ICL学習クリニックのチラシ

勉強法の源流として、1995年に起ち上げたFAX塾【ICL数学クリニック】の概要ページを追加致しました。

【帝都大学へのビジョン】は、『誕生秘話』で申し上げた通り、私の友人が運営している情報の真実を見極める某サイトから産声をあげたのですが、これはあくまで広く社会に発信するという意味からであって、その手法自体の産声は私の高校生時代に遡ります。

そして、大学生時代に行った数多の指導経験を経て、最終的に1995年(阪神淡路大震災のあった年)に企画したFAX塾としての【ICL数学クリニック】で最高度に熟成したものを、さらに他の二人の執筆者の指導経験と知見を付加して【帝都大学へのビジョン】として仕上げたものです。

当時の神戸は、まだまだ目も当てられないような光景があちこちに残っているのが現実でしたが、女子高校生が5名と小学5年生の男の子が1名集まってくれました。

当時の添削総評も画像として掲載いたしましたが、その中に「○○君」と書かれているので不思議に思われる方もおられるかもしれませんが、
これは、女子高生に対しても文面上は「○○君」と呼んで遣り取りをしていましたことによります。

発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような根拠のない、いい加減な甘言は書いていません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら