新しい脳の声に従えば、偏差値が30台でも1年で60台にはなれます。

15歳からの脳の進化に備えたい保護者さんには、中学受験算数の核心を突く思考回路の資料も充実中!

勉強法のバイブル | 帝都大学へのビジョン

某良心サイトで、学習のご相談にお答えする役目を仰せつかって、「この数では、お答えするだけでも大変!」と、2009年に、95年~98年の実際の指導経験をもベースにしながら【帝都大学へのビジョン】にまとめ上げ、一般販売を開始して、はや10年。

思い返せば、非対面とはいえ、それでも、たくさんの教え子や保護者さんとやり取りをさせていただきました。

そして、非対面とはいえ、たくさんの教え子さんが成績を伸ばしてくれました。

対面指導で成績が伸びるのは当たり前と思っていましたが、正直、非対面でここまで真意を汲み取り、ここまで実践をし、実際にここまで成績を伸ばしてくれるとは思っていませんでした。

もう、大学生はもとより社会人になっておられる方もおられますが、時々メールをいただくことも多いことを大変光栄に思っております。

思えば、慶應義塾大学の入試問題で、たまたま書いていた具体例とそっくりな問題が出題されたということもありました。

偏差値を1年で30台から70にまで持ち上げた教え子、その様子をWebで見て発奮し、合格した医学部浪人生。

とても無理だと言われた地方の国立大学に合格してくれた教え子も居れば、関関同立に合格したことを喜んでくれた教え子。

もちろん、東大や京大に合格したことを報告してくれた教え子も少なからず居られるのですが、よくよく振り返ると、偏差値50を切る程度だった子が偏差値60前半の大学・学部に合格して喜んでくれた教え子が一番多かった印象が残っていますし、嬉しさに優劣はないのですが、それが最も嬉しいことでした。

まぁ、結果的には、根拠のない突拍子もない方法論や詐欺的なもの、自分の特殊な経験談や自慢話に終始するもの、ポジティブ・シンキングのような駆動心理学だけが方法論になっているもの、とてもやる気になれないだろう○○術の類、といった書籍や情報ばかりが目立つことに反抗して執筆したわけですが、松平先生も同じ思いから執筆されたことを知り、決して無駄なことではないと力を得たことはありがたいことでした。

そういった経緯を経ながら、保護者向けの本格的な執筆を終えて、昨年度よりは中学入試算数の思考回路が、その後の脳の繋がりを豊かにしてくれることから、こちらに注力をしております。

但し、反抗期をこじらせるとそれどころではなくなりますけれど…。

この点は、子どもにも親にも個人差がありますから千差万別。子どもの観察眼抜きに一般的な理屈を実践しても、なかなか埒があきません。
【子育て18切符】も保護者さんの参考になればと願うばかりです。

また、教科の個別内容に関して書きたい核心や興味が湧くような面白い題材は、数学に限らず内容の数だけありますが、とにかく、あなたが越えられない最初の壁に関わることだけに絞らざるを得ないことをお許しください。

ストーブを100台焚いても、あなたの脳内電子は決して飛び出してこないという思いが強いからです。

その100台を自分のために焚くことに躍起になっているのがネットの業者だということを知っているからです。

その結果、肝心の受験生も保護者も低温火傷になってしまっては元も子もありません!!

15歳前後の脳の変化に追随して「学び」の本質を一生の財産としていただくことは、15歳頃になってから急に施せば出来るようなものではないですから、そのことをご理解いただいて、あなたにも保護者さんにも道標としていただけること以上の願いはないことをお察しください。

そういったトータルな意味で、是非、10周年キャンペーンをご利用いただければ幸いです。
派手なキャッチフレーズの書籍や情報は埃をかぶることでしょうが、本書ははるかに心に染み入り、5年後に、10年後に見直してみたくなる時が必ず来るはずです。

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最初に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら