Q:2008年9月

すでに一昔前のご相談ですので、差し障りのない部分だけ引用させていただきました。

HPでのコメントやマニュアルの分析ありがとうございます。
本日はガリレオ先生にご相談したくメールをしました。
自分にとってどのマニュアルがより適切かということです。

現在、私には公立中に通う中2の娘がおります。
HPでおっしゃっているように私も家庭での学習習慣はとても大切と考えていますが、現在、娘には全くその習慣がありません。
宿題が出れば渋々やりますが、学校でも塾通いを前提としているからか、ほとんど宿題は出ないようです。
(因みに塾には5~8月まで通いま したが止めました)

来年は3年生となり高校受験となります。
ネットを見ているとよさそうなマニュアルがいくつかありますが、どんなによいものでもやらなければ意味はありません。
これらの中には「やる気がない子供をやる気にさせる仕組みが入っている」のだと謳っているものがあります。

先生が読まれておられるのであれば、以下のものはそれぞれ (1)どのような違いがあるのでしょうか、また(2)実践可能度(理屈だけではなく具体的行動に移せる内容か)はどのようなものだと判断されますか?

・・・以下省略・・・

当時の回答内容をweb要に最適化編集したものです

最初に、「やる気がない子供をやる気にさせる仕組みが入っている」に関してですが、こういう宣伝は言葉半分に聞かれておく方が宜しいかと思います。

これは、一般的には、保護者にとっても指導者にとっても最も難しい課題です。
何故なら、「やる気」というのは取り巻く環境の総体の問題だからです。

なのに、環境全体を最適化したとしても、それだけで「やる気」が生まれるものではないからです。
しかも、環境が好ましくないからといって決して出てこないものでもないからです。

どういう意味での「仕組み」という言葉なのかは分かりませんが、この性質の問題は「仕組み」だけで解決できるようなものではありません。
「こうすればああなる」という方策は多々あれども、必ずそれが功を奏するとは言えないものです。

確かに、理に適った勉強法を会得することは「やる気」に対しても大きなプラスの影響を与えます。
逆に言えば、「やる気」を励起させる本質を伴っているのが理に適った勉強法と言えます。

これは、もう「仕組み」などという曖昧な言葉で表すような代物ではありません。

さて、ご質問を拝見いたしまして、

・塾に通われていない
・娘さんは、おそらく、やり方が分かっていないか あるいは、やってもできないと思い込んでいる
・したがって、何をどうやっていいのか分からないまま なんとなく日常が過ぎていく

こんな感じに捉えさせていただきました。

であるとするならば、ある程度やることのレールが敷かれて それに沿ってやっていくだけという具体的なところまでノウハウ化されたものでスタートするのがベストと考えます。

そういう意味からアドバイスさせていただくと、「○○○○○」はお勧めできると考えます。

実践可能度からはこちらが一番でしょうね。

当方は、社会的には勉強を教えるプロではありませんが、過去の指導経験から、そのあたりのどこにでも居る講師よりははるかにプロだという自信は持っております。

私が具体的なステップを書いたとすれば、「○○○○○」にある程度似たものになろうかとと思います。
このマニュアルは具体的に「こうしなさい」と使う参考書とステップがプログラム化されているのですね。

要するに「手取り足取り」で全てが規格化されていることであり、裏返せば、「勉強するとはどういうことか?」の本質は書かれていません。
これは、ネットでのビジネスチャンスに目を付けた「にわか(自称)プロ」による商品だから仕方がないのかもしれません。

本当は、そここそが大切で、具体的なやり方などは人それぞれに違ってきて当然のものです。
まぁ、詐欺師よりはよほど真っ当ですし、「手取り足取り」してもらわないと何もできない時代になってしまったとも見れますので、試してみる価値はあるかと思います。

ともかく、家庭で学習しないということは、勉強面では致命的です。
娘さんの場合には、何もせずに日々を過ごすよりは、信じて、まずはそのまま実践してみることが最適と思われるケースだとお見受けいたしました。

学校の宿題も無いとのことですので、まず、一つの教科を毎日1時間実践してみることから始められたらよいのではないでしょうか。
(学校でも塾でも、本当に勉強の仕方は教えないようです。先生や指導者が本当の勉強の仕方を知らないのか、塾の場合なら、それを言ってしまうと商売あがったりになってしまうからでしょうか?…)

一方、「○○○○○○○」の場合は、勉強不振の原因が、保護者がガミガミ言うことや家庭内の不和などの環境に大きく依っている場合の方が適していると考えます。
こちらは、具体的なカリキュラムというものは提示されていません。
どちらかと言うと、親の子育て書の色彩が強いようです。(著者の○○先生に確認済み)

もちろん、親の上手な働きかけや反応が大切な場面も多々ありますから、子どもと接する上で恒常的に意識しておきたいこととしての子育て論として保護者さんが読むには役に立つ方も大勢居られるでしょう。

「○○○○○○」は的を得ているのですが、どちらかというと教える指導者側がこのような系統化を意識して、 指導順序や指導方法に工夫をこらさなければならないものであり、生徒側としては、個々の単元がある程度しっかりと出来ていて初めて実戦できるものだと思います。

これが自分で出来る子はかなりハイレベルな子です。
そしてさらに一層自分でハイレベルになっていきます。
けれども、普通の子が読んでも、「ではどうすりゃいの?」で終わってしまうポイントでだと思います。

最後に、「○○○○」は全教科に通用されるような勉強法ですが、英語を中心に、勉強のスケジ ュールの立て方とか、暗記の仕方とか、勉強する上での留意点が記載されているようです。

したがって、やはり自力での展開がある程度必要になることは言うまでもありません。
また、ここに挙げたマニュアルの執筆者は、全て「にわか(自称)プロ」と見受けられますので、その点だけは頭に置いてください。

指導者としての実績は不明ですが、これから社会的に学習関係のプロとして専心しようという気持ちだけは見えますから、詐欺者と同列に扱うことは不要でしょう。

家庭学習=自学学習は勉強することの全てと言って過言ではありません。

これが出来ていないことには、学校での時間、塾での時間は浪費以外の何ものでもなくなってしまいます。


とかくこの世は学びにくい | 成績を上げるために必須なこと

最後に、とある臨床医さんの言と学部は違いますが我が後輩(京大情報工学OB)が教育関係の論議で発言した言を併せてご紹介しておきましょう。

ところが、それら原因をいちいち正確に調べもせずに、バカのひとつ覚えのように、どこの※※※科医も、「※生検!※生検!※生検!」と、患者さんに頭ごなしにゴリ押しするのです。

いくら教科書や※※※学会で教わったことがないからと言って、臨床経験を積めば、おかしい?と思う筈です。

文献的な情報の受け売りばかりだけで、自分達の頭を使って考えることがなくなっているのが現状です。


たかが盲腸の診断すらできなくなっている医者が蔓延る世の中で、10人専門家がいれば8人はやぶだといっていいでしょう。
まして、ネット情報に至っては9人はやぶでしょう。

それぞれの周囲を見渡せば本当のプロといえる人はごく一握りだと誰もが知っているはずです。

その中で生活上の問題を切り抜けていくには、俗流社会学や俗流心理学・俗流分子生物学・俗流脳科学・俗流AIなんぞをこねくり回して遊ぶのでなく、知識、感性を自分の責任で磨いて対応するしかないですよね。

世間的には、お賢い人がなれると思われている医学の世界ですら、当事者や見る人が見れば、現実はこんなものです。

あなたの最寄りで、真に信頼できるお医者さんを探せれば、それは非常に幸運なことですが、まぁ十中八九、紋切り型の決まり文句で対処されるケースがほとんどですね。

「やぶでも係っているいることへの安心感」が大きいですから、多くの場合は特に問題はありません。

それ自体は何の落ち度もないように見えますが、ことと場合によっては大いに患者を不利益に導いてしまうケースは確実に生じますし、これを経験された方も多いのではないでしょうか?

ましてや、生命には関わらない教育の世界では、指導者がやぶである確率など、さらに高いことは目に見えています。

お子さんの成績が上がるための条件は、そもそも真面目にやる気持ちがない場合を除いては、

  • あなた(お子さん)が、適切で効率的な勉強の仕方の流儀を我がものとする
  • あなた(お子さん)が、それぞれの教科の実際の学習内容に関して、自分を心底より納得させる術を会得する

という2点を、自力あるいは第三者のサポートを得て確立するということ以外にはあり得ません。

ところが、そんなところは突いてくれないのが現実社会です。
準備された模範解答を恭しくご教示して、「俺のようになれるだろ?」というスタンスが大多数です。

準備出来ない環境で教えろと言われたら、どれだけの指導者が慌てふためくことでしょうか?

こういう状況では、8割方はいつまでたってもお子さんの学力など伸びるはずはありません。

どんな問題でも、ことによっては、他人をあてにすることほど実の無いことはないのは確かですから、「やぶでも安心できればそれでいい」という場合を除けば、自分の流儀を曲がりなりにも自力で確立すべく努めることを優先されるべきでしょう。

自分の軸さえ持てれば、たとえ環境に恵まれなかったとしても、浮草のようにフラフラと漂うことだけはありません。

11月1日より完成度極致のVer.2020へ!

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら

  • 受付時間:24時間年中無休

「帝都大学へのビジョン」は「バイブル」と頼られて10年。

頭の中にサラサラと流れる川を自力で作るために!

京都大学工学部OB2名と大阪大学大学院工学科OBの3名、しかも全員物理系ハードエンジニア出身(教師転身2名)で執筆していますから、商売人や学生上がりのような、実社会で何もできなかった無責任で底の浅い騙し専門の著者とは良心も実用性もレベルが違います。

ある意味、反抗期に入るまでに保護者が認識しているかどうかが、子どもの未来を決める分水嶺です。
中学に入ってからは、保護者は基本的になす術を持ち得ません。

発刊10周年記念 / お申し込みはこちら