柴犬テル号の心境に添えて~フルル閉店から1か月のラプラス号

NHKの朝ドラ『花子とアン』第22週。
村岡家の柴犬テル君が徴用の為にお上に差し出されるという切ない場面がありました。

はたまた、今日8月29日の新聞の記事を見れば、盲導犬オスカーが心ない何者かに数か所刺されていたという事件。(埼玉)
いやはや、人間の狂気と愚かさは罪のない動物にまで多大な迷惑をかけているようです。

柴犬ラプラス号 フルル最後の日
フルル営業最終日 有終の美を飾るラプラス号

ドッグサロン フルルさんが閉店した最後の日7月27日。
ラプラス君も閉店間際の最後の最後にシャンプー・トリミングでお世話になりました。

思えば、フルルさんとともにあった約2年半。
あれからもはや1か月が経ってしまいました。

スタッフの皆さん、新天地で頑張っておられるでしょうか?


さて、シャンプーを次はどこのお店でお願いしようか?
元スタッフの方のお店は小型犬専門だったり、少し遠かったり。

そこで、お友達の白柴ハッピィ君の行っているHanako苦楽園店に電話すると今月は予約で詰まっているとのこと。

ちょっと日程の都合もあり、送迎もしていただけるとの魅力で近所のダックス大二郎君も行っている市内のクララさんで試してみることにしました。

フルルさんではケージに入れなかったラプラス君。

送迎やお待ちの時間におとなしくケージに入っていられるのだろうか?
初めてのスタッフさんになついてくれるだろうか?

そんな心配安がいっぱいの中、今日ついに他店デビューの時がやってきました。
外飼いならここまではしないんですけれど、ラプラス君は内外自由奔放なもので…。

柴犬ラプラス号 駅長姿
ラプラス君の駅長姿(フルルさんにて)

いよいよお迎えが来ました。
男性のスタッフさんでした。
さぁ、どうかな?

意外や意外、手を差し出されるとクンクン。
リードを渡すと目の前に止めてある車に向かってプリプリとしたお尻で付いていきます。

そして抱っこされるとそのまますんなりとケージの中へ!

ドアを閉められても泣き叫ぶことなくあっさりと行ってしまわれました。
PAWSさんに預けるときは泣き叫んで大変なのに・・・。

なーんだ、『案ずるより産むが易し』だなぁって感じでちょっと拍子抜けの感も。

こうなると、【PAWSさん=長時間預けられるかお泊り】ということをこぴっと理解しているとしか思えないですね

さてさて、夕方5時になってもまだ連絡なし。
遅いなぁ!
大丈夫だったのだろうか?

ようやく電話があり、今からお送りしますとのこと。
ラプラス君が帰ってきたのはちょうど6時前。
ピンポーン!

出迎えに出ると、車のハッチのケージから何事もなかったかのように、特に興奮することもなくプリプリと出ていらっしゃった。
「俺、もう大人だから」と言わんばかりに出迎える僕たちを見上げていました。

スタッフさんに尋ねたところ、「シャンプー中もお待ちの間もおとなしかったですよ」とのこと。
何の問題もなかったようで、やれやれ。
この調子ならどこのお店に頼んでも結構いけるのかもしれない。

フルルさんでも、「シャンプー中もお待ちの間もおとなしいですよ。ただ、飼い主さんが迎えに来るとたまらなくなってキャンキャン吠えるようです。家に帰りたくて帰りたくてしようがないんでしょうね。本当に家が好きみたいです。」 と言っていただいていました。

その言葉を証明するかのように、フルルさんから家に帰っってすら完全お疲れモード。
グターと食べることも忘れて熟睡していました。

PAWSさんに預けて1泊お泊りさせようものなら、完全復活まで3日間のケアを要します。

シャンプーで少しの時間家を離れてすら、スネスネモードも伴った状態から完全復帰するのは翌日一杯かかります。
犬なりに大きな不安やストレスを感じているのでしょうね。

村岡家の柴犬テル号の心境や如何に?
胸がただただ痛みます。

誰が無益な戦争をしたがっているのか?
優しい笑みを浮かべながら誰がそれに手を貸しているのか?

犬の方がこぴっと見極める力があるのかもしれませんね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月29日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:柴犬ラプラスの成長日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ