講師紹介

【使ってこそ身につく】反転授業方式の高質な指導と併せて子どもの目線で心に溶け込むコミュニケーション術にも優れたまさに指導のプロが分析を共有し合って子どもたちと向き合っています。

お蔭さまで地域の保護者さんに信頼されて20年となりました。

講師紹介

サンプル太郎:塾長

塾長 プロフ

  • 兵庫県神戸市出身
  • 帝都大学理学部物理学科卒業
  • 帝都大学大学院理学研究科修士課程終了(物理学)
  • 学生時代は子ども会や子どもを守る運動に参加
  • 大手企業の物性研究室勤務後1985年独立
  • 様々な企業のFactory Automation部門の開発・設計に携わり、無から有を数々生み出す
  • 考える人材育成の必要性を痛感し、1994年ICLサンプル塾開塾

好きなスポーツ:テニス/ラグビー/アメリカンフットボール

好きな音楽:ビートルズ/ボブ・ディラン/中島みゆき/ショパン

好きな言葉:

If you can't explain it to a six year old, you don't understand it yourself.

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。

---アルベルト・アインシュタイン---

学生時代から女性にはモテませんでしたが、何故か子どもには人気がありました。
自分の子どもが出来てからも、子どもの友達、下手すると全然知らない子どもにまで遊びをねだられた思い出があります。

手取り足取りで何とか世の中にエリートして受け入れられるように導くような塾ではなく、自分の課題を自ら設定し、自らの力で解決していく力を養うための指導を行っています。

語呂英子:高校部/英語担当

語呂英子:高校部/英語担当 プロフ

  • 岡山県倉敷市出身
  • 帝都大学法学部法学科卒業
  • 帝都大学法学部法学研究科修士課程終了
  • 法律を研究する中で英語・ドイツ語・フランス語をマスター
  • 国際公務員として勤務後、結婚を機にフリーの通訳・英語講師として独立
  • 一流企業の役員付専門通訳として経験豊富
  • 間違った英語教育を痛感し、1994年ICLサンプル塾の講師に就任

趣味:スプラップブッキング/読書

好きな音楽:チャイコフスキー/シベリウス

好きな言葉:

As long as you keep trying to not lose sight of always good purpose , it is sure to be saved in the end.

つねによい目的を見失わずに努力を続ける限り、最後には必ず救われる

---ゲーテ---

法制史を研究する中で、英語やドイツ語・フランス語の原文資料を多く読まねばならず、自然に語学を身に付けるように頑張っていました。

生徒の皆さんには、中学・高校の英語を通してでも十分にコミュニケーションをとれる英語に近づけることを伝えていきたいと考えています。
そのためには、やはりしっかりとした日本語を使い、話せることを抜きにしては成し得ませんよ。

君たちが「堅いなぁ」と思うような本を普段から読むクセを付けてくださいね。

太木数男:高校部/数学担当

太木数男:高校部/数学担当 プロフ

  • 福井県勝山市出身
  • 帝都大学工学部電気工学科卒業
  • 小学生から一貫してサッカー少年。帝都大学ではサッカー部キャプテンを務める
  • 大手企業の研究所から一転して灘高校の教諭に転身し、生徒たちから分かりやすいと慕われ続けた名物教師としてマスコミにも採り上げられた。
  • 考える人材育成の必要性を痛感し、定年を迎えた昨年よりICLサンプル塾の講師に就任

好きなスポーツ:サッカー/フットサル

好きな音楽:ビートルズ/レッド・ツェッペリン/ジャニス・ジョプリン/イーグルス

好きな言葉:

Do not say a little in many words but a great deal in a few.

多くの言葉で少しを語るのではなく、少しの言葉で多くを語りなさい

---ピタゴラス---

数学の美しさと面白さには底がありません。あまり深追いし過ぎることはおすすめしません。
何故なら、心も病み過ぎてしまうこともあるからです。

しかし、生徒の皆さんには、世界の自然秩序の中に眠っている数学によって奏でられた詩を楽しむ程度にはなっていただきたい。

覚えることではなく考えることで見えて来る世界へのプロセスを同行してもらうことでお伝えできると考えています。

山月友梨佳:小学生/全科目担当

山月友梨佳:小学生/全科目担当 プロフ

ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

ページの先頭へ