プラトニックセックスに見る飯島愛の愛と孤独

華やかな世界の孤独死

2011.08.05著

プラトニックセックスに見る飯島愛の愛と孤独

飯島愛さんの著作「プラトニックセックス」を読まれた方も多かろうと思います。

特に、愛さんの死(2008年12月24日発見、17日が死亡日と推定)が報じられてから読まれた方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

もう、あれから2年以上が経ってしまいました。

飯島愛さんは、AV業界から転進してマルチ・タレントとして活躍していた女性ですが、テレビに出演している姿を見ている限りでは、薄汚さはほとんど感じさせない不思議な意外感を感じさせた女性でしたし、稚拙なまでのストレートさと突っ張りに妙に好感が持てる印象が強かったですね。

もちろん、タレントとしての演技が含まれていたのかもしれませんが、無理な糊塗はされていなかったように感じていました。

私も、多くの人がそうであっただろうと同じく、彼女自身を深く知ろうともせずに、独断的に「所詮、AV女優の成り上がりではないか」という偏見しか持っていなかったというのが正直なところでした。

とは言っても、飯島愛という女性をどうのこうのと批評するものではない限り、誰しも、彼女のことを深く知る必要性もなければ義理もないわけですから、それはある意味当然のことだったと思います。

人が、「この人のことを知りたい」と思うのは、興味の問題や相性の問題が大きく関与しているわけで、それも偶然のきっかけで表象化してくるという場合がほとんどではないかと思うのです。
人と人との出会いということ自体がそういうものなのだと思います。

ともかくも、本書に接すると、彼女における表現のストレートさや、あるいは屈折度や、一般の人々に好感度が抜群だったことなどには、それなりの確かな背景と理由があったのだということが垣間見れるのではないかと思います。

華やかな世界に身をおいた人としては不釣合いな孤独死。
いや、虚構の世界に身をおいた人だからこそ相応しいと言えるのかもしれない孤独死。

人は孤独への防衛線を張る

そこから鮮やかに浮かび上がってくるのは、人間ならば誰もが、言いようのない「不安」として持ち合わせている「孤独」という2文字ではないかと思うのです。

ある意味、人は「死」よりも「孤独」に恐れおののいているものではないでしょうか。

私たちは、その孤独から逃れるために策略を巡らせ、その構築や保守のために毎日を送っているといっても過言ではないと思うのです。

謂わば、孤独への防衛線を張り巡らせる毎日のことを「人生」と呼んでいるのかもしれません。
集団への帰属は、その防衛線の最たるものではないかと思えます。

カップル画像

それぞれの人間がそれぞれの防衛線を張り巡らせる最も大事業が、恋愛であり、結婚をし家庭を築き子どもを育てる営みです。

そして、それが個々人一人一人の防衛線である以上、恋人はもちろんのこと、たとえ家族であっても、そこには軋轢というものが生じてしまうのです。

「愛」を巡る悲喜劇は、この「孤独への防衛線を張る」という営為自体に自ずと内包されているものと考え、覚悟しておかねばなりません。

誰もに内在する無縁社会への憂鬱

今、「無縁社会」という言葉が大きくクローズアップされています。
地縁・血縁・社縁以外の第4の縁の必要性などが提案され議論されています。
これは、第三者によって「孤独への防衛線」を張ってあげようという試みに他なりません。

この「無縁社会」という言葉と、飯島愛さんの孤独死や彼女の著作「プラトニックセックス」を対照させて眺めると、私たちの多くは「有縁」であっても、本当のところは、限りなく「無縁」なのではないか?
という深い憂鬱を浮き上がらせるような思いをしみじみ感じさせられてしまいます。

何らかの事情で社会的な縁を全て失ってしまった「無縁」者の問題と同じように、いや、それ以上に奥深くに潜んだ問題を私たちは内包しており、これを超克していかなければならないのです。

この「孤独」を巡って交錯した悲劇が、飯島愛さんの人生を曳航してきたという気がしてなりません。
ここから感じ取ることは数回にかけて書き綴らなければ言い表せない重さと切なさがあります。

おおよそタイトルからは想像のつかない人生の意味合いへの問いかけがあります。
それも、生身の魂からほとばしるリアリティをもって発せられただろうからこそ伝わる哲学書では書き得ないメッセージとして迫って来ます。

ただ、私にはどうしても分からないことがあります。

飯島愛さんは、「パパ、ママ、こんな娘でごめんね。」という文章で締めくくっています。
ご両親と和解したということなのでしょうが、何故、和解したにもかかわらず、この書を出版したのだろうかという真意が分からないのです。

独りぼっち 飯島愛36年の軌跡

この書は、ご両親に対する痛烈な恨みと批判が含まれています。
おそらく、第三者である読者は、その多くがご両親に対して軽蔑や批判の目を向けることでしょう。

そのことは、タレントという人気商売をしている飯島愛さんが一番よく分かっていたはずです。

この書を出版するということは、ご両親や家庭の見られたくない部分を衆目に晒すことになります。

「パパ、ママ、こんな娘でごめんね。」という懺悔と著書の公開という事実のアンバランス。

本当なら、いや、本当に和解していたなら、この書籍は誰の目にも触れることがなかったのではないかという思いがしてなりません。

もちろん、ご両親の納得済みで発売がされたと言うなら、それは理想的な和解だとは思うのです。
ご両親が、必要以上の暴力で躾けたことを心から詫び、娘を否定し続けたことを心から詫び、これからどのように償うのかを具体的に明示し、態度で示し、それを親子としての子どもの側の情として許すという構図でないと本当の和解などは出来るものではないだろうという思いがするのです。

本に書かれていることが事実だとすれば、もちろん耐えうる子は従順に耐えるのかもしれないという個人の特質や個性には帰着できない、人間の尊厳に関わるほどの重さを持った、ある意味、取り返しがつかないレベルであると汲み取れるのです。

母親が自分を産んだ歳になって、初めて母親の葛藤は理解できたとしても、決して自分はそのような親にはなるまいと思うのが常なのではないかと思えます。

母親の立場やそれに由来する桎梏が理解できたからと許す気持ちになる寛容は、親子といえども、とても素晴らしいことです。

しかし、その理解が、自分の子どもにも、どうにか言って聞かせて同じように育てようという理解へと到達するなどということは、到底あるはずもないことです。

ともあれ、この世に生を受けて、少女として育つ最初から、自分の「性」を痛めつけて生きたいと誰が思うでしょうか?
そして、どこの親がそんなことを望んで愛娘に名前を付けたことでしょうか?

飯島愛さんにしても、刹那の性愛の空虚さに、どれだけ反吐を吐いていたことかということが著作にも滲み出ています。
その空虚さを埋めるべき何物も勝ち得なかったが故に、さらに自らの性を痛めつけ、体を痛めつけるという泥沼にはまってしまったように感じられます。

求不得苦(ぐふとっく)を背負い続けた人

ハート画像

まさに、求不得苦(ぐふとっく)。

求めても求めても得られない苦しみを彼女は背負い続けたのではないでしょうか?

求めて已まなかったもの、それこそが『愛』だったのは明白です。

実際に息を引き取ってから約1週間、誰にも気付かれなかった最期。

両親と和解してすら癒されない傷跡の深さを象徴するかのような思いがするのです。
「とうとう最後まで、私の求める愛に近づいてくれる人は現れなかった。」
そんな呟きが聞こえるような気がするのです。

もちろん、昔のようなフィロソフィーを持った芸人が少なくなった今、昨今の芸能界のような虚業の世界では、真実の愛など得ること自体が稀有なことでしょう。
そういう方向から見れば、最初から求めるものなど無い世界で、空しく求め続けていたのかもしれません。

季節のない街に生まれ
風のない丘に育ち
夢のない家を出て
愛のない人に逢う

愛の流転を彷彿とさせる泉谷しげる氏の『春夏秋冬』が、これほど似合った人もそう多くはないかもしれません。

人は弱いものです。
肉体は意外に強靭に作られていても、心は至って弱く脆いものです。
ちょっとした運命のいたずらで私たちにもやってくるかもしれない・・・。

このようにさせたものは何だったのか?

「愛」が実り多い「愛」となるために、健やかな「愛」となるために、次回は、「親の愛」について考えてみたいと思います。