振り返れば奴がいる:日本語のコメント

柴犬ラプラスのインスタグラム英語002

振り返れば奴がいる🐾🐾

俺より格下の奴が「何をしてるん?」とおっしゃっている。
😵😵

俺は縄張りを荒らす猫の監視に忙しくて、お前さんには構ってられないんだよ。

このシリーズの意図と目的

さて、僕はインスタグラムのコメントをいつも英語でも書くようにしているよ。
ただ、僕はキーボードが打てないので、おっ母しゃまに打ってもらってるけれどね。

それで、たった2ヶ月なのにフォロアーが1000人を超えちゃった一つの要因かもしれない。
楽しみだってコメントも頂いたしね。

君も是非、僕の日本語のコメントを英語で表現してみて。
僕なんか犬だからかもしれないけど、間違ってても当たり前だと居直ってるから怖いもの知らずだぜ。

だから、下に僕の英語をお父っしゃまが添削した例を書くけれど、お父っしゃまの表現が正しいなんて思い込まないで欲しいんだ。
お父っしゃまも単なる技術屋だし、ここでは正しい英語を教えたいんじゃない!

英語が何だか面白くない、英語や英会話をマスターしようと思ってはいるけどすぐに挫折する人に、もっと面白いもんだという気持ちや興味を持ってもらうために僕は起ちあがったというわけさ。

そこを経ないと正しい英語を学ぼうなんてスタート位置にすら立てないからね。

受験指導の先生にチェックしてもらえれば、沢山減点されるかもしれないけれど、そんなこと怖がってちゃ英語なんか好きになれないじゃん。

先ず、「英語って面白そうだなぁ」とか「表現ってあまり難しく考えない方がいいんだ」なんてことを体で味わっていかなきゃ好きになんてなれるはずがないよ。

「私は犬を飼っています」を英語に直しなさいって言われて「飼う」って単語を調べちゃうのが日本人の悪い癖。
受験の英語だけをやっていると陥る落とし穴らしいよ。

とは言っても、簡単に表現するってことも、やっぱり具体的に経験したり知っていないと分からない!
コミュニケーションの英語が楽しいと思うようになれれば、そこから受験英語との二刀流を心得るだろうから、受験英語だけの友達よりはるかに生きた英語を身に着けることになるんじゃないかな。

「へぇ!」とか「ホンマかいな?」とか「こんな簡単な単語でいいんだ!」とか「間違ってるじゃん!」とか思って、「僕なら、こういう表現にするね!」って結論まで出してくれたら最高に嬉しいという気持ちだけなんだ。

お父っしゃまが書いている「英語の勉強の仕方例」もとっても視点がユニークで英語に興味が湧くかもしれないけれど、コミュニケーション英語とはちょっとフィールドが違うんだよね。

僕の口から出た拙い英語表現

を、お父っしゃまに見てもらったら、「今回はこれでいいんじゃない」と言ってもらえたのがこの英文。

でも、お父っしゃまも英語のカタログや論文を読む程度の単なるエンジニアだったから、正解だとは思わないでよ。

英語に臆病にならずに使ってみよう精神だけを真似してね、僕のように…

Looking back, there is my buddy. 🐾🐾

She who is placed under than me is saying “What are you doing?” 😵😵

I am busy watching cats that roughen my territory, so I don’t have time to deal with you.

僕の考えやら慣習的な常識やら

「振り返る」って結構使うんじゃねぇ?

「振り返る」とくれば、普通は”turn around”辺りが出てくるのだろうけれど、僕はとっさに”look back”しか思いつかなかった。

この写真を見ての上だから、”look back”の方が出て来たんだろうな!

“look”は日常会話でもよく使うからバカの一つ覚えでいろいろと使い倒そうじゃないか!

日本語で「振り返る」なんて言わなくたって、例えば、前を歩いている友達に「ちょっとこっち見て!」なら、”Please look back!”でいいじゃん。

あとは、過去を振り返るってときにもこれで通じる!
「今思えばいい思い出」なんて、いつかは必ず使う言葉だよね。

“Looking back now, it is a good memory.”
「今思えば…」を”If I think now”なんてすると、君はあまりにもカチコチ過ぎ。
仮定するのはちょっと違うんじゃないかな?

“look” “watch” “see”


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような根拠のない、いい加減な甘言は書いていません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら