補論【どうすればひらめきますか?~特殊ひらめき性思考試論~】の追加を予定しております。

これにより【帝都大学へのビジョン】は、勉強方法論の神髄を伝える書としてほぼ完成領域に達します。

予定が少し遅れておりますが、本【帝都大学へのキー】において順次アップしながら最終形としてまとめて参ります。

※本編は内容的に変わることはありませんが、一部表現の変更のみで最終完成形Ver.2016とします。

※画像クリックで表紙が拡大して閲覧いただけます。
特殊ひらめき思考試論

思えば、「他の粗悪なマニュアルに比べてこちらの方が安いのはおかしい」あるいは「ビジョンこそ2万円や3万円であるべき」との声をいただきながら、私たち自体が細かいところに物足りなさを感じておりましたので、そのような価格設定は致しませんでした。

市井の著者による勉強法分野の書籍や情報では、生徒の学力や人格の成長を願うに相応しい品を備えているものは極めて少なく、真っ当なものですら、お行儀の悪い指南・無茶な指南や単なる経験談・自慢話に終始しているものが多いと聞き及んでおります。

一方、著名な方のごく一部の智者による書籍は普遍の勉強法についての知恵を多く授かりますが、その一方で高校受験・大学受験といった特殊性への流し込みを失念したり失敗してしまうケースも生じるという弱点があるかもしれません。

もちろん、そんなところまで気遣うのは『過保護』と言う他ないのですが、ならば特殊性から一般性へと拡張していく順方向性をもって語る方法論の方が若き受験生にとっては最適ということができるかもしれません。

受験に向けた勉強の正しい方法論を身に付けたら、『志望大学に合格できたわ、その上、その後の人生の全ての勉強に迷うことなくクリアできたわ』の流れですね。

本編での方法論の二本柱は当然ながら『記憶定着(知識化)の方法論』に関する智恵と『思考の方法論』に関する智恵になりますが、高校生までの学習では前者の『知識化』が主であり、倫理/政経といえどもその例外ではないでしょう。

すなわち、後者の『思考』を使うのは数学と国語と理科関連科目に限られてきますが、大学に合格された後から長い社会人生活に一貫して求められるのは『考える力』であり『新しいものを生み出す力』であることを心に留めておかれて下さい。

知識化することにはなるほど大変な努力が必要ですが、知識は何一つとして自分が生み出したものではなく借り物に過ぎません。

博学でどんなクイズにも答えられたとしても、所詮は人の借り物の知識ですから社会では大した価値はありません。

理想的な『学び』とは、知識をもって考え、考えをもって知識を得ることです。

補論の『ひらめき』は何も大上段に構えていただく必要はありません。
本編では「内なる教師」の育み方に相応する部分に該当し、これを「ひらめき」という視座からシンプルな具体例を通じて、より分かりやすくまとめます。

普通に考えることができる大人になるための自己管理/8つの心得と考えていただければ、必ずや『できる人』への道を辿られることでしょう。

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら