チニバ(Tiniba) 500mg | トリコモナス症治療薬

チニバはチニダゾール(Tinidazole)のジェネリック薬

チニバ(Tiniba) 500mgは、チニダゾール(Tinidazole)[旧名:ハイシジン]のジェネリック薬で、インドのザイダス ヘルスケア(Zydus Healthcare)社が製造しています。

先発薬のチニダゾール(Tinidazole)は、世界のファイザー(Pfizer)社からはファシジン(Fasigyn)やシンプロタン(Simplotan)の商品名で、日本では富士製薬から「チニダゾール錠 XXXmg「F」」(旧名称:ハイシジン錠 XXXmg)の商品名で製造販売されています。

チニダゾールを有効成分とする、原虫感染症に対して使用されるお薬で、主にトリコモナス症治療に適応されます。

元々の開発元はファイザー(Pfizer)社であり、日本では富士製薬がチニダロール錠「F」として先発薬扱いとなっている背景は下記をご参照ください。

※チニダロール錠は、元はPfizer(ファイザー)が開発したお薬で、日本でも1982年以来、10年余り先発薬として活躍してきましたが、日本での製造販売は中止されました。

※その後、1992年より富士製薬のハイシジン錠がジェネリックとして承認され、日本における先発薬の役割を果たしており、2013年よりは医療事故を防止するために、チニダロール錠xxxmg「F」と製品名を変えて現在に至っています。

※Pfizer(ファイザー)は、ファシジン(Fasigyn)あるいはSimplotanの名前ではEUを中心に製造販売を継続しており、ライセンス契約あるいは売却によって、アメリカでは”Tindamax”、アジアでは”Sporinex”といった製品名で使われています。

※ファシジン 250mgと500mgの内、500mgがグローバル市場製品として今でも世界に供給されています。

さて、使用者にとって最も迷うのは、本薬の有効成分の容量と日本で処方されるチニダゾール錠2種類をどのように考えるかだと思いますが、そのあたりはファイザー社の用法・用量を後述していますのでスッキリすると思います。

誰一人として、こういったことを教えてくれる人は居ないと思いますので…。
基本的には、薬の服用をすぐに忘れてしまう人にとって好都合な単回使いに適した容量になっているということです。

ちなみに、ファイザー(Pfizer)社の先発薬ファシジン(Fasigyn)は、このジェネリックよりも少しお高い程度のお値段ですから、ジェネリックは嫌だという方は、こちらを選ぶこともできます。

「チニダゾール」や商品名としての「ファシジン」はトリコモナス症治療に有効なお薬として多くの方がその名前を知っておられることでしょう。(効果・効能は後述参照)

但し、アメリカだけではありますが、FDA(アメリカ食品医薬品局)は下記の疾患も適応症として認可していますよ。

  • 細菌性腟症
  • アメーバ赤痢
  • ジアルジア鞭毛虫症(ランブル鞭毛虫感染症)

腟トリコモナス症治療薬の選択肢全体を知っておかれたい場合は下記をご参考ください。

チニバ(Tiniba) を製造しているザイダス ヘルスケア(Zydus Healthcare)社はジェネリックで世界を席捲するインドの製薬会社のベスト6に入るZydusグループのCadila Healthcareの子会社です。

トリコモナス症の治療薬チニダゾール(Tinidazole)のジェネリック医薬品であり、先発品と同等の成分・効果でありながらお安く購入することが可能です。

但し、「チニダゾール(Tinidazole)」もそのジェネリック薬も処方薬ですから、医師の処方なしには手に入れることはできません。

ですから、特に大した診察も必要なく、単に決まりきったお薬を服用するだけの場合は、健康保険が適用される大部分の方においては、処方箋だけを書いてもらって、国で承認されたジェネリック薬だけを処方箋薬局に取りに行くことが最も経済的と言えます。

ただ、「チニダゾール(Tinidazole)」そのものや海外のジェネリック薬を個人輸入で入手することは可能です。

その利便性と、いちいち医師の処方を貰うのも面倒くさい気持ちが相まって、個人輸入に頼るニーズはかなり多いと見受けられます。

余談ですが、トリコモナス感染症は猫にも多く見られる原虫疾患で、症状として大腸性の下痢を発症することが多いとされます。

2歳くらいまでの子猫に発症しやすく、人と同様にトリコモナスに感染した猫の90%が無症状であり、無治療のまま2年以内に改善すると言われています。

猫に感染するトリコモナスの種類は、「トリコモナス・フィータス」と呼ばれる種類が最も多く、感染力も強いとされます。

ペットに関してのジアルジア症では、メトロニダゾールを有効成分とする『フラジール』をご紹介していますが、トリコモナスに感染した猫の場合は「チニダゾール(Tinidazole)」の方が有効であると言われています。

ジェネリック薬あるいは先発薬の個人輸入による購入について

私自身も、毎月毎月薬を貰うためだけに診察を受けていますから、お薬代を節約するために、ジェネリックはないかと調べたほどで、お気持ちはよーく分かります。

海外のジェネリック薬があれば、健康保険を考慮したとしても、コスト的にはどっこいどっこいであることも分かりましたので、個人輸入もアリかなと考えていました。
もちろん、自己責任は十分承知してのことです。

決まりきったお薬なら、お国に保護された医療や医薬品業界にご奉仕するより、診察は半年に1度程度としてもらって、普段はともかく海外ジェネリック薬にしてみようと考えたのですが、悲しいかな海外でもジェネリック薬がないのでした!

しかし、先発薬のアボダート(Avodart)でも3箱=3か月分まとめて購入しておけば、かなり安上がりになる事を確認できましたので、「大した治療もないのに、まだ毎月通院してるん?」と娘から言われたこともあり、作戦を考え始めています。

PSAマーカ値の推移から、ほとんど前立腺がんの可能性は消えたと考えられますし、前立腺肥大だけのことで副作用が出ない限りはアボルブとは一生お付き合いするばかりかなという段階です。

可能性は消えたと考えた根拠は、「ご主人が前立腺がん? | PSAマーカから生検行きの不思議」をご参考ください。

そこで私も処方箋を貰うだけは貰って(先生は実際に薬を購入したかどうかまでは分かりません)、実際のお薬はアボダート(Avodart)を個人輸入しようと2019年に決意しました。

自分には適用できなかったとしても、ワンちゃんのフィラリア予防やノミ・ダニ駆除では今まで大いに節約できてきました。

ペットには保険が適用されない分だけ、ジェネリックでない先発薬でも大きな節約になりますからね。

ジェネリック薬の個人輸入の場合ですと、通常の先発薬を保険が利いて購入する場合比べ、少し割安~トントン程度の出費ですが、先発薬の個人輸入の場合はかなり割高になります。(それでも、2,3箱で購入すると一挙に保険適用した場合より経済的になります)

以下のような場合で個人輸入での医薬品の購入を検討される方が多いと思うのですが、あくまで、ご自身の考え方と自己責任において行わなければなりません。

  1. 何らかの健康保険に加入できていない場合(3~4%)
  2. 疾患に対してお薬が保険適用にならない場合
  3. 実質的に決まりきった処方薬を貰うだけなので、処方箋だけをもらって、同じお薬を個人輸入で節約したい場合
  4. 特に重大な病気ではないので、初診以降は処方薬だけが欲しい場合
  5. 対象の薬について十分な知識と使用経験があり、日頃から日常薬として常備しておられる場合

最も気になる点は、「処方箋は購入しないといけない」とか「購入しないと担当医にバレてしまう」という点ではないでしょうか?

実際は、処方薬を処方箋薬局で求めなかったとしても、医師には分からないことですし、そもそもが、処方薬を飲むか飲まないかは個人の自由選択だということを知らない方も多いのではないでしょうか。

もし、個人輸入で購入しようと決断された場合に、注意しなければならない点は、

  1. ペット用は先発薬と同一品レベルでも節約効果が大きいですが、人間用はジェネリック薬でないと節約効果は少ない
  2. 人間用であっても、常備薬として2,3箱単位で揃えておくのであれば、先発薬でも節約効果が出る
  3. 医師は処方薬を実際に購入されたかどうかは把握していないが、個人輸入で同等品を代替もしなかった場合で効果が出なかった場合には、より強い薬を処方される場合がある。
  4. ジェネリック薬の場合、得体のしれない薬品会社の製品は避ける(厚労省の注意喚起する点)
  5. 副作用などのトラブルがあっても保障はない(厚労省の注意喚起する点)
  6. 偽薬を販売した前歴のある販売業者は避ける(厚労省の注意喚起する点)

といったところになるでしょうか。

ペットの薬では、先発薬そのものが多く、ジェネリック薬でもインドの大手製薬会社が製造しているものが多いですので、販売者さえ見極めることが出来れば、それほど心配はないと思いますが(私も信用しているわけではありませんが、大手だって何をしているやら分からないという不信も染みついています)、問題は人間のお薬です。

厚労省の注意喚起するような点において、その違法性で大きな問題になっているのは、ほとんどがED治療薬や経口避妊薬、痩せ薬の類で、たいていは名前だけでも胡散臭いと思うようなの製品、且つ、得体のしれない会社が製造元であり、ケバケバしい宣伝をしているものが大部分です。

少なくとも、先発薬はもちろんジェネリック薬でも、各国の指折りの製薬会社の製品の偽薬が出回った例は、私が知っている範囲では、ほとんど見かけたことがありません。

チニバ 500mgでお薬代の比較

「チニダゾール(Tinidazole)」は、日本では200mg及び500mgの2種類で処方されます。

尚、先発薬ファシジンではグローバル市場製品として500mgが販売されており、ジェネリック薬チニバでも500mgが販売されています。

トリコモナス症に起因する腟炎及び外陰腟炎治療においては1回200mgを1日2回で1週間継続、または1回2000mgの服用になりますので、処方薬としては後者では500mgを4錠という計算になります。

そこで、チニバ 500mg 1箱=500mg×100錠(トリコモナス症の場合で2000mgの単会投与が25回分)を基準に比較します。

個人輸入の場合、2箱(場合によって3箱)以上になるとケタ違いに単価が下がる(2箱で約25%ダウン:本薬の場合は保険適用時の半額以下)ことも頭に入れておかれてください。

ただ、前述しましたように、ファイザー(Pfizer)社の先発薬ファシジン(Fasigyn)は、このジェネリックよりも僅かに高いお値段程度ですので、ジェネリックは嫌だという方は、今ならこちらを選ぶこともできます。

チニダゾール(Tinidazole)
500mg×100錠
=病院処方=
チニバ500mg×100錠
=ジェネリック薬=
=通販購入(個人輸入)=
イメージ

チニダゾール(Tinidazole) 500mg
画像は旧名称:ハイシジンの画像

チニバ 500mg

価格 保険適用:4,550円(非課税)
保険適用外:14,500円(非課税)
5,124円(税込み)
3,874円(2箱購入時単価)
詳細ページ チニバ500mg(チニダゾール)

※「病院処方:保険適用」は薬価×0.3 + 処方箋手数料・技術料etc(1回と仮定、及び1回800円と仮定)から算出。

※「病院処方:保険適用外」は薬価 + 処方箋手数料・技術料etc(1回と仮定、及び1回2,000円と仮定)から算出。

※薬価は2019年10月以降の薬価です。

  • チニダゾール錠 200mg「F」:46.9円
  • チニダゾール錠 500mg「F」:125.0円

※「病院処方」は受診が前提ですので、別途、検査費・診療費がかかります。

※「通販購入」は2箱以上での購入の場合、ケタ違いに単価が下がります。

※「通販購入」はショップや購入金額により送料がかかる場合があります。
(上記価格の参考としている「くすりエクスプレス」は全国無料)

※「通販購入」の価格は変動することがあります。
また、セールやセット販売がある場合には、さらに単価は下がります。

日本薬局方の「チニダゾール(Tinidazole)」の効能・効果

チニダゾール錠 200mg「F」/ 50mg「F」

【効能・効果】
トリコモナス症(腟トリコモナスによる感染症)

【用法・用量】
チニダゾール錠200mg「F」
チニダゾールとして、通常成人1クールとして1回200mg、
1日2回、7日間経口投与する。
又はチニダゾールとして、通常成人2,000mgを1回経口投与しても良い。

チニダゾール錠500mg「F」
チニダゾールとして、通常成人2,000mgを1回経口投与する。
投薬終了後、腟トリコモナスを検出した場合は、投薬終了時より少なくとも1週間ぐらいの間隔を置いて再投与する。

チニダゾール錠 200mg「F」/ 500mg「F」 添付文書

ファイザー製薬の「ファシジン(Fasigyn)」の用法・用量

「ファシジン(Fasigyn)」の膣トリコモナスに関する用法・用量は、日本におけるチニダゾール錠500mg「F」の用法・用量と同じです。

トリコモナス症

膣トリコモナスの感染が確認された場合、配偶者の同時治療が推奨されます。

  • 成人:2,000mgの単回投与
  • 小児:体重1Kgにつき、50~75mgの単回投与。
    この用量を繰り返す必要があるかもしれません。

非特異性膣炎

成人:非特異性膣炎は、2,000mgの単回経口投与で成功裏に治療されています。

連続2日間の2000mg単回投与で、より高い治癒率が達成されました(総投与量4000mg)

チニダゾール(Tinidazole)及びジェネリック薬チニバの場合、使い方によって服用量・服用回数が違ってきますので、十分に添付資料で確認の上、正しく服用してください。

いずれにしても、安易な医薬品の使用は危険ですから、必ず服用規則を守りましょう。
初めての服用の場合は、まずは病院で処方してもらうことをおすすめします。

節約に適したケースでご利用される場合は、業者の選択には細心の注意が必要です。
歴史があって、長期間にトラブルや偽造品販売の前歴のない大手業者を選ぶのが無難です。

もう1点、怪しげな中小の業者から経口避妊薬やED関連、健康食品やサプリなどは買わない方が無難です。

本サイトでご紹介している「くすりエキスプレス」さん。
お薬の出荷は、当然、通常よりは遅れていますが、順調に出荷されています。