らせていない中で、当然と言えば当然のことであって、全く本質ではないわけです。

しかし、これらのことは、保護者にとっての現実問題としてはどうでもいいことですよね。

もちろん、制度が変わる内容はきちんと把握して対処すべきは対処しなければなりませんが(そんなことも、学校が通達してくれるでしょうが)、本源的な部分は変わりようがありませんから、むやみに不安に思われることもありません。

そもそも、どんぐりころころの背比べのボーダーラインを、運でも何でもいいからクリアーできればいいという魂胆が自分を苦しくする元凶なんです。

学校で習う事柄の意味をしっかり理解して、それを実際に使ってみる作業を標準問題と少しハードルがある程度の問題でOJT(On the Job training)するという当たり前のことの積み重ねの結果が「考える力」を生み出してくれるということさえ理解し、実践していただければ、何も心配することないほど圧倒的な差で合格を掌中にできるということだけが確実なことです。

今回は、懲りもせぬ制度だけの上辺の改革を逆手にとらなければ、これからも何も変わらないことに気づくとともに、これこそ、「考える力」を備えた君やお子さんを少しでも多くできるチャンスという思いで、シリーズのコンテンツにしてみようと思い立った次第です。

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。