ルネ・デカルト

少し思うところがあって、学生時代以来読むことのなかったデカルトの『方法序説』を読み返してみました。

デカルトと言えば、【コギト・エルゴ・スム(我思う故に我あり)】という言葉を思い浮かべることと思います。
この言葉は、『方法序説』の第4部に出てくる言葉です。

言うまでもなく、デカルト主義は近代合理主義・近代科学文明の礎となる哲学原理でしたね。

心身二元論や還元主義などデカルトの果した哲学的意味など、僕なりの考えはあるにしても、素人の僕になど語る資格はありませんし、そんな場ではありませんので割愛しますが、この『方法序説』第6部には、普通の僕たちの勉強する方法の本質と見事にマッチすることとしても読めますので、これは書き広める必然性があると考えご紹介しようと思います。

教えてもらうこと ≠ 知識や知恵が身に着くこと

他の人から学ぶ場合には、自分自身で発見する場合ほどはっきりものを捉えることができず、またそれを自分のものとすることができない。

まさに、『勉強方法序説』としての価値を持つ言葉ですね。
あまりにも有名な『方法序説』ですが、その正確なタイトルは『理性を正しく導き、学問において真理を探究するための方法の話(序説)』だそうです。

もちろん、他人から教えてもらわなければ僕たちは何も始まりません。
学校の先生や塾の先生から教えてもらわなければ何も始まりません。

しかし、ここだけでは『学ぶ』になっていないということだけは絶対に分かっていなければなりません。
絶対の絶対にです!
それこそが大切なんですね。

しかし、ほとんどの諸君はこのことが分かっていません。
授業を受けたから、塾の講義を受けたから、参考書を読み切ったから勉強したと思っているんですね。
そして、その割に成績が付いてこないのは、自分の頭が悪いからと思ってしまう。

あまりにも悲しく、しかも致命的な勘違いです。

この段階、即ち、インプットされただけの段階では、ただ知識を分け与えてもらっただけで、それ以上でもそれ以下でもないということを、今理屈なしに受け入れて欲しいと願うばかりです。

そうすれば、「では、何をすればいいのか?」という問いが湧き上がって来るのではありませんか?

他の人から学んだら(極論を言えば参考書を独学で学びさえすれば)、あとは「自分自身で発見する」ことに相当することをやらなくちゃ「全ては無に帰する」ということに他なりません。

その相当することの実践方法の最も主要なものは、名称は相違こそすれ松平勝男先生と僕とは同じものでした。

また、タレント気取りの脳科学者ではなく真っ当な神経生理学者の理論と共鳴するものでもありましたし、それこそが『勉強法』に他なりません。

力任せ、血の通わないテクニック秀才にも有効な『方法序説』

しかし、一方で、そのことに気付いてしまった諸君からは教師をバカにするような発言をする人が出て来ていることは実に悲しいことです。

内輪で悪口を言うぐらいであれば、人の世の常としてまだ許されもするでしょうが、公の書籍やネットで罵倒することは、あまりにも愚俗なことではないでしょうか?

というよりも、気付いてレベルの高い大学に合格したけれど、所詮、力づくの暗記勉強しかしなかった証明ではないかと思いますね。

教師や講師の教え方がイマイチという現実などはあちこちに溢れていますけれど、それを鬼の首を取ったかのように悪口として吹聴するのは、あまりにも人間として恥ずかしい!

最近では、そんな書籍も垣間見るようになってきたことは、ネット時代の陰として実に嘆かわしいことです。

しかし、デカルトらしいと言えばそうなのですが、次の言葉までを見れば、ある意味、デカルトはテクニック秀才にも合理的な方法論を提供して来たと言えるかもしれません。

最初は容易なことから探求し始めて、少しずつ段階を経て、ほかのもっと困難なことがらに移っていくことによって得られる習慣は、私の教示すべきよりも彼らの役に立つのである。

勉強の方法論としては、全く正しいことであり、間違っていることなどは寸分もありません。

それどころか、核心を突いています。

しかし、本当は、よく似たニュアンスの言葉でありながら根源的な思索をもとめた、次のような箴言をも交えて、勉強方法論を語るのが、これからの時代には必要かつ理想的なのではないかと思わずにはいられません。

古人の跡を求めず、古人の求めたるところを求めよ

空海の書より松尾芭蕉が「許六離別の詞(柴門の辞)」で引用

古い基礎を人は貴ぶが、同時にどこかで再び初めから基礎を築きだす権利を放棄してはならない

ゲーテ「格言と反省」

この話は別の機会に譲るとして、勉強のやり方に悩む君には、このデカルトの言葉の意味を静かに考えていただくことが先決問題ではないかと考えます。

覚えていなかったから成績が悪かったと考えると自分自身は気が楽ですが、考えることや覚えること、整理することを怠ったから成績が悪かったというのが本当のところだと早く認めることができる自分になることが必要です。

ぶっちゃけ、今も昔も画期的な勉強法など存在しません。
阿呆なキャッチフレーズに惑わされることは、これからはやめてください。

とは言っても、コツや効率は確かにあります。

ただ、見かけ上の勉強や小手先の勉強に未練があるのであれば、これらのコツや効率が君に微笑んでくれることはないでしょう。

自学学習、即ち、そこで知識を自分の血肉にする営みこそが最も重要なことであることさえ分かれば、その方法論はそれほど難しいことではありません。
考えて試行錯誤してみてください。

とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら