受験生の悩みから見えてくることとは?(3)

■誰暗記することに悪戦苦闘をしていませんか?

東京大学 安田講堂

「暗記すること」は勉強には不可欠な要素です。
むしろ、「知識を定着させること」と捉えるべきなのですが、「暗記する」という言葉のイメージが一人歩きして大いに誤解されているようです。

人間、意味の無いことを「記憶」することは絶対にできないようになっています。 逆に、理解した途端に、記憶が非常にスムーズに行わるようになっています。

それなのに、理解することが難しそうなので「丸暗記」しようとすることで、反って効率を悪くしたり、全く記憶ができなかったりで、自分は「頭が悪い」などと 思ってしまったりしているのです。

「暗記」自体が目的になってしまって、理解することこそが暗記にとって最も効率的な促進剤であることが見失われています。

理屈で説明できないことの暗記には、記憶術に頼る手がありますが、その記憶術と言えども、何らかの意味づけ、印象付けを行って初めて記憶を可能にするわけですから、全くの「丸暗記」ほど意味の無いものはないということを肝に銘じなければなりません。

エビングハウスの忘却曲線も知らなかった時代、 英単語の暗記のために僕自身が編み出したのが「重ね塗りの反復トレーニング」と名づけている方式です。

覚え方に関しては、イメージ化という方法もあるでしょうが、例えば、英単語の場合は、それ以上に非常に覚えやすい性質を持っていますから、これを利用して覚えることです。
英単語に記憶術を使うなんてことは愚の骨頂です。

そして、実は、君にとって覚え方以上に大切なことがあります。
それは、何よりも反復の時系列に関する正しい知識を持つということです。
この知識がないことには、暗記作業はすべて徒労に終ってしまいます。

「重ね塗りの反復トレーニング」で、僕は英単語6000語を記憶しました。
そして、日本史など暗記科目は全てこの方式で記憶しました。
その定着率や我ながら恐るべしと感じます。

受験から、はるか月日を経た今、それも、普段英語を使わない今でも、並みの受験生よりは知っているかもしれません。
その定着率は漸減した今でも7割以上キープしているのではないかと思います。

「知識を脳に定着させる」ことは全学科に共通しています。
「重ね塗りの反復トレーニング」はあらゆる勉強・自己啓発に有効な手法です。

今、君がしている勉強に採用するだけでも地力が蓄積されていきます。
そして、あるものとセットにすることで、さらに・・・。

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。