なんと!総合可視光線療法で一挙に治ってしまった

柴犬ラプラス号マズルの脱毛 治りません!
before(2013年5月)

柴犬ラプラス号マズルの脱毛 治りました!
after(2014年11月)

下手をすれば、一生「ハナハゲー」って、上のようなおばさんに罵られるところだったワン

2013年5月後半(1歳2ヶ月)ごろよりマズルの上の皮膚に異変があり接触性皮膚炎と診断されてからすでに1年半。

散歩に行っても、「トレードマークだと思っていたわ!」などの慰めの言葉(?)をかけられながら、この間、ずっと鼻ハゲ状態に耐えてきました。

その治療記と情報は前回の『鼻ハゲ治りません!柴犬ラプラス号』で記したのですが、その記事で最終手段として記していたことを仕方なく実践した結果、ついに治りました!

この1ヶ月ほどでスルスルっと急速に見違えるように毛が生えてきました。
薬を塗っても塗っても、一時期は腫れぼったくさえなっていた状況で、「命に係わるほどではない単なる鼻ハゲなんだからどうということはない!」と言い聞かせ半ば諦めかけていたのですが…。

私たち家族の健康を長年支えてきてくれた総合可視光線療法器(コウケントー)が、こんなところで役に立とうとは…。
これで、まさに家族全員がお世話になったということになってしまいました。

柴犬ラプラス号マズルの脱毛 治りました!

ワンちゃんに光線を当ててやろうとすると、まして、目の近くの局部ですから、しばらくホールドして目も手で押さえてじっとさせておかねばなりませんから少し大変でしたが・・。

他のページでも書いていますが、総合可視光線療法はもともと家畜から始まっているのですね。
それを知っていたからこそ、実践したのですけれど…。

私も、生体科学には詳しいわけではなく、ただ単に放射線が遺伝子を傷つけるという事実や太陽光がビタミンDの生成に寄与する事実、紫外線が皮膚へのダメージを与える事実(皮膚がん含めて)などから、特定の周波数の光(電磁波)が生体に良い影響を与えたり悪い影響を与えたりするという仮説は物理屋のカンジニアリングとして受け入れています。

あとは、実際に私たち家族の様々な疾患を改善してくれたという確かな歴史があるからでしょうか。

ともかくも、ラプラス君含め、綜合光線療法には威力があるなぁという驚きと称賛がさらに深まりましたね!
ともかく、よかったよかった!

※尚、枇杷(ビワ)葉酒塗布は、とても沁みるらしく嫌がりましたのでやめました。

2019年から過去を総括する鼻ハゲ対策

  1. まずは、獣医さんに診てもらって、おそらくお決まりのステロイド剤「プレゾニゾロン」での治療になるかとも思います。
  2. 「プレゾニゾロン」はステロイド剤とはいえ、即効で治るほど強い力を持っているとも思えませんが、やはり気分として副作用が気になります。
  3. もし、アレルギー性と判断されたのであれば、おそらく「アポクエル錠」が処方されたのかもしれません。
  4. いずれにしても、私たちが診察を受けた頃は、それが精いっぱいの善処だったと思います。
  5. ちょうどその頃、動物薬・動物衛生製品専業のビルバック(Virbac)によって開発されたアンテドラッグステロイド製剤「コルタバンス」が発売されたようです。
  6. その頃に知っていれば、そういう選択肢を申し出ることもできたでしょうが、逆に言えば、知ったとしても「ほんまかいな?」と疑ってそこまでは及ばなかったかもしれませんし、それがベストだったと言い切ることもできません。
  7. ただ、1年半もの間、鼻ハゲ状態でいたのですから、綜合可視光線での治療を決断する前に、1年経った頃には他の方法を決断していたかもしれないという思いはあります。
  8. 結果的には、アンテドラッグステロイドよりも安全であろうことは間違いないと推測される綜合可視光線に辿り着いたからよかったのですが…。
  9. 最後に、今でも、獣医ではない人間対象の医師でも、アンテドラッグステロイドのことを知らない医師が半分程度いるということもご参考までに申し添えておきましょう。
  10. ■関連ページ