Q:2011年2月

僕は高校1年でとても頭がわるいです!模擬試験判定Dでした、
今から頑張ろうなどとたわけた事を言っているけどいざ勉強しようという時何から始めて良いか分かりません。
それに基礎が出来てないと言う事で中学からやろうと思いますが、試みて失敗です。。。試みるだけで終わります
たとえばどういう方法がいいのか、今どうすべきかを教えてください!!

中学生の子育て

当時の回答内容をweb要に最適化編集したものです

僕は高校1年でとても頭がわるいです!

あまり自分を蔑むことはありません。
何故、頭が悪いと思うのですか?

頭が悪いかどうか知りませんが、ちょうど去年のこの時期に僕の【ビジョン】を購入してくれた偏差値30台だった高校1年生(現2年生)は、今では偏差値が70台で安定したようですよ。
高校は、ちょうど偏差値50ぐらいの高校だそうです。

今から頑張ろうなどとたわけた事を言っているけど

全然たわけたことではないと思いますが・・。
むしろ、素晴らしく尊いことに感じますよ!
頭が悪いことを逆に良いことだと正当化するよりも、よほどまともじゃないですか?

何故、頑張ろうと思ったのでしょうか?
そこが大事です。
大事にしてください。

中学からやろうと思いますが、試みて失敗です。試みるだけで終わります

どのように勉強しましたか?
何故失敗したのでしょうか?

自分の記憶力が無いからだと考えますか?
記憶力以前に読んでも分からないからですか?
あるいは携帯が気になって仕方がないからですか?

自分で分析していれば教えてください。
いや、分析しなければなりません。

分析することで何かが明らかになる筈です。
たとえつまらないと思うことでも、それが今の君なのです。

例えば、僕の質問に答えるべく文章を書くことでも、脳細胞はどんどんつながっていきます。

何故か考えなければなりませんし、整理しなければなりませんから・・。
そして、まさに「勉強する」とはそううことなのです。

先ずは、僕の質問に対して回答することをしてみませんか?

今年、受験する前から浪人をすることに決めた高校3年生は、放棄する自分の心情を初めて他人に吐露すると言って、切々と気持ちと言い訳と不安を書いてよこしてくれました。

そういうメンタルな面を自分で表現するだけでも、脳には好ましい活動になっています。

ひょっとして、彼は作家を目指すようになるかもしれません。
そんな可能性をも僕は彼に見ました。

これは、ほとんどの子に共通していると思うのですが、自分の一番得意なものを伸ばすということに意外に気が付いていないということです。

確かに、勉強のたいていは苦手なことだと思うのですが、好きなことを極めるという作業を一つ持つことによって、他の勉強も刺激されますし、何より、嫌悪感のクッションになることをもう少し利用すべきです。

  • どの大学を目標にしていますか?
  • 何が苦手で苦痛ですか?
  • 何が最も得意ですか?
  • どんな勉強の仕方をしていますか?

頭が悪いと思っているのは、たいていは勉強の仕方を知らないか、あるいは、手を抜いて頭が良くなろうと思っているかのどちらかです。

では、どうすればいいのか?

それは、君の状況が分からないことには一概には言えません。

ただ、学校で現在進行する勉強とは別に、自分のプランを立てた高校1年最初からの勉強時間を平行して持っていくことが必要です。

それをやる中で、中学に戻らねばならない部分は、中学の参考書で確認するべく傍らに置いておくのです。

とにかく、分からないところを一つ一つ潰していく作業をすること。
これが、最初はなかなか進まないから嫌になるのではないですか?
最初は、たった一つの単元でもいいから、徹底して潰していくように時間をとることです。

一挙に大漁を狙っても無理なんです。
無理なことをするから嫌になるのです。

一つの単元を1ヶ月かかってモノにすれば、次の単元は3週間で終えられるようになります。
だんだん加速していきます。
2年先のゴールを見据えてください。

僕も中学3年生卒業時はちょうど真ん中かやや下あたりの成績でしたよ。
そんなに勉強しなかったから当たり前ですけれど…。
2年後、高校3年生になる時には学年で1ケタの順位になっていました。

学校の授業も成績も全く気にせず、自分のスケジュールで着々とマイウェイですわ。

極端に言えば、そこで追い付き追い越せばいいわけですから、そのようにやっていれば、学校のテストなど当然、徐々に良くなってはいきますから、それまでは悪い点でも全然構いません。(高校受験のように内申がありませんから何のネックもありません)

とりあえず、僕の質問への回答をいただくまではこの程度の概論に止めておきます。

回答をまとめるだけでも、君の「やる気」は始動してくるはずです。
それこそが大事なんです!!

挑戦するあなたへ贈る応援の詩

My Life, My Road ~サトミの闘い~

大学受験突破を目指す君にも、お子さんの明るい未来を願う保護者さんにも、是非見ていただきたいドラマがあります。(約33分のドラマ:時間が経つのを忘れます)

是非ご覧ください、いや、絶対に観てほしいと願います。

なんと!SUBARU(旧富士重工業)が自社サイト用に制作したドラマです。(車は、父が娘を迎えに行くシーンと***へドライブするシーンのみです)

サブタイトル「受験・友情・親子の絆 | 人は闘うからこそ、道に迷う。挑戦するあなたへ贈る応援の詩」

私も、若い頃からSUBARUが好きで、長年「レオーネ」に乗っていました。

そんなことはどうでもいいことの上に、自分の口で言うのもはばかられますが、サトミのお父さんの姿そのものが、私の指導方針でもあり、子育ての姿勢でもあるということをもって、なんとしてでも自分の未来を、お子さんの未来を「活き活きした」ものにするためにも観ていただきたいという思いがあります。

ルイ・アラゴンの「教えるとは未来を共に語ること」を彷彿とさせるドラマです。

ただ、受験に関しては、ひたすら頑張るだけで報われるほど甘いものではありません。
的を射た勉強の仕方をしない限りは、良い結果を生み出すことは難しいことは言うまでもありませんが、それ以上に、せっかく膨らんだ夢をむざむざ萎ませていく元凶になってしまうことに怖さがあります。

なのに、そこのところを教えてくれる人や塾はほとんどいません。(指導者自身が分かっていない)

真っ当な書籍では、具体的なヒントを得られるものも少なからずありますが、一般論の域を出ません。

だからこそ、「帝都大学へのビジョン」は、それ以上に具体的に実践に直結した書として存在価値を認められてきたと言えるのかもしれません。

理屈抜きに意を決したら、

学習サイクルとタイミングを心得た正しい勉強をするだけで

成績は飛躍的にアップすることは保証してもいいでしょう。