京都高雄病院の江部康二先生とともに糖質制限の論陣を張る練馬光が丘病院の夏井睦先生の著作です。

糖質制限は当然なされるべき人にはなされるべきでしょうし、肥満にしても糖質が主たる原因であることには全く異論はないのですが、レトリックとはいえ、ここまでのタイトルをつけるか?という感じがすることは否めません。

糖質をここまで目の敵にする表現には納得できかねるというのが正直な印象。

内容は読んではいませんので何とも言えませんが、糖質が人類を滅ぼすのであれば、私達日本人の祖先は何だったの?と…。
読んでみようかという気はあるのですが、少し抵抗が強いですかね。

私達の両親や祖父母はことごとく今よりも炭水化物中心の食生活で一生を過ごしてきたはずですが、今日のような肥満があったのでしょうか?
今日のような病気に苦しんだのでしょうか?
正確なデータが望まれるところです。

ともかくも糖質を採り過ぎたらよくないのは自明の理としても、それは他の栄養素とて同じことだと考えるのが自然ですね。
自然界には非対称も存在しますが、極端な非対称性はあまり鵜呑みにしない方が賢明ではないでしょうか?

ですから、糖質にしても糖尿病など糖質制限が明らかに必要でない限り、当サイトの持論である『糖質はジャストフィット摂取』というスタンスが正解ではないかと考えています。

但し、僕も専門家ではありませんので、皆さんしっかりと学ばれて自己判断されてください。
そのためにも、両極端の説の著作を読んで論点の分水嶺を抽出しながら、学術書で確かめつつ、どちらが科学的なのかを検討していく作業も必要かと思います。

頑張れ!

本サイトは、医学部に合格したばかりの医学生さんや看護師さんのあなたにとっても有益なサイトだと自負しています。

やぶ医者について安泰なこともいいですが、自分のキャリアの可能性も是非に探ってくださいな。


セレジョブ看護

もう一つの知られざる世界!

理に適ったサプリでも、まず即効的な効果は期待できません。

しかし、最短で痩せる医薬(抗肥満薬)なら2種あります(世界一の製薬会社が提供するお薬と日本のバイオ・サイエンスに手を出した大企業のお薬でしかも承認薬)。

当社が家電販売、特に施主支給家電で一世を風靡した時、卸元の担当者が「ニーズがあるから、その署品は存在する」とはよく言ったものです。

なるほど、便のお漏らしを気にせねばならず、片やお薬への依存性が発生しますから、よほど病的なメタボリックでない限りおすすめすることは出来ない肥満治療薬ですが、世の中のご立派なクリニックは平気で、それほどでもない肥満程度の患者にも使っているようです。

先発薬はさすがにお高いですが、ジェネリックも数種ありますので、自己責任覚悟で入手されるなら参考にされてください。