「子育て」タグの記事一覧

真面目なのに成績が伸びない子どもへの親の関わり

子どもの勉強で悩んだら
真面目なのに成績が伸びない子どもへの親の関わり

「真面目なのに成績が伸びない」という悩みに関しての答えは明瞭です。「「何度も繰り返して勉強しなさい!」の落とし穴」に記載したことそのものであり、【帝都大学へのビジョン】を実践していただければ解決します。ただ、お母さんが「真面目に勉強している」と思い込んでいるだけの場合があり得ますから、その場合は阻害している原因に応じたアプローチをしなければなりません。

ご提供内容早見表

本ページは各コースのご提供内容のご案内ページでしたが、ほとんどの方がALLコースをお選びになりますので、2019年5月よりコース制を廃止いたします。 従いまして、以降の表は、「帝都大学へのビジョン」がご提供する全教材のリ […]

ご注文の流れ

下記のどの方法を選んでいただいても安全性は問題ございませんが、単品お申込み以外のコースでのお申込みは、最終的にダウンロードしていただけるページをご案内しなければなりませんので、当サイト「帝都大学へのキー」への会員登録が必 […]

サイトマップ

偏差値30台でも半年で60台へ! | 帝都大学へのビジョン

伝説の勉強法バイブル「帝都大学へのビジョン」分かりやすいサイトマップです。本当に勉強面でも人格面でもすべての面で周りのライバルより抜きんでる人材に成長することが、これほどたやすくなった時代はないでしょう。

保護者の教科書~購入者の声~

以下は『子どもの学力は親の準備された心に微笑む~保護者の教科書~』に関して読者様よりいただいた感想です。 『子育て』に関する考え方は時代の背景とともに変わる部分は確かにあるでしょうが、『勉強法』や『自己啓発』に関する本質 […]

親しき仲にも礼儀ありて、三寸のタメ口に五尺の身を亡ぼす

子どもの勉強で悩んだら
親しき仲にも礼儀ありて、三寸のタメ口に五尺の身を亡ぼす

先生へのタメ口、言葉遣いを見れば、親の躾、ひいては、その親自身の礼儀レベル・人格そのものが知れてしまいます。『タメ口』は親しさというよりも、結局は、自分のレベルに引き摺り下ろしても許容してくれる人ばかりであることに安心感を覚え、世間全般の他人を全て甘く見ることによって、自分の人生も甘くてもやっていけると錯覚することに過ぎません。

子どもの語彙はできるだけ少なくするがいい

学びに役立つ教養と黄金律 子どもの勉強で悩んだら
ジャン=ジャック・ルソー著エミール

子どもの語彙はできるだけ少なくするがいい。早期教育などに見られるように、観念よりも多くのことばを知っているというのは、考えられることよりも多くのことがしゃべれるというのは、ひじょうに大きな不都合であり、こどもの健やかな成長を阻害するものです。その代表例が、森友学園が経営する塚本幼稚園の園児が言わせられる言葉に見る、不正解の教育・子育てです。

親の心得 あるいは 子育て四訓

子どもの勉強で悩んだら 子育てに悩んだら
親の心得 あるいは 子育て四訓

一人のこどもの成人は『親子の関係性の総体』の結実です。ご紹介した2つのテクストは、「肌を離して手を離すな」「手を離して目を離すな」「目を離して心を離すな」に集約され、親子の関係性のあり方に大きな要素を占める「距離感の取り方」に関する公理を発達段階に応じて的確に表現したものになっています。

間違いだらけ?『やる気』の出し方を求めて三千里

子どもの勉強で悩んだら
勉強しない子どもへの親の関わり

「どうしたらやる気が出ますか?」という質問は、はるか昔から定番の質問のようです。結論から言えば、頭で考えても『やる気』は生まれて来ません。まずは、トムソーヤの逸話を参考にしながら、学力に限らない「やる気」を育むための働きかけに工夫することで十分であり、これさえ押さえておけば、学力にも良い影響を及ぼしてくれる可能性は大きくなります。

やる気と集中力~学習性無気力~

子どもの勉強で悩んだら
やる気と集中力~学習性無気力~

やる気や無気力は、勉強面においては「集中力がない」という現象として現れますが、「学習性無気力」の根源は日常生活への無気力と放棄と同期しています。ですから、その原因をまずはしっかりと推測し、ご両親・先生・医者・友人などの助力を総動員して包括的に見守り、対処を考えていってあげることが必要になります。

子どもが親に説明する勉強

小学生・中学生の勉強
子供どもが説明する勉強

結論を言えば、子どもが親に説明する勉強は出力する勉強を学ばせる一つの手段であるということです。子どもが親に説明している時間は、どんどん嬉しさや面白さや不思議さを与えていく働きかけができる絶好のチャンス。僕は子育てをする上でも絶好のシチュエーションであり一石二鳥のありがたいことだと思います。

ページの先頭へ