6×6×6×6×6×・・・・×6×6という計算があって、数えてみると式には6が666個ありました。

とても計算できませんが、この計算結果の十の位の数字さえ分かれば、世界のために大変役に立つことに利用できるそうです。

さて、君に貢献してもらえるのであれば、理由を添えて応募してみて!

さぁ、算数が出来る子も、いざやり始めているところを見ると、ごくごく当たり前のことしかやっていないよ。

できないと思って何も始めない子と違うところは、まず6×6から計算を実際に始めることだ。

要するに、難しいと思いこんで最初から「できっこない」などと思わず、計算できるところを実際に計算していくことしかしていないよ。

6×6=36

6×6×6 → 36×6

普通に掛け算の筆算を書くよね。

上に36、下に6を書いて左に掛け算マーク
線を1本引っ張って、6×6は36で3上がる。

3×6=18で、さっきの3が上がるから18+3=21。
これで答えの216が出来がる。

続いて、6×6×6×6 → 216×6

さぁ、やっぱり普通の掛け算の筆算だね。

上に216、下に6を書いて左に掛け算マーク
線を1本引っ張って、6×6は36で3上がる。

1×6=6で、さっきの3が上がるから6+3=9。

2×6=12。
これで答えの1296が出来がる。

ここまでやると、最初の一の位同士の掛け算はいつも6×6。

ということは、上の数字の十の位との掛け算はいつも3上がるよね。

かくして、アンダーラインの箇所と十の位が問われた理由が結びついて来ないかい?

ここから、君は何だけをしていけばいいのだろうか?
上で、最後の2×6=12は問われていることには一切関係のないことだから…。

ちなみに、6の自分以外の約数は1と2と3。

自分以外の約数を足すと1+2+3=6になっちゃう。

自分以外の約数を足すと自分になっちゃう数を【完全数】と呼びます。

次の完全数を探してみてごらん。

6にはまだまだ別のパワーが秘められているけれど、また別の機会にね!

発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような根拠のない、いい加減な甘言は書いていません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら