再発しやすいカンジダ症

私達の身体は、様々なバランスが保たれることで健康な状態が維持されているわけですが、このことは女性の膣も例外ではありません。

膣内には様々な乳酸菌や細菌、真菌が生息しており、通常、乳酸菌のおかげで悪玉菌等の数は抑制されています。

しかし、これらの微生物のバランスが崩れると、悪玉菌やカンジダ菌が優勢になり、痒み、おりもの異常、異臭、痛み等の症状が現れてきます。

細菌が優勢の場合には細菌性膣炎、真菌のカンジダ菌が優勢の場合にはカンジダ症と診断されます。

この場合、抗生物質療法を受けることで、症状は一時的には消失します。

デリケートゾーンの悩み

しかし、カンジダ症は再発しやすく、治療を繰り返さなければならないことが頻繁に見られることは、ネットでのお悩み相談を覗くだけでも伺い知れますね。

その結果、カンジダ症では再発と治療の繰り返しによってQOL (生活の質)が大きく低下します。

カンジダ症とは?

カンジダ症とは、Candida albicansという真菌が原因の感染症です。

この真菌は、大部分の人の腸管や膣内に生息しており、ストレス、免疫機能低下、高エストロゲンレベル、糖尿病の管理不良、あるいは糖分の高い食事をすることで、過度に増殖しやすくなります。

【症 状】
局所のかゆみや刺激感、ヒリヒリ感(特に性交時や排尿時)、発赤、腫脹、痛み、水様の分泌物、粘稠性の白色のおりもの(白チーズ様)、汚臭。
【診 断】
医療機関にて、内診を受け、膣からサンプルを採取して、検査機関で試験を実施します。
【治 療】
抗菌剤を使用します。通常は膣座薬が処方されます。ミコナゾール、クロトリマゾール、フルコナゾールが一般的に使用される薬剤です。

カンジダ症の原因

膣のカンジダ症の原因の多くは、腸内のカンジダが原因であることが、遺伝子解析から判明しています(具体的には、腸内カンジダと膣内カンジダの遺伝子が同一)。

すなわち、腸内で増殖したカンジダが、デリケートゾーンを介して、膣内に移行し、そこで増殖します。

抗生物質では、腸管内のカンジダ菌を完全に除去することは出来ません。

そのため、腸内カンジダ菌が膣に再感染し、症状を引き起こします。

また、膣内にバイオフィルムが形成されていると、抗生物質はその部位に到達しにくく、バイオフィルム内に生息しているカンジダが再発の原因にもなります。

このことから、腸管内のカンジダを除去すること、膣カンジダ症の再発防止に役立と考えられます。

カンジダ症の再発対策

膣カンジダ症では、抗生剤による治療が重要です。

しかし、抗生剤で真菌を一時的に抑制することは出来ますが、完全に排除することは困難です。

また、善玉の乳酸菌も減少することがあり、再発しやすい状態となります。

カンジダ症再発対策としては、「ペンタメソッド」という新しく考案された方法があります。

抗真菌サプリメントと乳酸菌

原因からもお分かりいただけるように、カンジダ症への対策としては、腸管と膣の両方へのアプローチが必要となります。

ペンタメソッドで普段からの食事や清潔さの大切さが伺い知れると思いますが、いざ罹ってしまった場合には、抗真菌サプリメントや乳酸菌が効果的であることがお分かりいただけますね。

腸管へのアプローチとしては、乳酸菌ドリンクやヨーグルトなどを習慣的に採られることをお勧めいたします。

我が家も、女性陣に限らないのですが、毎朝1日も欠かすことなく、プレーンヨーグルトにブルーベリーやグレープフルーツなどを時期に応じて混ぜて食べています。

抗真菌サプリメントは、別ページでご紹介いたしますが、膣へのアプローチとしては是非、ラクトフローラかインクリアを試されて、相性の良い方で対策されて下さい。

但し、ラクトフローラとインクリアには決定的な違いがあります。

それは、何気なく商品説明を読んだだけの貴女であれば、見落としてしまっている可能性の大きい乳酸と乳酸菌の相違なのです。

この点は次回に説明させて頂くとして、今は

  • 治療的な目的が強ければ強いほどラクトフローラが適しているということ
  • 特に病気ではないと診断された場合や美容的な目的も考慮される場合にはインクリアも候補としてもよい

という認識を頭に入れておかれて下さい。

デリケートゾーン講座はさらに続きます。

【ラクトフローラ】を学んでみる
【インクリア】
を学んでみる