さらば 燃えない脂肪の憂鬱 プロローグ4

Dieting Does Not Work~ダイエットに効果無し

ダイエットに効果無し

「食事の制限・コントロールだけではダイエットは難しい!」と書いたことは、実際のあまたの体験談が証明してくれるでしょうが、公の根拠もあるからです。

食事摂取量を極端に減らすと、当初は体重を減らしますが、脳は使われるエネルギー量を減らすように省エネモードの指令を与え、これが引き金となって、結果再び肥満に戻ってしまう結果になることはすでに一般学術的にも肥満学会でも定説となっています。

【肥満予防、改善のための基礎知識-ダイエットだけで肥満は解消できない-】(削除済)

京都大学大学院人間・環境学研究科 / 森谷 敏夫 名誉教授

ただ、ここでも「食事摂取量を減らす」や「食事制限」という言葉は、かなりの程度の減食や食事抜きのイメージで論議されているようです。

前述したように、筆者は、少なくとも現状の摂取エネルギーと消費エネルギーの過分を埋めることをターゲットにした、過分+αの摂食ダウンレベルのアプローチで調整すれば(実際には試行錯誤の時間を要しますが)、問題はなく十分可能であると判断しています。

ただ、筆者も森谷教授の言われているように、食事制限だけのダイエットは自律神経に何も作用を及ぼさないですから、運動によって自律神経を鍛え、様々な代謝をも活性化させる、より積極的なアプローチをするべきであるという点では全く同意するところです。

また、UCLA (カリフォルニア大学ロサンゼルス校) 社会心理学のTraci Mann准教授より長期的な研究結果として「ダイエットに効果なし」と世に発表されており、日本の論文中でも、この主旨の指摘は定説として認められています。

UCLA Dept of Psychology / Traci Mann准教授

従って、たとえ筆者の考える適正なレベルの食事制限のアプローチは、理論的に可能であっても、老いには抵抗しないレベルの消極的でギリギリな方法あることは確かです。

体を美しく引き締めるには、必ず、エネルギ-を消費するという行為が必要不可欠であることを、もう一度ここで確認しておきたいと思います。

本講座は、引き締まった美しい体を作るシェイプアップ(一般的に「ダイエット」と呼ばれているもの)に関する正しい理論と手法を、誰にでも分かりやすく紐解くことを目的としています。

ご存知の方は少ないかもしれないWとB(読まれていく内に正体を現します)にスポットを当て、世にある多くのダイエット手法とは代謝的に全く別の根拠によるアプローチをご紹介しますが、ダイエットの本道は【過剰にならない一定の糖質をジャストインタイムで摂取する】ということ以上でも以下でもないということをバラシておきましょう。

誰にでも理解しやすいようにまとめてはいますが、一方で、医学系・看護系の大学新入生レベルには今後の勉強の基本予習・イメージ作りとしても有益ではないかと思います。

頑張れ!

本サイトは、医学部に合格したばかりの医学生さんや看護師さんのあなたにとっても有益なサイトだと自負しています。

やぶ医者について安泰なこともいいですが、自分のキャリアの可能性も是非に探ってくださいな。


セレジョブ看護

もう一つの知られざる世界!

理に適ったサプリでも、まず即効的な効果は期待できません。

しかし、最短で痩せる医薬(抗肥満薬)なら2種あります(世界一の製薬会社が提供するお薬と日本のバイオ・サイエンスに手を出した大企業のお薬でしかも承認薬)。

当社が家電販売、特に施主支給家電で一世を風靡した時、卸元の担当者が「ニーズがあるから、その署品は存在する」とはよく言ったものです。

なるほど、便のお漏らしを気にせねばならず、片やお薬への依存性が発生しますから、よほど病的なメタボリックでない限りおすすめすることは出来ない肥満治療薬ですが、世の中のご立派なクリニックは平気で、それほどでもない肥満程度の患者にも使っているようです。

先発薬はさすがにお高いですが、ジェネリックも数種ありますので、自己責任覚悟で入手されるなら参考にされてください。