暗記力はたかだか手がかり作り

ある日、私は我が家の愛犬が庭の蘭をいつも踏み倒してそこでくつろいでいる姿を見て、「この蘭は何と言う蘭なのだろうか?」とふと思ったわけです。

今まで何十年とこの蘭を眺めていながら、その存在でさえ無意識で、「そういえば蘭があったなぁ」程度のものでした。

ましてやその名前を知ろうとすら思わなかったのですが、犬が踏み倒すのを見ると不思議に、その名前が気になったのでした。

それでネットで調べてみると「オリヅルラン」という名前であることが分かりました。

※この時に分かったことなのですが、何とラン科の植物ではなかったのです:親が「ラン」と呼んでいたので、てっきりラン科だと思っていたのですが、キジカクシ科だったのでした。

学生時代「生物」だけは極端に嫌いで腹を立ててばかりいた私には青天の霹靂でした。
今の「生物」は面白いでしょうねぇ。

なるほど、折り鶴の羽根のようなイメージだから命名されたんだろうなぁと、その綺麗な名前に感嘆しました。

※正確には、ランナーの先に付いた子株が折り鶴をぶら下げているように見えることに由来するようです。

さて、家族に喋るにしろ外で話題にするにしろ名前を覚えておかなくちゃなりません。
どんなことでも最低限のことはやはり暗記しておかなければなりませんからね。

ともかくも、折り鶴のイメージからの命名だということが意識出来たのですから、これだけで記憶の手がかりにできそうです。

もともと暗記せねばならないようなことは大嫌いな性分ですけど、そんな私でもこのイメージの手がかりさえあれば思い出せるはずです。

まして、「なるほど、オリヅルのイメージかぁ!」と感嘆したのですから、そのこと自体がエピソードとなって強い記憶になってくれる筈です。

ただ、私の場合は歳もシニアの領域に差し掛かりましたので、物覚えも悪くなっているでしょうから、犬が平然と蘭を踏み倒して「わしゃ知らん」と言うかのごとく寝そべってる光景を見ながら、この「知らん」に蘭の名前をかけても覚えておこうと思い立って、上の画像にあるような文句を考えてみました。(話題作りの魂胆もあったのですが…)

「オリヅル 踏み倒そうが オレ知

単なるオヤジの寒ーいダジャレです。
覚えるべき肝心なところは語呂にしているわけでもなく、強いて言えば最初の「オ」のヒントになるぐらいです。
「オリヅルラン」と「知らん」の間には、意味的な関連性も全くありません。

だからと言って、「オリヅルラン」を思い出す手がかりとして使えないでしょうか?

案の定、その後のある日、このランの名前は何だったろうか?と思った時に、とっさに出てこなかったんですね。
これで、このダジャレを作ったことを思い出して、しばらく思い出そうとしてもなかなか出てこない。

「あぁ、これが歳というものか?」とガックリしていました。

その場は、こんなことで時間を費やしておれないので、自分の仕事をしておりましたが、一段落して休憩しているときに、再度思い出そうとすると、今度は何のためらいもなく「オリヅル」と出てきたんですね。

その時には、そのイメージが似ているものとして「オリヅル」だったじゃないか!といった感じで自然に出てきました。

不思議なことですね。
思い出すという行為は、実に謎に満ち満ちています!

確かに、ダジャレだけでは「オリヅル」を思い出すには弱いことは確かでしょう。

しかし、イメージで膝を打った思い出とダジャレのダブルの手掛かりで記銘したことで、思い出しやすくなっていたことは確かでしょうね。

人間の記憶は、『連想』が基本になっています。
ですから、何かを覚える時にはその対象の手掛かりになるものをマーキングして覚えておけば、忘れたときも、その手掛かりから探し出すことができます。

ですから、当の本人にとって有意味な手掛かり・有効な手掛かりを沢山残しておく方が思い出しやすいということになります。

上記のエピソードは、単にこのことだけでなく、「ビジョン」にて記した以下のような多くの暗黙知の現象面が如実に現れていますね。

この点において、巷に溢れる『・・・記憶術』なるものは、本人にとって解せない上に無機質な手掛かりを無理やり作るものであって、真っ直ぐに進めばたどり着くものを、仰々しく鍛錬までして遠回りしてたどり着くテクニックを教えるものだと言えるでしょう。

ですから、テクニック自体を売り物にするしか日の当たる道はないのですね。


以降は、会員のみ閲覧いただけます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
発刊10周年記念

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

受験合格に留まらない一生モノの栄養素が自分の未知の力を引き出す!

教材では、英数と算数の興味の引き金となり、且つ本質に目を向かせてしまうコアな問題を精選し、不器用レベルの脳細胞の働かせ方目線で解説。

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような根拠のない、いい加減な甘言は書いていません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら