河原町のジュリー in 京都

2012.07.07追記

『河原町のジュリー』で検索をかけると、今や、なんとwikiにも掲載されていました。
そして、その中で「河原町のジュリーは、2000年頃からインターネット上を中心にして再び話題に上るようになった」とありました。

まさに、阿月さんがこのエッセイをしたためられ、僕が追従して反応したことがネットでの話題のきっかけの一つになったのかもしれないと思うと素直に嬉しい気持ちが込み上げます。


2000.07.01著

河原町のジュリー in 京都

←画像クリックで拡大

阿月真理絵さんの”言葉の花束”のエッセイページで『河原町のジュリー』を読んだ。

40代前後以上で京都に関わりのある方には懐かしいと思われる方も多いことでしょう。

僕自身は学生時代には、常時、四条河原町付近を徘徊していましたが、その時には彼にお目にかかることはありませんでした。
パチンコに没頭していたのかもしれません。
ただ、確かに『河原町のジュリー』は覚えています。

それが、大学を卒業してすぐの頃だったでしょうか?
学生時代の友人である野郎と看護士の女性と3人でまさに河原町通りを歩いていたとき、『河原町のジュリー』とすれ違ったことがあったのです。

「あっ、ジュリー違う?」

その声に、キョロキョロ探すと、看護士の女性が「目を合わせちゃだめなんだって!」と言うのです。
そのとき、ジュリーの風貌を初めて鮮烈に焼き付けた想い出があります。
何か近づきがたい厳としたオーラがあったように記憶に留めています。

ちなみに、「Mちゃん」って呼んでた看護士の彼女は、今でも僕のことを「出会った頃(18歳)は、なんて冷めた見方する人なんだろうと思った」と言います。

18歳にして、そんなことを思わせたのには少々罪深さを感じてしまいますが、そりゃぁそう思ったのも当然かもしれません。
そんな彼女も今や大学教授になられています!・・・僕の体たらくぶりとは大違いです。
まあ、おっとりした姉御肌に頑張りが加われば、当然のことかもしれません。

さて、河原町のジュリーの内容は、僕などが書くより、阿月さんの綺麗な文章でお読み頂くのがよいかと思います。
(既にサイトは閉鎖されてしまいました。)

ところが、↓


2007年8月 正真正銘の阿月様よりメールを頂き、下記サイトでバックナンバーが公開されている旨ご連絡頂きました。
その後、変遷がありましたが、現在は下記から閲覧いただけます。

もともと、ご姉妹でサイト【阿月工房】を運営されていたように思いますが、おそらく、今回メールを頂いたのは、お姉さんのサイトにエッセイ【eclipse】を掲載されていた妹さんだと思います。
どちらにしても、ご姉妹そろって、素晴らしい感性で文章を書いておられました。

現在は阿月まりさん、あるいはベルバラ関連のエッセイでは優月まりさんとして、サイトを運営されています。
素晴らしい知的感性が溢れる「恋と生き方」のエッセイページですので、是非ご訪問されてみてください。
国際結婚されて落ち着かれた今、新たなサイトとともに子育てのメールマガジンも発行されています。

サイトのTOPページは↓こちら↓です。

阿月ファンだった僕としては、メールを頂いたときには、探し物を見つけたときのように嬉しい思いが溢れました。


『京都』には大阪や神戸には無い、凛とした精神のようなものが流れています。
時代に関わり無く、一人のルンペンの存在などが話題になると言うこと自体が『京都』ならではという感がしないでもありません。

神戸が大阪と全く違った臭いがすることとは全く次元を異ならせて、『京都』は大阪や神戸とは全く異質なんですよね。
同じ近畿にありながら、全く異質なんです。

確かに、地域社会に根付いて生活するにはどうなのか分かりませんが、少なくとも学生やスピンアウト人種にとっては包容力のある街であることだけは確かだったような気がします。

蜷川府政が無くなった後、政治的には同質化しても、感覚としては依然として他の大都市と同質化はして来なかった(と僕は思っている)のは『京都』の持つ独自『文化』なのでしょう。

時代の流れの中で『大阪』の後追いを志向していたなら『京都』はおそらくダメになっていたでしょうし、また、それをさせないのが『京都』の厳たるプライドだという気がします。

いつまでも、京都は『京都』であり続けてほしい・・そんな願いは僕だけでしょうか?

京都が『京都』でなくなったら・・・。
灯台を失って漂流する小船のように安心できる拠り所を失ってしまうような気がするのです。

日本にとって、唯一『京都』は無くてはならない存在ではないでしょうか?
『大阪』は無くしても、『京都』は決して無くしちゃならない!

さても、阿月さんの書かれているように、

>「ルンペン=落伍者・敗北者」と短絡的に考えているうちは、
>運の本当の恐ろしさなど、まるで分かっていないに等しい。

という言葉の本当の重みが体で分かってきている今日この頃です。

河原町のジュリーは自分自身なのかもしれないとつくづく思うのです。
でも、実際にそうではないところに、自分のウソが隠されているのだよね?
人は、それを『大人の良識』という言葉で説明するけれど・・・。

注記

阿月さんの現在掲載されている文章は初稿だからかもしれませんが、上記の引用文は掲載されていません。

僕が愛した京都

京都をモチーフにした素敵な曲があります。
どれも、河原町のジュリーが居た70年代に巷で流れ、よく口ずさんだ曲です。


嵯峨野さやさや(1975年)・・・たんぽぽ

京都嵯峨野の 直指庵
旅のノートに 恋の文字 どれも私に よく似てる
・・・・


北山杉(1975年)・・・うめまつり

四条通りをゆっくりと
君の思い出残したとこを
黒いダッフルコート着て
背中丸めて歩いてます
あの頃二人は 清水の
長い石段 登って下りて
青春色の京都の町を
じっとじっと見つめていました。
・・・・


加茂の流れに(1972年)・・・かぐや姫

やさしい雨の 祇園町
加茂の流れにうつる あなたの姿
あれは 初めての恋
見つめあう 見つめあう瞳 あなたとふたり
・・・・


京都慕情(1970年)・・・渚ゆう子

あの人の姿懐かしい 黄昏の河原町
恋は恋は 弱い女をどうして泣かせるの
・・・・


女ひとり・・・デューク・エイセス

京都大原三千院 恋に破れた女が一人 ・・・

2007年追記

この夏、娘に友人の下宿から行けるおすすめスポットを聞かれた。
【貴船街道 恋の道】をおすすめとしておいた。
下らぬ男とは【恋】はするなよ!


↓こちらでも京都の話題に触れています。↓

文化・生活関連記事人気ランキング(通販・CAD・教育除く)

訪問者数ベスト1~5

  1. ルイ・アラゴンの言葉に寄せて

    教えるとは希望を語ること

  2. 柴犬ラプラスの食事と体重の推移(生後3ヶ月まで)

    柴犬の成長が心配!

  3. 原発性胆汁性肝硬変(PBC)

    我が母の介護のつれづれ

  4. 光線療法と皮膚(湿疹・乾癬・ニキビ)

    万病を癒すのは光かもしれない!

  5. 原発銀座 若狭から~小浜 明通寺 中島 哲演 住職と広瀬 隆 氏~

    我が友に案内された若狭の憂鬱

訪問者数ベスト6~10

  1. 鉄腕アトムと小出裕章教授の脱原発への願い

    自分の仕事を無くするために立ちあがる人も居る!

  2. 皮膚の炎症と枇杷(ビワ)の葉

    枇杷(ビワ)の葉が皮膚炎性に効果的って知ってます?

  3. 花に寄せて-星野富弘と三橋節子

    体の不自由さが豊かな魂を育むことは稀ではない!

  4. 柴犬ラプラス号 去勢する

    去勢ってかわいそう!

  5. 吉野源三郎-君たちはどう生きるか

    分際を知ることで、人は人として成長できる!不朽の名著!

サブコンテンツ

ICL技術事務所より

ベルマン化粧品のオンライン通販を初めて早15年。
ベルマン化粧品のショップは数少ないですが、その中でも最も老舗の双璧となりました。
これも皆様方のご愛顧の賜物と感謝申し上げております。

このレベルのホームページなら十分に自社で制作・運営することができます。

このページの先頭へ