モモ-限りある資源「時間」

2000.10.15著

三人のきょうだいが、ひとつの家に住んでいる。
ほんとはまるでちがうきょうだいなのに、
おまえが三人を見分けようとすると、
それぞれたがいにうりふたつ。
一番うえはいまいない、これからやっとあらわれる。
二番目もいないが、こっちはもう家から出かけたあと。
三番目のちびさんだけがここにいる、
それというのも、三番目がここにいないと、
あとのふたりはなくなってしまうから。
でもそのだいじな三番目がいられるのは、
一番目が二番目のきょうだいに変身してくれるため。
おまえが三番目をよくながめようとしても、
そこに見えるのはいつもほかのきょうだいだけ!
さあ、言ってごらん、
三人はほんとはひとりかな?
それともふたり?
それとも-だれもいない?
さあ、それぞれの名前をあてられるかな?
それができれば、三人の偉大な支配者がわかったことになる。
彼らはいっしょに、ひとつの国をおさめている-
しかも彼らこそ、その国そのもの!
その点では彼らはみなおなじ。

ミヒャエル・エンデ著  ”モモ” より



さて皆さん、だんご三兄弟も真っ青の強力ライバルの正体、
お分かりになりましたでしょうか?


ミヒャエル・エンデ氏の代表作”モモ”の一節ですが、
既にお読みになった皆様は思わずニンマリかもしれませんね。

「時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子の不思議な物語」
というサブタイトルがついた、ほんに不思議なメルヘンです。
この物語にでてくる、カシオペイアというかめさんが、この物語の味わいを一層深いもの
にしてくれていると思います。

エンデ氏には至って迷惑なことだと思うのですが、私は自分の魂がエンデ氏の魂と
完全に共鳴していることを覚えずにはいられない一人として、「モモ」はというより
エンデ著作は全てお奨めできると確信しております。
年末には再度このコーナーにお目見えする筈です。
ミレニアム最後のメッセージとして・・。

私たちのかけがえのない人生の”時”。
今、願い事が適うならば何を欲するかと問われれば、私は迷うこと無く
”時間を取り戻してほしい”と願います。

皆さんは如何でしょうか?
今生きてるこの瞬間-1分1秒が、惜しいほど無残に通り過ぎていきます。
街を歩いていると、
「そんなことする時間があるんやったら、おまえの時間をくれ」
と思うことも正直な話、ままあります。
皆さんはありませんか?

昔、お偉い人はどうおっしゃいましたでしょう?!
「経済成長。自動化。ロボット。家庭労働の軽減。・・・・。
 それは、人間により創造的な仕事に関われる場と時間を提供する。」

うそばっかり!!です。
先人や私たちが築いた財産は全て、どこか訳のわからないところに
吸い上げられているのではないですか?

蓄えられた余裕の時間は築き上げた人間とは何の関係もない人に、
断りも無く贈呈され、それが又つまらぬ時間に浪費される・・。
なんと素晴らしい循環社会!

豊かな時間を欲する人にとっては、
さながら奴隷工場といっても過言では無いように
私には思えます。

「天よ、我に仕事を与えよ!」と嘆いた故奥平剛士氏の言葉は、
私たち40代の年代になると「天よ、我に時間を与えよ!」という
メタファとして響いて来るように思います。

世の中には、思う以上に多くの”インテリジェンス”や”良心”が確かにあります。
しかし、一つ一つは、”インテリジェンス”や”良心”であるが故に力を持てないし、
持ち得ないものになっています。

あのこてんぱんにやられました横山ノック元大阪府知事ですが、こういった類
は信じられない程、いとも簡単に何故か力を与えてもらえるわけですが・・。
(与えて貰った方ばかりがこてんぱんにやられ、与えた方は無罪放免というのも私には
納得できかねます。東京の真面目さに比し大阪はなんだ!という感は否めません。)
選んだ選挙民は自らを恥じるべきですが、選んだ自分は責めない!
実に不可思議な神経です。

文化とは本来、私たちの社会と隔離されたものではなく、政治や経済と同じように
社会のエネルギーの一つとしての生きたものである筈です。
しかし、何故か”文化”は生きる社会とは別のところにうやうやしく奉られた飾り物
ぐらいにしか扱われません。
たまにもてはやして飾っておくだけのものです。
と言うのも、飾り物にしておかないと損をする連中がそのようにしているだけという
側面とともに、何よりも私たち一人一人が無意識に単なる飾り物にして、実社会とは
無縁の空想とか夢物語の世界に閉じ込めているということなのだと思います。

こういった”インテリジェンス”や”良心”という文化が人間社会に対し発言力を
持てる条件は、
ひとえに一人一人に本来的な要求を目標にしたいという健全な文化が
根付くことにしかありません。

政治を冗談や好奇心や私利私欲で弄ぶ文化と対峙する文化を築き上げることは、
実はみんなの本音での部分での要求だと私は思っています。
エンデはそれを文章で語れる数少ないメルヘン作家だと思います。


その不思議さは、その面白さは言葉では言い尽くせないものがあります。
是非ご一読下さい。

*池波正太郎氏の著書から引用して下さいというご要望を頂きました。
 私自身は池波正太郎氏の著書に接したことがありません。m(__)m
 逆に教えて頂ければ幸いです。是非投稿下さいませ。

ミヒャエル・エンデについて~現代における世界に無比の良心~

エンデといえば、その代名詞ともなっている作品は『モモ』
おそらくファンタジーとメルヘンの最高峰ではないかと思います。
『モモ』に限らず、エンデの繰り出した作品はその全てが深い洞察と愛に満ちています。

おそらく、政治屋やホリエモンが如き人種は、こういう類の本を読んだことはないでしょうね。

だから、本当に社会から尊敬されるインテリ人間に育てたいと考える多くの親御さんには、
是非とも子どもさんに読ませてあげて欲しいと願います。
迷うことなく、
親が子どもに読ませたい作品のNo.1にはエンデを挙げさせて頂きます。
何故なら、

エンデは最も素晴らしい世界の良心の一人であることは間違いが無いと思うからであります
世界は必ず『エンデの遺言』に耳を傾けざるを得ない時が、必ずややってくるでしょう。

エンデのメルヘンの中でも、
最もお気楽に楽しめる作品が『魔法のカクテル』
こちらは低学年からでも読め、大人もとても楽しめる珠玉の作品です。
一気に読んでしまいたくなるタイプの作品です。
ウイットと風刺の効いた『魔法のカクテル』の味わいにあなたもきっととりこになるでしょう!!

エンデの『モモ』を読まずに人生を生きるとすれば、これほど時間の無駄遣いはないでしょう。
エンデの『モモ』を読まずに人生を終わるとすれば、これほど可哀そうなことはないでしょう。
『モモ』は、それほどの輝きを持つファンタジーです。
小学生から読めますが、その真意を汲み取るには
繰り返し読むというある程度の時間と成長が必要です。
私は、彩を添える亀さんカシオペイアが大いにお気に入りです。
人間にとって『時間』とは何か? とともに、
『時間銀行』でのお利息という部分で、エンデの金融に関する洞察とも大いにオーバーラップし、
その部分を対比して社会を見つめ直すのも面白いのではないでしょうか?

文化・生活関連記事人気ランキング(通販・CAD・教育除く)

訪問者数ベスト1~5

  1. ルイ・アラゴンの言葉に寄せて

    教えるとは希望を語ること

  2. 柴犬ラプラスの食事と体重の推移(生後3ヶ月まで)

    柴犬の成長が心配!

  3. 原発性胆汁性肝硬変(PBC)

    我が母の介護のつれづれ

  4. 光線療法と皮膚(湿疹・乾癬・ニキビ)

    万病を癒すのは光かもしれない!

  5. 原発銀座 若狭から~小浜 明通寺 中島 哲演 住職と広瀬 隆 氏~

    我が友に案内された若狭の憂鬱

訪問者数ベスト6~10

  1. 鉄腕アトムと小出裕章教授の脱原発への願い

    自分の仕事を無くするために立ちあがる人も居る!

  2. 皮膚の炎症と枇杷(ビワ)の葉

    枇杷(ビワ)の葉が皮膚炎性に効果的って知ってます?

  3. 花に寄せて-星野富弘と三橋節子

    体の不自由さが豊かな魂を育むことは稀ではない!

  4. 柴犬ラプラス号 去勢する

    去勢ってかわいそう!

  5. 吉野源三郎-君たちはどう生きるか

    分際を知ることで、人は人として成長できる!不朽の名著!

サブコンテンツ

ICL技術事務所より

ベルマン化粧品のオンライン通販を初めて早15年。
ベルマン化粧品のショップは数少ないですが、その中でも最も老舗の双璧となりました。
これも皆様方のご愛顧の賜物と感謝申し上げております。

このレベルのホームページなら十分に自社で制作・運営することができます。

このページの先頭へ