高校数学 12月度後半実力テスト

高校2年生の2学期も終わり、今年1年を締めくくる時期です。

君が高校3年生なら、焦りが出る時期ですが、今までの総チェックをして、一つでも心の底から分かったと言える項目を一つでも増やしていくことです。

解答例を与えると「そうかぁ」で終わってしまう子が多いのでご提供はしませんが、考えたプロセスを提示の上で答を知りたい諸君にはお教えします。

6題で1セットの実力テストとしておりますが、一般の方は、1問分あるいはアップ当日分しか閲覧いただけません。m(__)m

Lightコースの会員様は、本ページにて閲覧いただけます。

ALLコースご購入者様には、ブログでの閲覧以外に、購入者専用ページにて問題用紙及び1問1枚の問題・解答用紙をPDFファイルとしてご用意しております。
また、有料となりますが1セット単位で添削もご依頼いただけます。

基本的にMARCH以上を目指す受験生のバロメータとなるような、避けては通れない基本を鍛えるレベルの問題(易しくもなく難問でもない)となっています。

問題を見て、方針が立つかどうかのチェックとしてお使いいただくのも一つの使い方です。

もちろん、読んだだけで方針が立つケースから、問題を整理しながら書き出して方針が立つものまでケースバイケースですが、「あぁ、おおよそ道筋は付けられそう!」と思えるところにあれば、偏差値65以上の難関大学に合格する可能性は大きいに期待できます。

高校数学 今日の実力テスト12月度後半第4問

実力テスト12月度後半第4問

記号の意味をしっかり捉えることが重要だけれど、簡単なこと。

具体的な数字を入れて考えれば、どういうことか?が見えてくるはず。

m=7.6だとすれば、[7.6]=7だよね。ちなみに、[m](m>0に限らない)のことをガウス記号と呼びます。

すると(1)なんかはすぐに答えが出てくるよね。[m]=2のとき、mはどんな数?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような根拠のない、いい加減な甘言は書いていません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら