ネクスガード 28mg 小型犬用はノミ・ダニ駆除薬です

ノミ・ダニ対策は通年ですから、出来るだけ経済的に調達したいですね。

我が家のラプラス号はノミ・ダニ対策として、ほとんどの獣医さんが出される定番【フロントラインプラス M】
しっかり、毎月1回塗布しています。

『フロントラインプラス』がノミ・ダニ対策の代名詞になっているのは、マダニもしっかり防除するから。

こちらの『ネクスガード 28mg』は、その定番【フロントラインプラス】の製造メーカ メリアルがチュアブル(おやつ)タイプとして発売しているお薬となります。

【フロントラインプラス】のメーカですので、スポット・オンタイプが苦手なワンちゃんも安心しておやつ感覚で摂取できます。

Tidbits

製造元のメリアル(Merial)社は、あのベーリンガーインゲルハイム(Boehringer-ingelheim)社傘下の動物衛生用品及び動物薬の最大手でフランスのリヨンにあります。

親会社BIはドイツ最大手(株式は非公開)ですが、世界での売上高としては14位(それでも、日本最大手の武田薬品もまだ手が届かない)

Frontline/Heartgard/NexGard/Ivomec/PureVax/Previcoxといった製品名を聞くと、如何にメリアル社が動物薬で世界を席捲しているかが分かろうかというものです。

お散歩しても、草むらで体をこすり付けることもしばしばですから、冬でもノミ・ダニは確実に付きますよね。
ですから、1年中を通して対策しておきたいものです。

昨今問題になったマダニは病原菌を運んでくることもあり、人間でも死亡者が出ていますから、私たちの安全上も対策しておいた方が無難ですね。

ビーフ味のチュアブルタイプだから、食いしん坊ワンちゃんならいたって簡単!!

食べるだけで、ノミは8時間、マダニは48時間ですっかり駆除ができます。

その上、スポットオンタイプのように、シャンプーするタイミングも気にせず自由に出来る点もいいですね。

超小型犬・小型犬・中型犬・大型犬用があります。(猫用はありません)

ノミ・ダニ駆除薬:中型犬 節約効果

中型犬用の比較で申し訳ないのですが、【ネクスガード】を、直接海外輸入すると、以下の表のように節約できます。

さらに、ジェネリックをチョイスすることは+α程度のメリットになります。
(【ネクスガード】のジェネリック薬は2019年10月現在のところありません。)

いずれにしても、人間と違って保険が効かないので大きな差が出ます。

フロントラインプラス
=病院処方
フロントラインプラス
=海外輸入
ネクスガード
=病院処方
ネクスガード
=海外輸入
イメージ フロントラインプラス 病院処方 中型犬用 フロントラインプラス 海外輸入品 中型犬用 ネクスガード 68mg 中型犬用
6か月分価格
(通常時)
11,016円(税込み) 6,580円(税込み) 13,284円(税込み) 8,680円(税込み)
詳細ページ フロントラインプラス
中型犬用
ネクスガード 68mg
中型犬用
ジェネリック
フィプロフォートプラス 中型犬用

フロントラインプラスのジェネリック薬
フィプロフォートプラス
中型犬用

6か月分価格:4,198円(税込み)

ここで、同じメリアル(Merial)社から出ている先発薬【ネクスガード】は【フロントラインプラス】と何が違うのかが疑問に思われることと思います。

価格もそこそこ相違してきますしね…。

基本的には、下の表のようになりますが、端的に言えば、

  • 【ネクスガード】はチュアブルタイプ(経口)で、駆除までの時間が早い代わりに、少しお高いよ!
  • 【フロントラインプラス】はスポットオンタイプで、駆除までの時間は遅いけど、お安いよ!
  • 皮膚が弱かったり外用薬が苦手な子は【ネクスガード】ならいけそうだよ!
  • でも、【ネクスガード】には猫用はないよ!

といったところが大きな相違点になります。
細かい点はそれぞれでチェック願うとして、まずこのポイントを押さえておかれるといいですね。

フロントラインプラスとネクスガードの相違点

フロントラインプラス ネクスガード
投与タイプ ピペット=スポットオン:首筋への滴下(経皮) チュアブル:おやつタイプ(経口)
対象ペット 犬・猫 犬のみ
有効成分 フィプロニル、S-メトプレン アフォキソラネル
ノミ駆除時間 24時間 6時間
マダニ駆除時間 48時間 24時間

さて、動物病院で購入される場合と個人輸入で購入される場合との差は、やはり結構大きいですね。

前者の場合でフロントラインプラスを購入されるより、後者で少し割高の【ネクスガード】を購入する方がお安く済むほどの違いです。

我が家の場合は、かかりつけの獣医さんへの義理(ラプラス君が獣医さんや病院のスタッフが好きで好きでたまらない)もありますので、1年の半分を巧く理由をつけてペットくすりさんから同一品である【フロントラインプラス】を調達しています。

ということは、普段は特に獣医さんに行く必要に迫られない(我が家もそうなのですが、上のような事情もあり…)飼い主さんには、願ったりかなったりのノミ・ダニ対策になります。

さらに、柴犬は皮膚が弱いという定評がありましたし、鼻ハゲの時期も長く続きましたので、【ネクスガード】を知った時にには少し迷いましたが、【フロントラインプラス】で特に異常が出たことはありませんので、そのまま【フロントラインプラス】で通しています。

また、効果が早いということはワンちゃんへの負担も大きいだろうと予測しますので、敢えて変える必要も無しと無難さを選んでいます。

ただ、これは飼い主が判断しなければならないところですね。

いずれにしても、人間と違って保険が効かない分、大きな差が出ますので助かっています。
先発薬にして、約6.5割で済んじゃうのですから…。
尚、【ネクスガード】のジェネリック薬は2019年10月現在のところありません。

ネクスガード 28mg 小型犬用 特長

  • ネクスガード 28mgは、投与してから30分程度でノミの駆虫が始まり、8時間後には完了します。また、マダニは48時間で完了します。
  • ネクスガードの有効成分であるアフォキソラネル は、イソオキサゾリン系のお薬で、犬のために特別に開発された薬剤です。
  • フロントラインのメーカーの予防薬だから、その有効性と信頼性は世界ナンバーワンと言えます。
  • 毎月の投薬の仕方はとてもカンタン。食べさせるだけだけでノミ・マダニ予防・駆除ができます。
  • 予防・駆除はノミアレルギーを防ぐのに最も効果的です。
  • 4~10kgのワンちゃんにお使いください。
  • ネクスガード 28mgは1箱6チュアブル入です。(3チュアブル入もあります)。