【帝都大学へのビジョン】ご活用の皆さんには医学部志望の受験生が多いようです。
そこで、医大・理系の入試問題も加えて着眼点を記していきたいと思います。
時には『ポリア風』に、時には『点と線のメモ書き風』に・・・。

詳しく解説しているとキリがありませんので、問題は解かないで着眼点だけメモしておく形で進めます。
尚、web上では、数式は基本的にテキストベースで書かせてもらいます。

2013年 東京医科歯科大学数学第1問


さて、三角関数の問題であることは一目瞭然だよね。
この問題のカタチを見る限り、基本中の基本が詰まってそうな予感。
別に医学部受験生でなくとも、三角関数と式変形の感覚をチェックしておくに無駄ではないだろうね。

で、α,βの値は角度として考えればいいということになる。

1) 問題は、与えられた条件から(α+β)なる角度を求めよということだ。

考えられるのは、
① 与えられた条件から、αとβをそれぞれ求めて足してやる?
 等式が1個しかないから無理だよね・・。

② (α+β)を直接求める?

三角関数で(α+β)と来れば、加法定理が思い浮かぶ。
思い浮かばなきゃダメ!

三角関数には数々の公式があるけれども、ほとんどが加法定理を母親とする。
そう教えておいたはずだね。・・・『三角関数 はじめの一歩』

それぞれのαとβは分からなくても、(α+β)さえ分かればそれでいい。
これは、sin(α+β)が分かればいいということであり、あるいはcos(α+β)が分かればいいということであり、あるいはton(α+β)が分かればいいということになるよね。

問題には、tanばかりが条件として与えられている。
だから、tanで考えてやるのが合理的。

「sinとcosの加法定理は出てくるけど、tanの加法定理は忘れた!」なんて言わせない。

tan=sin/cosなんだから出て来ない言い訳にはならないよ。
分母・分子ともにsinとcosが入り混じって式がやたら長いって?

分数は、分母・分子ともに同じ値や式で割ってやっても値は変わらない。
分母・分子ともに、cosαcosβで割ってやれば、見事にsinとcosは消えるはずだよ。

ton(α+β)=tanα+tanβ/1-tanαtanβ になるだろ。
今や、三角関数すら普段使わない僕のようなおっさんだってすぐに導ける!

ここで条件をはめ込んでやると、ton(α+β)は不定形になるね。
値が不定になるようなtanを持つ角度は限定されるよね。

αとβのそれぞれの定義域は指示されているから、(α+β)の範囲も自ずと決まる。
だから、(α+β) は○しかあり得ない。

あとは解答の書き方だけ!

2)条件にγが追加されて三つ巴になったということね。

そこに、今度は三角関数ではなく角度の和自体が条件となった。

  • α,β,γ のそれぞれの変数に関して、お互いに平等である。
    即ち、どの2つを入れ替えても式は同じ・・・対称式!!
  • 3つの角度の和がπ/2
    残念ながら三角形の内角の和ではないが、それがどうした!
    書き直せば、γ=π/2-(α+β)

    これを見れば、γに関する三角関数はα,βによって全て表現できる!
    よって、変数がα,βだけの式に変身させることができる。
    どうやら、【対称式】という意識はここでは必要なさそうだね!

    医科歯科大を受験するレベルであれば、これぐらいのことは、すぐに分かるようにみっちり研究しておいて。

    さて、(0±Θ),(π/2±Θ),(π±Θ),(3π/2±Θ) の三角関数は単なるΘで表せることを知らないとか、
    その公式を暗記で覚えてるなんてことはないだろうね!

    あとは変形していけば答えに辿り着く。

    3)頭をよぎる断片メモ

    1. 条件は2)と同じ・・・おそらく2)の結果を利用する可能性が高いだろう
    2. 「とりうる値の範囲を求めよ」・・・不等式の形で出てくる
    3. α,β,γの対称式だった
    4. 2)の形を利用するとすれば、3)は○○するに違いない。・・・でないと出てこないじゃん。
    5. おぉ!それぞれ単体で正が言えるじゃん。
    6. 対称式で不等式に関係して、しかも正・・・○○○○が使えるな!
    7. しかし三つ巴で使うと嫌な形が残って意味なさそう!
    8. 対称式の2つずつに適用すれば3つ出てくる・・・時々見かけるよな!

    こんなところで、書き進めていくと何だか出てきそうだと思いまーす…。

    ■関連資料

    帝都大学への数学vol.02 三角関数初めの一歩

    東京医科歯科大学 (2013年版 大学入試シリーズ)

    教学社

    志望校攻略に欠かせない、大学入試過去問題集「赤本」。最近7カ年収載。
    掲載内容についてのお断り
    推薦入試は掲載していません。また、以下の内容については、「小論文」の課題文の一部または全部を省略しています。

    東京医科歯科大学 (2013年版 大学入試シリーズ)

    とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

    最初に、とある臨床医さんと学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

    ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

    いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

    文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


    たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
    まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

    それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

    その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

    世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

    あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

    「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

    それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

    ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

    お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

    • お子さんが、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
    • お子さんが、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

    という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

    ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
    準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

    準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

    こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

    どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

    11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

    発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

    • 受付時間:24時間年中無休

    「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

    頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

    京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

    発刊10周年記念 / お申し込みはこちら