「学力」タグの記事一覧

真面目なのに成績が伸びない子どもへの親の関わり

子どもの勉強で悩んだら
真面目なのに成績が伸びない子どもへの親の関わり

「真面目なのに成績が伸びない」という悩みに関しての答えは明瞭です。「「何度も繰り返して勉強しなさい!」の落とし穴」に記載したことそのものであり、【帝都大学へのビジョン】を実践していただければ解決します。ただ、お母さんが「真面目に勉強している」と思い込んでいるだけの場合があり得ますから、その場合は阻害している原因に応じたアプローチをしなければなりません。

サイトマップ

偏差値30台でも半年で60台へ! | 帝都大学へのビジョン

伝説の勉強法バイブル「帝都大学へのビジョン」分かりやすいサイトマップです。本当に勉強面でも人格面でもすべての面で周りのライバルより抜きんでる人材に成長することが、これほどたやすくなった時代はないでしょう。

中学受験合格を目指す算数の根っこ

中学受験合格を目指す

中学受験合格を目指される場合、算数という教科でその目標を勝ち取るための大局的な重要要素は、1. 多点カメラで数を見るセンスを鍛える 2. 日本語を算数語に翻訳する 3. 程よいハードルの問題で基本を検証しながらペンを動かすことを、1問1問を丁寧にこなすことで培っていくことにあります

拝啓 受験に挑む君への手紙

ガリレオ・ガリレイ

ガリレオよりのメッセージ:中学までは、思いっきり子どもとして外で遊びなさい!高校生になれば、大人になる精神の準備をしなさい!中学生から高校生へなるタイミングで理屈抜きに意を決したら、学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで成績は飛躍的にアップします。

学力低下の背景~過剰サービスがくれる”ひ弱”

子どもの勉強で悩んだら 子育てに悩んだら
学力低下の背景~ひ弱と幸福

親の躾け力低下とともに手取り足取り指導を競い合うような風潮もあり、学力低下の悪循環に拍車をかけています。この両者は、子どもたちに最も重要な「努力することの大切さ」を教えないことに通じます。生徒がいったん努力しなくなると、教師は何とか分からそうとして、より分かりやすく、より丁寧に教える。その結果、生徒はますます努力を怠るようになる。

小っちゃく考えて大きくなーれ!「言いかえると~」が口ぐせになった小学生

算数の基本を鍛える(高学年)
文章題が解けない!

「文章題を解くために何が主として必要か」教科に限らず必要なリテラシーとして「言葉を扱う力」などに加え、算数に限る要素として、1.算数・数学も日本語で語れることを知っている力、2.単なる数を多面的に見る力、3.小さい数を使って具体的な例で意味を理解する力などが挙げられます。

文章題が解けない!国語力?いやいや、変換する経験と度胸だぜってお話

算数の基本を鍛える(高学年)
文章題が解けるようになる方法

「国語が出来れば文章題(算数)が出来る」という論があります。あるいは、「文章題(算数)が出来ないのは国語力がないから」という論があります。これは一面的な見方でしかなく、実際に文章題をこなすには様々な要素の能力が揃わなければなりません。国語力、読解力だけではなく、むしろ日本語を数学後に変換する力やイメージする力を養う必要も大きなウェイトを占めます。

ある朝、目が覚めたら秀才になっていた!あなたにもバイロンの奇跡は起こるのか?

ちょっとしたヒントと教養
ある朝、目が覚めたら秀才になれる予感がした

ある朝、目が覚めたら秀才になれる予感がした。思わず、これを叫ぶようになれることは、1週間もあれば可能ですし、1,2ヶ月もあれば、実際の定期テストの結果として形に現れるところまで到達することができます。但し、何も準備していなければこの言葉は語れません。いつもの延長上ではなく、何か新しい試みでインパルスを与えないことには、しかも理に適っていないことには手に入れられない手応えなのです。

どのくらいの時間勉強すればいいの?勉強の仕方が分かれば決してしない質問

ちょっとしたヒントと教養
どのくらいの時間勉強すればいい?

まず、結論から申し上げておきましょう。学校から帰宅して自宅でできるであろう時間からのメドとお考えください。■大学受験を目指しての日々の勉強の場合、1日4時間勉強してください。■難関大学・医学部を目指す場合は4~5時間、中堅大学を目指す場合は3~4時間。■高校受験を目指しての日々の勉強の場合、1日2時間勉強してください。

良い大学を卒業すれば良い会社に就職できる?不安な保護者が知るべき学歴フィルターの現実

子どもの勉強で悩んだら
良い大学を卒業すればきちんとした会社に就職できるでしょうか?

良い大学を卒業すればきちんとした会社に就職できるでしょうか?学歴フィルターは厳然として存在しますから、より高い学歴を手に入れた方が圧倒的なプライオリティを手に入れることが出来ますし、その中でも企業の国公立大学優先の姿勢は依然として強い(Z会職員の方談)ことは事実です。

記憶力を高めるなんてたかだか有意味な手掛かり作り!

お気楽に
連想記憶

人間の記憶は、『連想』が基本になっています。(連想記憶)ですから、何かを覚える時にはその対象の手掛かりになるものをマーキングして覚えておけば、忘れたときも、その手掛かりから探し出すことができます。しかも、当の本人にとって有意味な手掛かり・有効な手掛かりを沢山残しておく方が思い出しやすいということになります。

子どもの語彙はできるだけ少なくするがいい

学びに役立つ教養と黄金律 子どもの勉強で悩んだら
ジャン=ジャック・ルソー著エミール

子どもの語彙はできるだけ少なくするがいい。早期教育などに見られるように、観念よりも多くのことばを知っているというのは、考えられることよりも多くのことがしゃべれるというのは、ひじょうに大きな不都合であり、こどもの健やかな成長を阻害するものです。その代表例が、森友学園が経営する塚本幼稚園の園児が言わせられる言葉に見る、不正解の教育・子育てです。

間違いだらけ?『やる気』の出し方を求めて三千里

子どもの勉強で悩んだら
勉強しない子どもへの親の関わり

「どうしたらやる気が出ますか?」という質問は、はるか昔から定番の質問のようです。結論から言えば、頭で考えても『やる気』は生まれて来ません。まずは、トムソーヤの逸話を参考にしながら、学力に限らない「やる気」を育むための働きかけに工夫することで十分であり、これさえ押さえておけば、学力にも良い影響を及ぼしてくれる可能性は大きくなります。

やる気と集中力~学習性無気力~

子どもの勉強で悩んだら
やる気と集中力~学習性無気力~

やる気や無気力は、勉強面においては「集中力がない」という現象として現れますが、「学習性無気力」の根源は日常生活への無気力と放棄と同期しています。ですから、その原因をまずはしっかりと推測し、ご両親・先生・医者・友人などの助力を総動員して包括的に見守り、対処を考えていってあげることが必要になります。

子どもが親に説明する勉強

小学生・中学生の勉強
子供どもが説明する勉強

結論を言えば、子どもが親に説明する勉強は出力する勉強を学ばせる一つの手段であるということです。子どもが親に説明している時間は、どんどん嬉しさや面白さや不思議さを与えていく働きかけができる絶好のチャンス。僕は子育てをする上でも絶好のシチュエーションであり一石二鳥のありがたいことだと思います。

記憶力信仰は口だけ人間の証明

学びに役立つ教養と黄金律 ビジョン情報
俗流脳科学・大衆心理学・大衆AIの罠

末永く多くのことを記憶に定着させる5原則は、1.理解して覚えること 2.関連付けて覚えること 3.整理・体系化して覚えること 4.実際に使って覚えること 5.記憶のメカニズムに則して覚えること | これを信じることが出来ないなら、僕は君の成績アップの保証は出来ません。もっと魔法を求めたいというなら、君の成績アップの保証は出来ません。

脳に叡智を!~学力低下の裏に潜むものから ~

ビジョン情報
帝都中学への算数

『教育とは、学校で習ったすべてのことを忘れてしまった後に自分の中に残るものをいう。』『自分の中に残ったもの』とは何でしょうか?端的に言えば、誰にとってもは因数分解や二次関数そのものが大事なのではなく、これらを理解しようとした君たちの脳の軌跡こそが、自分自身や社会の裾野を作っていくということでしょうか!それこそが、『叡知』という一言で表せるのではないでしょうか?

ページの先頭へ

cts