新しい脳の声に従えば、偏差値が30台でも1年で60台にはなれます。

15歳からの脳の進化に備えたい保護者さんには、中学受験算数の核心を突く思考回路の資料も充実中!

勉強法のバイブル | 帝都大学へのビジョン

某良心サイトで、学習のご相談にお答えする役目を仰せつかって、「この数では、お答えするだけでも大変!」と、2009年に、95年~98年の実際の指導経験をもベースにしながら【帝都大学へのビジョン】にまとめ上げ、一般販売を開始して、はや10年。

思い返せば、非対面とはいえ、それでも、たくさんの教え子や保護者さんとやり取りをさせていただきました。

そして、非対面とはいえ、たくさんの教え子さんが成績を伸ばしてくれました。

対面指導で成績が伸びるのは当たり前と思っていましたが、正直、非対面でここまで真意を汲み取り、ここまで実践をし、実際にここまで成績を伸ばしてくれるとは思っていませんでした。

もう、大学生はもとより社会人になっておられる方もおられますが、時々メールをいただくことも多いことを大変光栄に思っております。

思えば、慶應義塾大学の入試問題で、たまたま書いていた具体例とそっくりな問題が出題されたということもありました。

偏差値を1年で30台から70にまで持ち上げた教え子、その様子をWebで見て発奮し、合格した医学部浪人生。

とても無理だと言われた地方の国立大学に合格してくれた教え子も居れば、関関同立に合格したことを喜んでくれた教え子。

もちろん、東大や京大に合格したことを報告してくれた教え子も少なからず居られるのですが、よくよく振り返ると、偏差値50を切る程度だった子が偏差値60前半の大学・学部に合格して喜んでくれた教え子が一番多かった印象が残っていますし、嬉しさに優劣はないのですが、それが最も嬉しいことでした。

まぁ、結果的には、根拠のない突拍子もない方法論や詐欺的なもの、自分の特殊な経験談や自慢話に終始するもの、ポジティブ・シンキングのような駆動心理学だけが方法論になっているもの、とてもやる気になれないだろう○○術の類、といった書籍や情報ばかりが目立つことに反抗して執筆したわけですが、松平先生も同じ思いから執筆されたことを知り、決して無駄なことではないと力を得たことはありがたいことでした。

そういった経緯を経ながら、保護者向けの本格的な執筆を終えて、昨年度よりは中学入試算数の思考回路が、その後の脳の繋がりを豊かにしてくれることから、こちらに注力をしております。

但し、反抗期をこじらせるとそれどころではなくなりますけれど…。

この点は、子どもにも親にも個人差がありますから千差万別。子どもの観察眼抜きに一般的な理屈を実践しても、なかなか埒があきません。
【子育て18切符】も保護者さんの参考になればと願うばかりです。

また、教科の個別内容に関して書きたい核心や興味が湧くような面白い題材は、数学に限らず内容の数だけありますが、とにかく、あなたが越えられない最初の壁に関わることだけに絞らざるを得ないことをお許しください。

ストーブを100台焚いても、あなたの脳内電子は決して飛び出してこないという思いが強いからです。

その100台を自分のために焚くことに躍起になっているのがネットの業者だということを知っているからです。

その結果、肝心の受験生も保護者も低温火傷になってしまっては元も子もありません!!

15歳前後の脳の変化に追随して「学び」の本質を一生の財産としていただくことは、15歳頃になってから急に施せば出来るようなものではないですから、そのことをご理解いただいて、あなたにも保護者さんにも道標としていただけること以上の願いはないことをお察しください。

そういったトータルな意味で、是非、10周年キャンペーンをご利用いただければ幸いです。
派手なキャッチフレーズの書籍や情報は埃をかぶることでしょうが、本書ははるかに心に染み入り、5年後に、10年後に見直してみたくなる時が必ず来るはずです。

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。